« 食品スーパーマーケット、売上速報、2006年11月度、107.1%! | Main | ユーストア、第3四半期決算を公表、増収減益、厳しい決算! »

December 19, 2006

食品スーパーマーケット、12月も新店ラッシュ、東日本編!

  食品スーパーマーケットが11月に続き、12月も出店ラッシュである。1回のブログでは紹介しきれないなので、2回に分けての連載である。第1回目は関東以北の食品スーパーマーケットの新店を取り上げる。北海道、東北、首都圏の新店についてである。注目の新店はベイシアであり、ここへきてスーパーセンター2店舗を含め、4店舗の新規出店であり、今年18店舗の新規出店と、急成長をつづけている。首都圏でもサミット、ヤオコー、イナゲヤ、エコス、カスミと新店が相次いでおり、食品スーパーマーケットの11月度の上場約20社の平均売上107.1%の高成長を裏付けているといえよう。

  まず、北海道、東北であるが、12/1、スーパーアークス2号店となる北24条店が北海道札幌市北区に新規オープンした。11/3にオープンしたスーパーアークス菊水店に次ぐ、次世代型ビックハウス業態であり、これで、ビックハウス路線の変更が決定的となり、今後のアークスの新しい戦略が明確になったといえよう。約1,000坪の食品売り場に加え、ドラックストア、100円ショップなど約20のテナントを同フロアー内に有するNSC(近隣型ショッピングセンター)タイプであり、年商は36億円の目標である。12/8には、青森の紅屋商事がカブセンター大野店を青森市大野前田にオープンした。紅屋商事1年ぶりの新店であり、売場面積約800坪、年商25億円が目標という。店内にはドラックストアも併設するNSCタイプの店舗である。さらに、12/8、青森のユニバースが岩手県に40店舗目となる盛岡南店を盛岡南ショッピングセンター内にオープンした。1,000坪を越える売場であり、盛岡最大の食品スーパーマーケットであり、15,000SKUを品揃し、年商24億円を目指すという。ユニバースは上場も控えており、今期年商824億円となり、客数も年間延べ3,670万人、1日約10万人となった。したがって、客単価1円のアップが1日10万円、年間3,670万円に匹敵し、客単価の価値がより重みを増したといえよう。また、同じく、12/8、マックスバリュ東北が青森県24店舗目、全体では95店舗目となるマックスバリュ樋の口店を青森県弘前市にオープンした。イオングループのロック開発のSCへの核店舗としての出店である。約700坪の売場面積であり、年商19億円が目標という。

  一方、首都圏では、12/6、サミットが東京都小平市にサミットストア小平上水本町店をオープンした。サミット85店舗目の店舗である。売場面積は約700坪、年商は21.9億円の目標という。最近サミットは鮮魚に力を入れており、27店舗目となるおさかなキッチンコーナーを導入し、さらに、温めるだけですぐに食べられる煮魚・焼魚をまとめた魚の簡便コーナーを新設したという。ヤオコーも12月に入り立て続けに2店舗出店した。12/1、埼玉県川口市にヤオコー川口本町店を出店したのに続き、12/6、埼玉県熊谷市にヤオコー籠原店を新規オープンした。ヤオコー川口本町店はダイエー跡地への駅前ショッピングセンターの核テナントとしての出店であり、売場面積約700坪弱、年商20億円が目標という。一方、ヤオコー籠原店は約600坪弱の郊外型の食品スーパーマーケットであり、年商16億円が目標という。ヤオコーはこの2店舗の出店で埼玉県内では61店舗、全店は91店舗の出店となる。12/6には、いなげやが埼玉県所沢市に所沢西武園店をオープンした。いなげや130店舗目の店舗であり、6月の日野栄町店以来の新規出店である。12/7には、エコスが東京都八王子市にエコス川口店をオープンした。旧川口店(115坪)のすくランプ&ビルドの店舗であり、店舗面積が約3倍の294坪、年商12億円を目標であるという。エコスグループでは、116店舗目の新規オープンである。また、12/7には、カスミが127店舗、茨城県内では82店舗目となるフードマーケットカスミ鮎川店を茨城県日立市にオープンした。店舗面積約700坪、年商15.5億円が目標である。

  そして、ベイシアがここへ来て絶好調である。11/30、愛知県西蒲生郡にベイシアスーパーセンター三好店をオープンした。また、12月に入り、12/4、埼玉県比企郡にベイシアフードセンター川島インター店、12/12、埼玉県深谷市にベイシアフードセンター深谷川本店、そして、12/20にはスーパーセンター28店舗目なるベイシアスーパーセンターさくら氏家店を栃木県さくら市にオープンした。ここ最近、スーパーセンターでの出店が少なかったが、ここへ来て2店舗連続での出店であり、今期18店舗目の出店となる。

  このように、12月に入り、食品スーパーマーケットの新規出店ラッシュとなり、当面、新店戦略が主体となる成長が続いてゆくものといえよう。今回は、北海道、東北を取り上げたが、次回は、それ以外の地域での新規出店状況をとりあげてゆく予定である。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
Mixi(ミクシィ)に食品スーパーマーケット最新情報のコミュニティを創設!(現在71人)
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!スタート(現在443人)
PI研厳選!オリジナルe-book、CD 発売!

December 19, 2006 in 経済・政治・国際 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 食品スーパーマーケット、12月も新店ラッシュ、東日本編!:

Comments

Post a comment