« 食品スーパーマーケット、今週の株価、移動平均を見る! | Main | 食品スーパーマーケット、売上速報、2006年11月度、107.1%! »

December 17, 2006

アイスクリームが熱い、新商品続々登場!

  いま、アイスクリームが顧客から熱い支持を受けている。先週、青森にいたが、雪見だいふくの新製品、雪見だいふく(生チョコレート)が全く入って来ない状況だという。生産が注文においつかず、問屋は在庫切れで、通常の雪見だいふくですら供給不足となっているという。また、12/15の日経MJの新製品週間ランキングを見ると、冷凍食品のベスト10の中に7つもハーゲンダッツが入っており、ハーゲダッツの新製品が顧客から熱い支持を受けている状況が浮かびあがった。今年は、アイスクリームの熱い冬となりそうである。ハーゲンダッツがこの時期に、新製品を立て続けに出す理由は、クリスマスとギフトへ照準を合わせてのものであるというが、ランキングトップにのきなみミニカップ来ている状況をみると、ミニ120mlが支持されているともいえ、アイスクリームはレギュラーサイズから、ミニサイズの需要が急激に拡大しているともいえよう。

  雪見だいふく(生チョコレート)については、11/27、ロッテが次のようなコメントを発表している。「さて、平成18年11月6日より発売しております弊社商品「雪見だいふく(生チョコレート)は発売以来、皆様に大変ご好評をいただいておりますが、当初の販売計画を大きく上回っており、供給が間に合わない状況となりました。」と、11/6新発売で、わずか20日間での異例のコメントであり、さらに続けて、「「雪見だいふく(生チョコレート)」、販売休止地区、北海道・東北・中部・関西・中国・四国・九州(販売継続地区 関東・甲信越)」という状況であるといい、現在は関東、甲信越地区でしか販売していないという。爆発的なヒットといってよい状況であろう。

  12/15の日経MJの新製品週間ランキングでは、冷凍食品No.3となっており、客単価116円(1人当たり0.16円)、カバー率が43.6%であるので、購入者のみの客単価は116円÷43.6%=266円(1人当たり0.26円)という数字である。ちなみに、導入店舗のPI値は116円÷102円÷43.6%=0.33%であり、2,000人/日の食品スーパーマーケットで2000×0.33%=6.6個であり、アイスクリームとしては高い支持率であるといえよう。今回の異例のコメントが出され、約20日たっているが、まだ、販売休止が解除されたという情報がないので、しばらくは、雪見だいふく(生チョコレート)は関東、甲信越地区での限定販売が続くものといえよう。

  一方、ハーゲンダッツの勢いが止まらない。今回の12/15の日経MJの新製品週間ランキングでは、No.1ミニカップ、マルチ6個入り客単価177円、No.2ミニカップアフォガード(バニラエスプレッソ)120ml客単価128円と1、2フィニッシュである。そして、No.3が雪見だいふく(生チョコレート)が入り、No.4にミニカップ洋梨コンポート120ml客単価93円、No.5にミニカップレーズン120ml客単価88円、No.6にミニカップバナナキャラメルタルト120ml客単価74円と上位独占状態である。さらに、No.8にミニカップヘーゼルナッツ120ml客単価61円、No.10にミニカップブラックセサミ(黒ゴマ)120ml客単価39円と全部で7品目が冷凍食品ベスト10に入っている。江崎グリコ、森永乳業、明治乳業、協同乳業等のアイスクリームメーカーの新製品を抑えての上位独占であり、いかにハーゲンダッツの新製品への顧客からの支持が高いかがわかる。しかも、ハーゲンダッツのカバー率は80%前後をキープしており、他のメーカーのアイスクリームが50%前後であることを見ると、完全に定番化されつつあり、食品スーパーマーケットのハーゲンダッツへの期待も大きいといえよう。

  家計調査データでは、約1ケ月前の10月末のデータが最新であるが、これでアイスクリームを見てみると、アイスクリームは16.43円(1日当りの家計消費金額)であり、菓子全体が188.97円であるので、約10%を占めている。しかも、昨対108.8%と数字も伸びており、購入世帯数だけで見ると30.47円と高い数字である。さらに、その中身を見ると、購入世帯のみの消費額が106.9%、購入世帯数が101.8%と購入世帯数よりも、アイスクリームを好きな方が、より購入を強めており、新製品のあいつぐ登場はさらにアイスクリームを活性化させる可能性が高いといえよう。11月のデータは今月末、12月のデータは来年1月末に公表予定であるが、この10月度の数字を見ても、今期のアイスクリームは期待が持てそうであり、しかも、有望な新製品が登場し、顧客からの高い支持を受けているので、今年の冬は熱いアイスクリームの季節となりそうである。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
Mixi(ミクシィ)に食品スーパーマーケット最新情報のコミュニティを創設!(現在70人)
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!スタート(現在441人)
PI研厳選!オリジナルe-book、CD 発売!

December 17, 2006 in 経済・政治・国際 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アイスクリームが熱い、新商品続々登場!:

Comments

Post a comment