« 日経MJ、新製品週間ランキング、20070713、平均単価に注目! | Main | オオゼキ、2008年2月度第1四半期決算、増収増益! »

July 16, 2007

Chain Store Age、最新7/15号、飲料のPOS分析データ投稿!

   Chain Store Age、最新の7/15号に4/15号のビールのPOS分析に続き、飲料のPOS分析の記事を投稿した。MD特別レポートとして、「飲料、昨対120%売上アップをめざせ!」というタイトルであり、サブタイトルは「重点55品の強化と新商品の見極めがポイント!、TOPNAVI-NET、POSデータ徹底活用法」である。P48からP51までの4ページに渡っての特集記事であり、全国約100チェーン、約400店舗、約4,500品の実際の飲料のPOSデータであり、なかなか分析しがいがあった。今回は記事の締め切りの関係上2007年4月度のデータであるが、今後の最盛期の夏場の飲料のマーチャンダイジング構築に向け、充分参考になると思う。それにしても、飲料が約4,500品もあるとはびっくりであり、しかも、その中の約2,000品が昨年1月以降登場の商品であり、これまたびっくりである。本ブログでは、本誌で十分に書ききれなかった内容を若干補足してみたい。

   まず、POSデータ分析のポイントであるが、TOPNAVI-NETでは基本指標として金額PI総店、金額PI扱店、数量PI総店、数量PI扱店、平均単価等が算出されており、各商品の詳細な評価が可能である。これらは理論的には金額PI総店=客数PI値×金額PI扱店=客数PI値×数量PI扱店×平均単価=数量PI総店×平均単価という関係にあるが、客数PI値は算出されておらず、かわりに扱い店舗数の割合が算出されている。ただ、これは微妙に客数PI値とはずれるため、客数PI値は金額PI総店÷金額PI扱店で逆算し、ここではその指標を理論と整合性を持たすために使用している。

   この数式はいわゆる客単価3D分析の応用であり、レシート分析、顧客ID分析における基本方程式である。ただ、TOPNAVI-NETは全国約100チェーン、約400店舗のデータであるので、通常のPOS分析とは違い、約400店舗の客数を使うため、商品ごとの客数とか顧客IDを使うわけではないので、あくまでも客数PI値は全400店舗の総延べ客数、月間約2000万人の内の販売された店舗の客数の割合である店に違いがあるが、基本の方程式は全く同じものとなる。なお、販売された店舗が100%に近くなると、月間データ、年間データ等は店舗の入れ替えなどが発生するため、本誌でも一部商品で見られるが、100%を越える誤差がでる場合があるが、商品の評価は客数PI値50%から80%以上で切るため、大勢に影響はない。

   さて、今回の飲料のPOS分析では図表を6つ掲載した。図1は飲料の重点商品選定の考え方であり。図2はその選び抜かれた重点商品55品の詳細な指標をつけたリストである。これはそのまま、現状の店舗の診断に活用できるので、自店のPOSデータと対応表を作って比較検討すると良いと思う。図3は重点商品55品の中の新商品17品の一覧である。当然であるが、本ブログで取り上げた日経MJの新製品週間ランキングの上位商品がしっかり選定されている。図4はDランクの新商品、図5は500mlペットボトルの実勢価格、そして、図6は健康関連飲料リストである。すべての商品に詳細なPOS分析データをつけているので、そのまま、自店のPOSデータと比較できるようになっている。なお、新商品は2006年1月以降に登場した商品として、今回は分析した。

   今回の記事では、これら分析データに加え、このデータを活用した飲料の売上120%アップのポイントを4つにまとめて掲載しているので、それらを参考にしていただければ、自店の飲料の見直し、新たな仮説づくりに役立つものと思う。特に、ポイントは新商品とロングセラー商品の比率であり、今回のPOSデータ分析結果では30%対70%という結論である。ロングセラー商品は70%であり、残り30%を新商品として、この30%を激しく入れ替えてゆくことがポイントといえよう。また、飲料は冷蔵と非冷の展開、商品分類も最近は用途、機能分類がポイントであるので、その辺もポイントとなる。

   このように、Chain Store Ageの最新7/15号では飲料の詳細なPOSデータ分析にもとづく重点商品の選定方法、そのリスト、そして、飲料売場の活性化手法をまとめているので、参考にしていただければと思う。今年の夏は飲料がグロサリー部門はもちろん、店舗全体の売上アップを牽引してゆくと予想され、飲料のマーチャンダイジング戦略をしっかり構築することがポイントである。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
Mixi(ミクシィ)に食品スーパーマーケット最新情報のコミュニティを創設!(現在173人)
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!スタート(現在755人)
PI研厳選!オリジナルe-book、CD 発売!

July 16, 2007 in 経済・政治・国際 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Chain Store Age、最新7/15号、飲料のPOS分析データ投稿!:

Comments

Post a comment