« 食品スーパーマーケット、売上速報、200708、104.8%! | Main | 食品スーパーマーケット、今週の株価、9/21、二極化! »

September 22, 2007

日経MJ、新製品週間ランキング、9/21、新製品続々登場!

   日経MJ新製品ランキングが9/21、公表された。今週は秋の新製品が続々と登場し、久しぶりに客単価1,000円を越える新製品が出現した。その他食品部門No.1の日清食品、カップヌードルきのこバター醤油風味78gであり、初登場でいきなり、客単価1,070円(1人当り1.07円)という、とてつもない数字であり、新製品として極めて高い客単価である。カバー率も84.1%と対象全33チェーン、193店舗の大半をカバーしており、一部の店舗の異常値ではなく、ほぼ満遍なくカバーしての数字であり、今後、どの辺で落ち着くかが興味深いところである。このその他食品には、これ以外にも、No.2、No.3も日清食品がいずれも初登場で独占しており、今週の新製品ランキングは日清食品が全体の新製品を大きく牽引した週であったといえよう。

   その他食品No.2の日清食品、どん兵衛3種のきのこのみそちゃんぽんうどん88gも客単価722円と客単価Aクラスである500円をクリアーしており、今週はこの2品が500円の以上の新製品であった。No.3も日清食品であり、焼そばU.F.O.きのこ入り旨味オイスターソース焼そば124g、客単価482円であり、今週の全新製品の中でもNo.3であり、日清食品の強さが際立った新製品ランキングである。

   この3品以外にも客単価200円のCランクを越える新製品がその他食品部門にはあり、No.4がミツカン、金のつぶ超やわらか納豆とろっ豆45g×3パック、客単価413円、No.5にカゴメ、植物性乳酸菌ラブレヨーグルトタイプ110g、客単価260円、No.6に前週No.1の森永乳業、赤いアロエヨーグルト2連90g×2、客単価223円、そして、No.7に男前豆腐店、マブ300g、客単価214円と7品であった。今週はこのようにその他食品が上位を独占しており、しかも、客単価200円以上のCクラスを越える新製品が最も多い部門となった。

   これについで、菓子部門が初登場の新製品が多く、しかも、客単価Cクラスの200円を越える新製品が5品登場した。No.1は初登場のカルビー、じゃがりこコーンポタージュ味58g、客単価283円、カバー率はまだ45.1%と低いが菓子部門No.1であった。ついで、No.2は同じく前週No.1のカルビー、ア・ラ・ポテトじゃがバター味80g、客単価257円、カバー率は今週の全新製品の中でNo.1の98.5%であった。No.3もカルビー、ア・ラ・ポテトうすしお味80g、客単価248円であった。このように菓子部門ではカルビーがベスト3を独占した。これについで、No.4が明治製菓、ショパンミルフィーユプラリネ4粒、客単価208円、No.5が同じく明治製菓、ショパンミルフィーユいちご4粒、客単価201円であり、以上5品が客単価Cクラスの200円を越える菓子部門の新製品であった。

   菓子部門についで、飲料部門も5品、客単価Cクラスの200円を越える新製品が登場しており、No.1は初登場の日本コカ・コーラ爽健美茶オータムヴィーナス500mlペットボトル、客単価427円であった。No.2はキリンビバレッジ、午後の紅茶スペシャルダブルベルガモット460ml、客単価273円、No.3は日本たばこ産業、辻利500mlペットボトル、客単価261円、No.4はサントリー、伊右衛門焙じ茶、500mlペットボトル、客単価251円、そして、No.5が同じくサントリー、クールミントサイダー490ml、客単価219円であった。飲料部門も夏場ほどの勢いはなくなったが、菓子部門と同じく5品が客単価Cクラスの200円を越えてきており、今後の動きに注目である。

   また、家庭用品についてはNo.1は王子ネピア、ネピネピティッシュ160組×5パック、客単価348円が入り、No.2も同じく王子ネピア、ネピアティッシュ200組×5パック、客単価275円が入った。さらに、No.3にP&G、h&sスターターキットシャンプー&コンディショナートリートメント付200ml+200g+120g、客単価217円、No.4に王子ネピア、ネピアデラックストイレットロールシングル60m×12ロール、客単価204円が入り、客単価Cクラスの200円以上の新製品が4品であった。

   そして、冷凍食品では、客単価Cクラスの200円以上の新製品は2品であり、No.1に味の素、エビシューマイ12個入袋168g、客単価318円、No.2にハーゲンダッツジャパン、ミニカップビターキャラメル120ml、客単価283円が入った。

   このように、今週はすっかり新製品が秋バージョンとなり、残暑はまだ続いているが、確実に秋バージョンの新製品が上位を占めており、しかも、客単価の水準もここ最近では珍しく高い数値である。特に、No.1の日清のカップヌードルきのこバターは1,000円を越える数値を達成しており、今後、10月、11月と、まだまだ、新製品が続々と登場してくるものといえ、今後の新製品ランキングの動向から目を離せない状況が続きそうだ。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
Mixi(ミクシィ)に食品スーパーマーケット最新情報のコミュニティを創設!(現在216人)
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!スタート(現在847人)
PI研厳選!オリジナルe-book、CD 発売!

September 22, 2007 in 経済・政治・国際 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日経MJ、新製品週間ランキング、9/21、新製品続々登場!:

Comments

Post a comment