« 食品スーパーマーケット業界の長短借入金の実態! | Main | ウォールマート2006年6月度110.4%、既存店は101.2%! »

July 09, 2006

食品スーパーマーケット、先週の株価(20060707)!

  先週の株価は日経平均がわずかに下がり、13.79円(-0.09%)安の15307円でひけ、株式市場全体としてはやや下げ気味であったといえよう。月曜、火曜は日経平均も上昇したが、水曜からさげはじめ、木曜、金曜と低迷気味の相場であったといえる。このような中で、食品スーパーマーケット全上場企業の株式も低調な相場となった。7/7の株価騰落率で見ると、前日比でみて値を上げた企業、下げた企業がちょうど半々の状況であり、全体の相場状況に近い動きであったといえよう。

  このような中で、食品スーパーマーケット業界で、7/7、No.1の株価上昇率の企業は、東急ストアであった。前日比43円(5.13%)高の880円であった。この数日間、東急ストアの株価は上昇気味で動いており、特に、この日発表された第1四半期決算の内容が増収増益となり、買いが入ったものと思う。東急は今期、札幌東急を子会社化しており、その好影響が決算に大きく反映されたため、今回、特に好決算となった。この日の5.13%の株価上昇率は小売業全体でも2位の上げ率であった。

  食品スーパーマーケット業界、No.2は九九プラスであった。5000円(2.94%)の175000円であった。九九プラスはここ最近株価を下げていたが、7/7は反発し、やや株価をあげた。No.3はマルエツであり、11円(2.22%)高の506円であった。マルエツもここのところ少し下げ気味の株価であり、500円前後でもみあっている状況である。No.3はバローであり、40円(1.82%)高の2235円であった。バローはこの先週はほぼ上昇気味で推移しており、5/25につけた年初来最高値の2795円以来、下げ気味であった株価が、また上昇に転じはじめたような動きである。No.4はジョイスであり、9円(1.78%)高の514円であった。ジョイスの株価は6月中旬以降、500円前後でもみ合っており、大きな変化とはいえない。No.5は原信ナルスホールディングスであり、20円(1.47%)高の1374円であった。原信ナルスホールディングスもこの1週間1350円前後でもみあっており、今後の動向は読みにくい状況といえる。以上が、食品スーパーマーケット業界のベスト5である。

   ベスト5以外では、No.6が平和堂であり、25円(1.23%)高の2055円であった。No.7がヨークベニマルであり40円(1.20%)高の3370円であった。ヨークベニマルは7月に入り、株価が徐々に上昇しており、6月の前半から後半にかけては3200円前後であった株価が、この1週間で3400円まで近づいており、今後の動きが気になるところだ。No.8はOLYMPICであり、9円(0.96%)、938円であった。No.9はライフコーポレーションであり、15円(0.90%)高の1670円であった。そして、No.10がマルキョウの5円(0.58%)高の855円であった。No.11がイズミヤであり、5円(0.55%)高の907円であった。以上が、食品スーパーマーケット業界ベスト11であり、以下は0.5%以下の株価上昇率であり、大きな株価の変動はなかった。

  逆に、7/7、株価を下げた食品スーパーマーケットであるが、下げ率No.1はアオキスーパーであり、-29円(-2.57%)安の1099円であった。ただ、アオキスーパーは週足、月足でみると2003年以降、ほぼ3年間株価は上昇しつづけており、長期トレンドでみる限り、安定した株価であるといえる。下げ率No.2は大黒天物産であり、-65円(-2.19%)安の2900円であった。ついで、No.3がオオクワの-29円(-1.81%)安の1566円であった。ただ、オオクワは7月以降、株価は上昇気味で動いており、この日も1600円近くまで一度は上昇しており、いわゆる利食い的な動きといえよう。No.4はアークランドサカモトであり、-28円(-1.57%)安の1755円であった。そして、No.5が天満屋ストアであり、-16円(-1.48%)安の1059円であった。

  このように、先週の食品スーパーマーケットの株価は、No.1の東急ストアを除けば上位3%、下位3%以内に全上場食品スーパーマーケット約50社が入っており、あまり、大きな株価変動ではなかったといえる。ここへ来て、2月決算企業が第1四半期決算を公表しはじめ、今月下旬からは、3月決算企業が第1四半期決算を公表する。今月、来月の株価は決算内容が、今回の東急ストアのように株価に影響を与えるものといえ、株価が大きく動く企業が出てくるものと思う。その意味で、今後公表される食品スーパーマーケット業界の第1四半期決算の結果には注目である。
 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!スタート
客単価3D分析 基礎講座CD発売!

July 9, 2006 in 経済・政治・国際 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 食品スーパーマーケット、先週の株価(20060707)!:

Comments

Post a comment