« 食品スーパーマーケット業界の自己資本比率、平均約40%! | Main | 食品スーパーマーケット、第1四半期決算の公表はじまる! »

June 27, 2007

オーケーストア、川口店を見る、新株にびっくり!

   オーケーストアの新店、川口店を見た。意外に自宅から近いことがわかり、板橋から、埼京線で赤羽にゆき、そこで京浜東北線で一つ目の駅が川口であり、駅から徒歩5分、合計、約30分ぐらいでついてしまった。びっくりである。オーケーストアは川口駅西口であり、東口にはそごう、イトーヨーカ堂、アリオなどがある商業地であるが、西口は高層マンションが林立する住宅地である。高層マンションのど真ん中に総投資額11.8億円(すべて自己資金)、4階建て、1階以外はすべて駐車場のオーケーストアの新店、川口店が、4/19にオープンした。コモディイイダが目と鼻の先であり、直競合している立地である。川口駅からオーケーストアにゆくにはコモディイイダを通らざるをえないルートとなっており、オーケーストアに行く前に、少し、コモディイイダによってみた。

   コモデディイイダは約300坪ぐらいの食品フロアであり、オーケーストアは約1000坪近い売場であるので、ランチェスターの法則では1:3が成立し、コモディイイダはかなり影響がでているものと予想される。特に、オーケーストアはEDLPに加え、競合重点商品は競合店よりも安くする方針で臨んでおり、店内の商品情報にも「ナショナルブランド商品については、地域一番の安値を保証しています。当店の通常価格が、競合店の価格(特売品、目玉商品も含む)より高い場合、私たちは値下げし<競合店に対抗して値下げしました>の表示をつけて販売しています」と明記している。実際、コモディイイダで販売していたおかめ豆腐の価格108円を、オーケーストアでは88円で販売し<競合店に対抗して値下げしました>というPOPが貼られていた。あきらかに、この豆腐については、コモディイイダを意識した値下げ商品であった。これに限らず、ほとんどのナショナルブランドの商品がオーケーストアの方が1割から2割前後安い状況であり、現在、2ケ月がたった状況であるが、ここは自宅から近いこともあり、6ケ月後、1年後の状況もみてみたいと思う。

   コモディイイダからすぐ腋の道を少し奥に入るとオーケーストア川口店がある。店頭は青果であり、大型平台が7本と正面に鮮魚であり、壁面は野菜、反対側壁面は麺、豆腐等の和日配である。7本の青果の大型平台に続き、日配の平台、鮮魚の冷蔵平台が1本づつあり、合計、大型平台が8本つづく。作業性を重視しているせいか、生鮮の品揃えはどちらかというと絞り気味である。鮮魚に続いては、正面壁面いっぱに精肉売場がつづいている。今日の鮮魚のお買い得は刺身6点盛合せ880円(924.00円)、無添加うなぎ蒲焼愛知産798円(837.90円)、むきえび298円(522.90円)であり、オーケーストアでは価格は消費税総額表示になってからは、このようにすべての商品に2重価格を表示し、消費税込みの価格は1/100まで表示している。精肉のお買い得は和牛黒毛A4肩ロースうすぎり100g529円(555.45円)、豚ロースうすぎり100g139円(93.45円)、豚小間切アメリカ産100g69円(72.45円)である。

   精肉売場を折れると、壁面いっぱいに惣菜、ベイカリー、米と続き、向い側に洋日配、その裏側にオーケーストア自慢のCAS(チルド新技術)、冷凍、アイス、パンがコーナー化されている。オーケーストアの全店平均の惣菜の売上構成比は約5%であるが、この川口店は惣菜がかなり強化されており、インストアベイカリーも充実し、惣菜には力が入っている。天ぷら、あげものは1個袋入りも対応しており、おにぎり50円(50.25円)、十勝枝豆コロッケ5枚入り1パック179円(187.95円)等、限界まで価格訴求を行っている。

   そして、オーケーストアのメインともいえるグロサリーは2m以上の高い什器を3尺20本以上つなぎ、天井には在庫の箱を置き、圧巻の売場ができあがっている。意外だったのは雑貨の多さとその品揃えであり、売場はレジ側、生鮮側で大きく2つに分れ、全部で26本の売場となっているが、その内11本が雑貨、10本が食品、2本が菓子、3本が酒となっており、雑貨が最もスペースを割いていた。大型ホームセンター等が近隣にない分、雑貨は重要な商品群と位置づけたものといえよう。グロサリーの重点商品、ペットボトル500mlは89円(93.45円)が中心プライスであり、ほとんどの商品群がこの水準の価格であり、ほぼ定価の2~3割引きで、EDLPが徹底されているのが最大の特徴であり、強みである。

   帰り際にカウンターでオーケークラブの会員登録をしたが、びっくりしたことに、6/23から、消費者向けに議決権のない種類株の発行をはじたという。1人100株、1万名限定の株式の発行である。1株2,500円で発行とのことで、100株で25万円、1万名で25億円となる。6/29までの限定であるが、購入者は年2回中間決算、本決算の経常利益と連動した株価でオーケーストアに売却が可能だという。経常利益と連動しているために、オーケーストアの経常利益が大幅に上昇すれば、株価が上昇、落ちれば下がるという内容である。今期経常利益は119.5%であるので、年間120%前後の上昇が期待できるかもしれないが、上場していないオーケーストアとしては、新たな資金調達の方法といえ、オーケーストアのファンを作るうえにも業績の向上が大前提となるが、新しい食品スーパーマーケットの資金調達の方法である。レジカウンターで約100ページの新株式発行届出目論見書をもらったが、今日は買い物がてら新店を見に来たのに、株をすすめられるとは思わなかったので、これまた、びっくりである。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
Mixi(ミクシィ)に食品スーパーマーケット最新情報のコミュニティを創設!(現在168人)
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!スタート(現在743人)
PI研厳選!オリジナルe-book、CD 発売!

« 食品スーパーマーケット業界の自己資本比率、平均約40%! | Main | 食品スーパーマーケット、第1四半期決算の公表はじまる! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference オーケーストア、川口店を見る、新株にびっくり!:

« 食品スーパーマーケット業界の自己資本比率、平均約40%! | Main | 食品スーパーマーケット、第1四半期決算の公表はじまる! »