« ブランドスイッチを考えてみる! | Main | 日経MJ、新製品週間ランキング、8/10、飲料500mlに注目! »

August 11, 2007

テスコエクスプレス、最新のチラシを見る!

   4/25に1号店のテスコエクスプレス大泉学園店をオープンし、その後、5/10、テスコエクスプレス砧店をオープン、続いて、5/17、テスコエクスプレス明大前店をオープンと、立て続けに3店舗の新店をオープンしたテスコエクスプレスであるが、3号店オープンから約3ケ月がたとうとしているが、4号店の出店が遅れているようである。当初の計画では首都圏を中心に2008年2月までに、つるかめを含め、合計35店舗を出店する予定であったので、8/10、現在、つるかめを含め6店舗であり、残り、6ケ月で29店舗をオープンするには、月5店舗のハイペースでの出店が必要となり、これまでの月2店舗の出店ペースでは追いつかないからである。後半、集中大量出店があるのかもしれないが、現状をみる限りでは、テスコエクスプレスについては、この3店舗でのマーチャンダイジングをじっくり固めているように思える。そこで、テスコエクスプレス3店舗の最新の合同ちらしをもとに、オープン後、3ケ月の状況をみてみたい。

   テスコエクスプレスの最新のちらしは、大泉学園店、砧店、明大前店、3店合同の8/10(金)から8/12(日)までの共通ちらしである。たまたま1号店の大泉学園店を見る機会があったが、予想以上に売場が引き締まっており、緊張感のある売場ができあがっていた。8/10でジャスト3ケ月であり、客数も落ち着き、オペレーションも慣れた頃であり、うまく店舗がまわりはじめたのではないかという印象を受けた。テスコエクスプレスの基本コンセプトは「あなたの街でパッといつでもお買いもの」であり、「毎日のお買いものに、いつでもパッと気軽にそうろうテスコエクスプレス。あなたもパッとお買いものしてみませんか。」であるが、このコンセプトどおりの店づくりに近づいているように思えた。

   食品スーパーマーケットほど、生鮮、惣菜の品揃えはないが、ぎりぎりまで重点商品を絞り込み、欠品と鮮度に気をつけており、ここがコンビニエンスストアとの決定的な差別化になっている。特に、店内加工が必要な刺身、ご飯はオープン以来、力が入っており、売場が縮小されることなく、しっかりと品揃えされていた。また、日配、グロサリーについても限られた品揃えではあるが、コンビニエンスストアよりは充実しており、オープン以来これも続けている重点商品の競合価格へのミートも実践され、商圏内のプライスリーダーをしっかりマークしていた。採算ベースにのっているかどうかは別として、基本コンセプトどおりの品揃えはほぼ確立され、オペレーションも回ったように思えた。

   そこで、最新のちらしであるが、表面はテーマにもとづいた商品訴求であり、裏面は日替わりと通しの訴求商品で構成されている。まず、表面であるが、「お盆の和食メニュー」と題し、宮城県産の戻りがつおのたたき128円/100gとインドネシア産のブラックタイガーえび大6尾1パック599円がメインである。これに加え、青森などの国内産の枝豆1袋198円、茨城などの国内産の幸水なし3個498円、秋田などの国内産のきゅうり3本1袋98円、北海道などの国内産とまと3個入・1パック198円、長野などの国内産のレタス1個158円、オーストラリア産牛もも焼肉用200g398円、そして、米久あらびきポークウィンナー115g×2、258円と生鮮3品を全面に訴求したちらしである。これに8/10から8/12までの商品として、トノハタすっきりさっぱり梅干、はちみつ梅干各250g、279円、カルピスのカルピスウォーター、カルピスソーダー、DIETアミノカルピス各1500ml、159円、小池屋ポテトチップス各種79円、オルソン鮭道楽70g×2、259円とグロサリーの訴求が続く。そして、もうひとつのテーマとして、お弁当+500mlペット(コカコーラ社対象商品)セット20円引きのサマードリンクキャンペーンが表面で訴求されているちらしである。

   一方、裏面では日替わり、通しの訴求であり、8/10は大山豆腐のおぼろ豆腐250g、59円、昭和天ぷら粉700g、99円、Jオイルミルズ味の素さらさらキャノーラ油1000g、199円、ミツカンほんてり料理酒500ml、99円である。8/11はハウスのカリー屋カレー210g、69円、AGFブレンディボトルコーヒー900ml、99円、明治乳業の十勝ヨーグルト90g×4、105円、加ト吉の焼きたてご飯200g×3、199円である。そして、8/12は富士山麓水彩の森2000ml、79円、1ケース6本入り398円、アイティエスファームのミックスたまご10個入り1パック99円、ファミリーフードみたけの3食焼きそば150g×3、89円、永谷園のすし太郎4人前199円、ヤマザキの超芳醇食パン1斤105円である。これに8/11から8/12の2日間通しでアイスクリームの井村屋BOXあずきバー、ロッテのカルピスアイスバーマルチ、すいか&メロンバーマルチが157円、ニッスイのおさかなソーセージ90g×4、179円、クラフトのフレッシュモッツァレラチーズ100g、279円、牛乳1000ml、139円と続く。

   さらに、3日間通しで、TESCOオリジナルのスコッチウィスキー700ml、880円、ランズレイ780円、キャロウェイ599円、よりどり2本1050円、キリン淡麗、淡麗グリーン、円熟各種350ml×6、720円、キリンのどごし350ml×6、619円、ライオンチャーミーVクイック270ml、99円、P&Gアリエールイオンパワージェル本体1.1kg、279円である。

   以上がテスコエクスプレス3店舗の最新のちらし訴求商品であるが、お盆をテーマに生鮮3品+惣菜を前面で訴求し、裏面では日替わり、通しで日配とグロサリー、酒の価格訴求を打ち出したちらしとなっており、実際に大泉学園店ではこれらのちらし商品が売場でしっかり、POPをつけて訴求されていた。テスコエクスプレスの基本コセンプトに馴染んだ売場作りと商品訴求ができつつあるといえ、今後、4号店がいつ新規出店されるかに注目したい。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
Mixi(ミクシィ)に食品スーパーマーケット最新情報のコミュニティを創設!(現在186人)
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!スタート(現在791人)
PI研厳選!オリジナルe-book、CD 発売!

August 11, 2007 in 経済・政治・国際 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference テスコエクスプレス、最新のチラシを見る!:

Comments

Post a comment