« サミット、年商2000億円突破となる、鳩ヶ谷新店をオープン! | Main | 食品スーパーマーケット業界の長短借入金の実態! »

July 07, 2006

九九プラス、大黒天物産、PLANT、新店開発を抑制!

  食品スーパーマーケット業界でここ数年、新店開発を積極的に進め、昨年対比の売上を120%~130%近い急成長をつづけてきたベスト3の九九プラス、大黒天物産、PLANTがここへ来て、あいついで出店戦略の見直しに入っている。いずれも、既存店の数字が厳しいため、新店開発を抑制し、既存店の活性化に注力しはじめたといえる。食品スーパーマーケットの売上は客数×客単価で決まるが、客数は新店開発が担い、客単価は既存店の活性化が担うというのが一般的である。その意味で、この3社は新店開発による客数アップ戦略が優先されすぎたため、既存店の客単価アップ戦略への対応が充分に出来なかった点が、ここへきて経営戦略の見直しにつながったものといえよう。

  九九プラスがここへきて新店開発が急激に抑制された。5月度の新店は6店舗、6月度の新店は9店舗であり、通常の食品スーパーマーケットでは異常な出店ペースであるが、昨年1年間では263店舗、月間平均約20店舗の出店であったことを考えると急激な出店ペースのダウンである。ちなみに、一昨年は230店舗であるので、月間平均は約20店舗である。この数年、毎月約20店舗の新規出店という急成長をつづけてきたことになるが、このまま10店舗弱の新店ペースがつづくと年間では100店舗強となり、現在、九九プラスは800店舗を越えているので、新店が全店に与える影響度は約10%となり、既存店の数字次第では、これまでの130%~150%近い成長をつづけることが難しい状況といえる。ちなみに、5月度の売上は昨年対比120%、既存店は93.4%となっており、特に、既存店の数字は深刻な状況であり、まったなしで、既存店の活性化が急務な状況といえる。

  大黒天物産もここへきて、新店開発が抑制されはじめた。2006年2月以降、約5ケ月、新店が開発されておらず、ここ数年の動きと比べると大きくペースダウンしているといえよう。2006年5月期は8店舗、2005年5月期は5店舗、2004年5月期は6店舗とこの3年間で19店舗、ほぼ2ケ月に1店舗のペースで新店開発を続け、現在29店舗、約300億円となり、ここ数年、急成長をつづけてきた。売上も2003年5月期は131.7%、2004年5月期は143.9%、2005年5月期は137.5%、そして、今期、2006年5月期は142.2%の予想であり、この数年間、毎年約140%の急成長率であった。ただ気になるのは、ここへきての新店開発のペースダウンであり、実際、この5月度の数字を見ると、昨年対比125.9%、既存店は93.1%であり、新店の全店への寄与が弱くなっているのに加え、既存店の数字がこの月は特に落ち込んでいる。今期はまだはじまったばかりであるが、新店開発のペースが遅くなっていることを考えると、既存店の活性化が急務な状況といえよう。

  PLANTであるが、売上はここ数年、2004年9月期が122.9%、2005年9月期が114.8%、2006年9月期が120.7%と約120%と急成長をつづけてきた。特に、ここ数年はPLNAT-5、PLANT-6という5000坪、6000坪タイプの超大型店を毎年2店舗づつ出店しつづけてきた。今年度はPLANT-5横越店、PLANT-5大玉店を、昨年度はPLANT-6瑞穂店、PLANT-5刈羽店を、そして、一昨年はPLANT-5境港店、PLANT-5見附店であった。このペースで来期以降も新規出店がつづけば、120%の成長を維持できるであろうが、ここへきて、特にPLANTの場合は、10000平米、すなわち、PLANT-4以上がまちづくり3法の規制により出店しにくくなり、新規出店戦略を大きく見直さざるをえなくなった。仮に、PLANT-3以下の出店で補い、成長ペースを維持するのであれば、出店数を増やさざるをえなくなる。直近6月度の数字では売上は126.2%と高成長を維持してはいるが、既存店は94.2%であり、新店の出店ペースがにぶると全体の売上伸び率にも影響が出るものと思われ、既存店の活性化が急務であろう。

  このように、ここ数年食品スーパーマーケット業界を牽引してきた急性長企業である九九プラス、大黒天物産、PLANTがほぼ同じ経営課題に直面しており、新店の開発がこれまでのようなペースでは難しくなり、既存店の活性化が急務な状況となっているといえよう。食品スーパーマーケットは新店開発による客数アップと既存店の活性化による客単価アップのバランスが安定成長のポイントであり、今後、この3社はいかに既存店の客単価アップを改善できるかが、次の成長への課題といえよう。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!スタート
客単価3D分析 基礎講座CD発売!

July 7, 2006 in 経済・政治・国際 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 九九プラス、大黒天物産、PLANT、新店開発を抑制!:

Comments

Post a comment