« 経費PI値という概念、オオゼキの強さを見る! | Main | ウォールマート、第3四半期累計決算、増収増益、売上112.0%! »

November 19, 2006

日経MJ、新製品週間ランキング、菓子が強い!

  11/17、日経MJで恒例の新製品週間ランキングが掲載された。今週の最大の特徴は菓子部門の数字が急激に伸びていることである。菓子No.1に4週間ぶりに江崎グリコのポッキー(極細)26本×2袋が返り咲き、しかも、客単価586円(1人当たり0.56円)と客単価500円(1人当たり0.5円)を越え、全商品の中でもベスト5に入ってきたことである。カバー率が97.9%、全新製品の中でNo.1であり、ほとんどのチェーンストアで導入されての数字であり、菓子としては異例の高さである。これ以外にも菓子部門ではロッテ商事のチョコパイパーティーパック10個、客単価454円(1人当たり0.45円)、森永製菓のエンゼルパイミニ16個、客単価413円(1人当たり0.41円)と客単価300円(1人当たり0.3円)以上の商品が3点入るという状況であり、この時期の菓子の強さを改めて示した数字といえよう。

  日経新製品売れ筋ランキングの客単価評価のポイントは300円(1人当たり0.3円)がひとつの目安である。客単価300円(1人当たり0.3円)は2000人/日の平均的な食品スーパーマーケットで1日600円、月間18,000円、年間219,000円売れる商品であり、売れ筋とはいえないが充分、定番化される水準の数字である。ちなみに、売れ筋となると、客単価1,000円(1人当たり1円)は欲しいところであり、この数字をとれれば、1日2,000円、月間60,000円、年間720,000円となり、日本中の全食品スーパーマーケットですぐに採用になるといえよう。さらに、超売れ筋は客単価2,000円(1人当たり2円)であり、ここまで来ると、食品スーパーマーケットの全商品の中でも100品あるかないかである。これまで日経MJの新製品を数多く見てきたが、1,000円を越える新製品はあったが、さすがに2,000円を越えた商品はまだ見たことがない。

  さて、その1,000円(1人当たり1円)を越えた今回の新製品が1品あり、資生堂のリバイタルクリーム、エンサイエンスAA40gであり、客単価1,034円(1人当たり1.03円)である。ただし、価格が15,234円と超高額であり、PI値に換算すると1.03円÷15,234円=0.007%であるので、2,000人/日の食品スーパーマーケットで1日0.14個、10日で1.4個、100日で14個、1年で49個であり、通常の食品スーパーマーケットではかなり厳しい数字といえよう。このPI値だと客数は5,000人/日は欲しいところだ。家庭用雑貨にはこの新製品以外にも、今週は客単価300円(1人当たり0.3円)以上の商品が4品ある。714円(1人当たり0.71円)の花王、アタック1.1kg、596円(1人当たり0.59円)のP&Gボールド1.1kg、393円(1人当たり0.39円)のカネボウ化粧品、DEWクリームディウセットⅢ30g+40ml+25ml、372円(1人当たり0.37円)のコーセー、薬品雪肌精プロモーションキット11エッセンスマスク付360ml+2枚入りである。

  今週の新製品でこの他に客単価300円(1人当たり0.3円)を越えた新製品は冷凍食品の味の素、お弁当にエビ寄せフライ、6個入り144gの328円(1人当たり0.32円)のみであり、あとの新製品はすべて、300円(1人当たり0.3円)以下である。また、これまでベスト商品に入っていた男前豆腐の京都ジョニーは新製品の期間を越えたので、ランキングには載ってこないが、客単価約500円(1人当たり0.5円)の商品であった。

  これ以外に、客単価300円(1人当たり0.3円)は下回るが、飲料でサントリーのペプシゴールド500mlペットボトルが飲料初登場でNo.1となり、客単価271円(0.27円)とこれまで1位を続けていたヤクルト本社のヤクルト65ml×10本をわずかではあるが抜いたことである。No.3にも日本コカコーラのファンタホワイトバナード500mlペットボトルが客単価250円(1人当たり0.25円)で同じく初登場で入っており、飲料は新製品期間中は顧客から高い支持をうける特長があるといえよう。

  このように、今週の日経MJの新製品週間ランキングは菓子の支持がグッとあがり、客単価300円(1人当たり0.3円)を越える商品が3つも登場し、この時期の菓子の強さ示したといえよう。菓子No.1のポッキー極細については、No.5、No.6にポッキーの10袋80本、19本×2袋も入っており、ポッキーシリーズに対しての根強い支持も表れており、今週は菓子に注目といえよう。また、飲料は嗜好品であるがゆえに、新登場のものが強いという特徴も明確であり、初登場1位のぺプシ、3位ファンタがの今後の動向が注目される。来週以降、菓子、飲料の新製品に注目してゆきたい。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
Mixi(ミクシィ)に食品スーパーマーケット最新情報のコミュニティを創設!(現在49人)
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!スタート(現在401人)
PI研厳選!オリジナルe-book、CD 発売!

November 19, 2006 in 経済・政治・国際 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日経MJ、新製品週間ランキング、菓子が強い!:

Comments

Post a comment