« 日経MJ、新製品週間ランキング6/1、アイス、飲料、絶好調! | Main | ユニバース、東証上場後初の決算、個別増収減益! »

June 04, 2007

食品スーパーマーケット、先週6/1の株価を見る!

   ここ最近、株価が上昇気味で推移している。6/1の日経平均も17,958.88円(0.47%、83.13円高)となり、売買高も高水準の25億株弱と大商いが続いている。背景にはアメリカの株高や円安基調があるというが、食品スーパーマーケットの株価も先週は比較的堅調に推移した。短期的な株価の上昇を示す5日移動平均乖離率を見ると、ベスト5の食品スーパーマーケットは、タイヨー(3.96%、1,365円)、オオゼキ(3.65%、3,120円)、アークス(2.55%、1,890円)、オークワ(1.90%、1,553円)、ユーストア(1.85%、880円)であった。また、長期的な株価上昇を示す26週移動平均乖離率を見ると、ベスト5はアークス(11.11%、1,890円)、アークランドサカモト(2,155円)、タイヨー(10.79%、1,365円)、原信ナルスホールディングス(7.71%、1,647円)、ベルク(6.11%、1,250円)、であった。

   そこで、まず、短期、長期のベスト5が重なったタイヨー、アークスについてここ最近の株価の状況を見てみたい。タイヨーは確かに短期、長期の株価は上昇気味で推移しているが、売買高が1日、1,000株程度であり、しかも、週数回しか売買が成立しない状況であり、6/1も1,365円で動かず、売買高も1,000株であった。今週も2日、先週も2日の商い成立であり、活発な株式売買状況ではないが、2月始めは1,200円強であった株価がこの4ケ月で1,365円まで上昇しており、5日移動平均乖離率、26週移動平均乖離率ともに大きく上昇となった。

   アークスについては、今年はじめは1,300円前後であった株価が、現在では1,890円まで急上昇しており、日足のチャートでは上げ下げが激しいが、週足のチャートを見るとほぼ右上がりに急上昇しており、5/22には1,969円をつけるなど、2,000円を越える気配である。決算も好調であり、ポストビックハウスのスーパーアークスも順調に出店がはじまり、カインズとも業務提携したことも、厳しい北海道市場の中で、今後の成長性が期待されての株価上昇といえよう。今後のアークスの株価の動向には注目である。

   この2社以外に、短期の5日移動平均乖離率でNo.2のオオゼキ、No.4のオオクワ、No.5のユーストアの株価の推移を見てみたい。オオゼキであるが、オオゼキの株価はこの数ケ月右下がりに推移していた。2月始めには3,400円前後で推移していたが、その後、ほぼ一本調子で右下がりに落ち込み、5月中旬には2,800円付近まで下がり続けた。しかし、5/28以降、株価は反転、一転上昇に転じ、現在3,120円となり、さらに上昇の気配である。この時期はちょうど株主総会の次期でもあり、その近辺からの上昇であり、来週以降のオオゼキの株価には注目であろう。

   オオクワの株価もオオゼキに似た動きを示している。今年の3月までは1,700円近辺で推移していた株価がその後、右下がりとなり、4月のはじめには1,600円前後となった。しばらくもみあっていたが、その後、さらに株価は下がり、5/18には1,497円と1,500円を割り込み、1,500円前後でもみあいが続いた。そして、ここへ来て、株価が上昇、現在、1,553円(6/1)となり、上昇気味の動きとなっている。そして、ユーストアであるが、ここ数ケ月は850円前後で推移していたが、5/22に810円まで下がった後、株価は反転し、現在880円まで上昇しており、売買高も増えはじめている。短期的には注目の株価といえよう。

   また、長期的な株価の上昇を示す26週移動平均乖離率でベスト5となったタイヨー、アークスを除く、アークランドサカモト、原信ナルスホールディングス、ベルクの株価の動きを見てみたい。アークランドサカモトであるが、今年初めは1,600円前後の株価であったが、4月下旬まで一本調子で株価が上昇し、4/17には年初来最高値の2,300円まで上昇した。その後、5月に入り株価は一時大きく落ち込み、5/17には1,890 円まで落ち込んだが、ここで反転、現在は6/1現在2,155円である。日足ではこのように激しい動きではあるが、週足ではほぼ右上がりに株価は上昇しており、今後の成長性に市場は期待をしているものといえよう。

   原信ナルスホールディングスは3月は1,500円前後の株価であったが、その後、株価は上昇し、4/26には年初来高値の1,718円をつけ、5月初旬まで株価は右上がりに上昇したが、一転、株価が下がりはじめ、5/21には一時1,554円まで下がった。その後、株価をもどし、上昇に転じ、6/1現在では1,647円である。そして、ベルクであるが、3月はじめは1,100円前後で推移していたが、その後、株価はなだらかに上昇し、4月中旬以降1,250円前後で推移し、ゆるやかに上昇している。

   このように、ここ最近の短期、長期の食品スーパーマーケットの顕著な動きを示した上位5社の株価を見てみたが、今後は、三角合併も解禁され、ウォールマートをはじめ投資ファンドの動きも感じられ、それに呼応する形で国内大手小売業、投資ファンドの動きもあわただしくなりつつある。食品スーパーマーケット業界の今後の株価の動きには注目である。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
Mixi(ミクシィ)に食品スーパーマーケット最新情報のコミュニティを創設!(現在156人)
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!スタート(現在714人)
PI研厳選!オリジナルe-book、CD 発売!

« 日経MJ、新製品週間ランキング6/1、アイス、飲料、絶好調! | Main | ユニバース、東証上場後初の決算、個別増収減益! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 食品スーパーマーケット、先週6/1の株価を見る!:

« 日経MJ、新製品週間ランキング6/1、アイス、飲料、絶好調! | Main | ユニバース、東証上場後初の決算、個別増収減益! »