« 丸久、第1四半期、前期の流れを受け、増収増益で推移! | Main | 食品スーパーマーケット各社、第1四半期決算を続々公表-西日本編! »

July 12, 2006

食品スーパーマーケット各社、第1四半期決算を続々公表-東日本編!

  食品スーパーマーケット業界においても、6月後半から、7月にかけて、2月決算企業が第1四半期決算を続々と公表しはじめた。3月決算企業の第1四半期の公表は今月下旬から来月はじめにかけての予定である。公表された第1四半期の決算を見ると、大きな特徴として、今期から減損会計を適用する企業が多く、当期純利益では昨年対比がマイナスになるケースが多い。したがって、増収減益という企業が多いのが特徴である。なお、本ブログでは食品スーパーマーケットを東西に分け、2回に分けて特集する。今回は、東日本編として、静岡より東の食品スーパーマーケットを取り上げた。愛知、北陸は西日本編の方で取り上げた。

  このような中で、増収増益を達成した食品スーパーマーケットは6/26の本ブログでも取り上げたマックスバリュ東海、そしてもう1社東急ストアであった。マックスバリュ東海は現在食品スーパーマーケット業界の中でも無借金経営かつ営業数値も高い、抜群の経営内容であり、売上は119.5%、営業利益は116.2%(売上対比4.12%)、当期利益は120.6%と大幅な増収増益であった。そして、もう1社、東急ストアであるが、売上112.6%、営業利益119.6%(売上対比1.89%)、当期利益235.4%と大幅な増収増益であった。これは札幌東急を連結子会社化したことに加え、新店の錦糸町店を出店したこと、4月からポイントカードが導入されたこと、さらには、創業50周年を迎えての大型販促が寄与したことなどによる。

  ついで、増収減益の企業は、北海道のアークス、埼玉のベルク、茨城のカスミであった。アークスであるが、売上102.1%、営業利益99.3%(売上対比2.66%)、当期利益15.5%と増収大幅減益であり、今期から適用の減損会計が大きく響いた結果である。第1四半期では新店2店舗の準備がはじまり、改装店舗として、道北ラルズのビックハウス東店、また、本ブログでも触れた、ラルズのビックハウス星置店の2店舗の改装効果があり、売上は102.1%と昨年を越えた。現在、アースクスは北海道ほぼ全域に165店舗を展開している。 ベルクについては、売上105.4%、営業利益81.6%(売上対比3.10%)、当期利益56.9%と増収大幅減益であった。減損になった理由は、減損会計に加え、ポイントカードの未使用分を今期から引当金に組み入れ特別損失が減損会計(0.27億円)よりも大きく、1.35億円経常したことが大きかったといえる。ポイントカードの未使用ポイントの処理に関しては、食品スーパーマーケット業界でも負債に経常しないケースがこれまで多かったが、ここへきて、減損会計が厳格に適用されるなど、会計基準が厳しくなったため、ベルクのように負債経常する企業が今後は増え、当然、その分、財務負担が重くのしかかることになる。そして、カスミであるが、売上105.5%、営業利益90.0%(売上対比2.66%)、当期利益68.0%と増収減益であった。増収につては、新店3店舗、みらい平駅前店、フードスクェアカスミ八潮駅前店、松ヶ丘店を出店したことによるが、減損会計の早期適用が大きく、減益となった。

  一方、残念ながらこのタ第1四半期は厳しい決算である減収減益の食品スーパーマーケットは、東武ストアとCFSコーポレーションであった。東武ストアは売上99.7%、営業利益139.6%(売上対比3.09%)、当期利益33.7%と減収減益であった。減益の理由は減損会計が適用されたことによる。東武ストアは前期より3年半ぶりに新規出店がはじまり、今期も埼玉県草加市に草加手代町店、東京都墨田区に業平店の2店舗の新規出店を果たしている。そして、CFSコーポレーションは売上94.3%、営業利益は0.59億円の赤字、当期利益は12.8億円の赤字と減収赤字決算という厳しい数値であった。特に、減損会計の適用により、特別損失として21.1億円を経常したことが大きく響いたといえる。

  このように、2月度決算の中ですでに第1四半期の決算を公表した企業をみてみると、新店を積極的に展開している食品スーパーマーケットは増収を達成しているが、今期から食品スーパーマーケット業界にも減損会計が適用されはじめ、当期利益に関しては厳しい数値となった企業が多いのがこの第1四半期決算の特徴といえる。来月以降は3月決算の企業も公表がなされると思うが、売上だけでなく、営業利益率をいかに高めるかが、当面の食品スーパーマーケット業界の課題となったといよう。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!スタート
客単価3D分析 基礎講座CD発売!

July 12, 2006 in 経済・政治・国際 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 食品スーパーマーケット各社、第1四半期決算を続々公表-東日本編!:

Comments

Post a comment