« 西友、仙台で次期マーチャンダイジング戦略の検証実験開始! | Main | PI値と客数PI値について »

July 04, 2006

原信ナルスホールディングス、今期、年商1000億円を目標!

  6/30、原信ナルスホールディングスの2006年3月度の事業報告書が公表された。原信、ナルス統合による決算結果は2007年3月度がはじめてとなるため、今回が原信としての最後の決算であり、事業報告となる。それよると、売上は778.0億円(106.8%)、営業利益30.3億円(115.7%、売上対比3.9%)、経常利益28.8億円(106.2%、売上対比3.6%)、当期利益10.9億円(123.5%、売上対比1.4%)と増収増益であった。店舗数は42店舗であるので、単純計算をすると、1店舗当りの売上は18.5億円、平均売場面積は574.7坪、客単価1775円、客数約3000人弱/日となる。食品スーパーマーケットとしては、若干客単価が低めではあるが、その分、客数でカバーしており、ほぼ理想的な営業数値といえよう。既存店の売上も104.9%と好調であり、客単価は横バイであったが、客数が105.0%と伸びたという。

  この数値に、今期はナルス15店舗、約200億円の数字が加算され、さらに、既存店の伸びおよび新店の数字が加わり、2007年3月期は大台の1000億円超を目指すという。いよいよ、食品スーパーマーケットが群雄割拠していた新潟商圏にも頭ひとつ抜けた食品スーパーマーケット企業グループが誕生することになり、今後の新潟商圏は原信ナルスホールディングがリードしてゆくことになろう。

  原信ナルスホールディングスは昨年、原信とナルスが正式に持株会社設立に合意して以来、様々な経営統合の準備をすすめてきたという。まず、昨年10月には統合委員会を発足させ、両社一括仕入れによるコストダウンの実現、両社の物流センターを使った配送の効率化、情報システムの統合などに取り組んできたという。そして、これらの取り組みに一定の目処をつけ、この4/1、正式に持株会社のもとに両社の経営統合がなされ、年商1000億円超を目指す、食品スーパーマーケットグループが誕生した。

  2006年3月期決算数字を見る限り、経営数値は好業績であり、安定した数値であるが、ひとつ気がかりな点は客単価である。この5年間の客単価の推移を見てみると、2002年3月は1990円と約2000円であったが、2003年3月は1927円、2004年3月は1821円、2005年3月は1777円となり、2006年3月は1775円と前年比は横バイであったが、5年前と比べると89.1%と約10%ダウンしたことである。さらに、その原因をPI値と平均単価で見てみると、PI値は2002年3月の1001%から2004年3月の976%と落ちているが、その後、上昇しはじめ、2005年3月994%、そして、2006年3月は1024%と5年前を上回っている。したがって、原因は平均単価であり、2002年3月は198.7円であったが、これが、年々ダウンし、2003年3月194.8円、2004年3月186.6円、2005年3月178.7円、そして2006年3月は173.4円と5年前と比べ87.2%となった。

  この状況はここ数年新潟商圏に価格競争力のあるPLANT、ベイシアがあいつで出店し、それに対抗する形で地元食品スーパーマーケットが価格競争に走り、その影響を大きく受けてのものであるといえよう。粗利率もこの5年間で1ポイント下がっていることからも価格競争がいかに厳しい状況であったかがわかる。それにもかかわらず、PI値はアップし、客数も増やし、売上アップを達成したことは結果的に競争に真っ向から立ち向かい、新潟地震をも乗り越え、顧客の支持を勝ち取ったということであり、間違いなく今期1000億円へ向けての良い結果を残したといえよう。

  今後は、PI値を維持し、平均単価をいかに改善し、客単価を再び2000円台にもってゆけるかが当面の営業課題であろう。ここ数年、生鮮構成比が下がり、逆に一般食品の構成比がアップしていることからも、生鮮、惣菜の強化が平均単価をアップさせ、客単価をひきあげるための、今後の鍵を握っているといえよう。原信ナルスホールディングスのマーチャンダイジングの今後のゆくえに注目である。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!スタート
客単価3D分析 基礎講座CD発売!

July 4, 2006 in 経済・政治・国際 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 原信ナルスホールディングス、今期、年商1000億円を目標!:

Comments

Post a comment