« マックスバリュ西日本、中間決算、増収増益、過去最高益! | Main | オオゼキ、2008年2月期中間決算、増収増益、無借金経営へ! »

October 14, 2007

日経MJ、10/12、新製品週間ランキング、客単価高水準!

   残暑も終わり、気温が下がりはじめ、やっと肌寒い日々となり、秋から冬への季節が訪れようとしている。日経MJ、新製品ランキングもここへきて、すっかり、ランキングが様変わりし、季節特有の新製品が上位を占めはじめた。今週、10/12のランキングを見ると、客単価Cクラスの200円(1人当り0.2円)を越える新製品がもっとも多かった部門は家庭用品の7品であった。ついで、その他食品(日配、食品、加工肉等)の6品、同じく菓子の6品、そして、飲料の4品、冷凍食品の3品であり、合計26品であった。

   また、今週の全新製品の中で最高の客単価を達成した新製品は家庭用品のマックスファクター、SK-Ⅱサインズトリートメントトータリティー80g、客単価1,503円(1人当り1.503円)であった。ただ、平均単価は12,850円と平均単価も全新製品の中でNo.1であり、平均単価200円の食品スーパーマーケットで定番化するには勇気のいる商品である。実際、今回の対象33チェーン193店舗の食品スーパーマーケットでのカバー率は27.2%であり、客数の多い店舗のみに導入されている新製品といえよう。

   これについで、今週No.2となった新製品はその他食品でNo.1となった明治乳業、ブルガリアヨーグルトB81そのままでプレーン500g、客単価886円であり、先週比189円と絶好調である。しかも、カバー率が今週の全新製品の中でNo.1の97.4%であり、ほぼ、全対象チェーンにいきわたっており、関心の高さを示しているといえよう。平均単価も153円から154円とあがっており、特売が強まったわけではないので、886円(1人当り0.886円)はきわめて高い水準にあるといえよう。今週はこの2品が客単価Aクラスの500円を越えた新製品であり、特に、ブルガリアヨーグルトそのままは注目の新製品である。

   これらについで、客単価Bクラスの300円を超える新製品を見てみると、全部で5品ある。トップは冷凍食品の味の素、エビシューマイ12個入袋168g、客単価486円であり、先週比130円アップ、カバー率も87.2%を越えた。8/22登場の新製品であり、2ケ月たった現在でもトップを占めており、注目である。ただ、平均単価が先週の164円から159円と下がっており、特売の数字がかなり加味されての底上げがあり、来週以降、どの辺で落ちつくかがポイントであろう。ついで、その他食品のネスレ日本、ネスカフェゴールドブレンド40周年記念プレミアムパック100g+40gであり、客単価453円である。カバー率がまだ23.6%と低いので、今後、カバー率があがってきた時にどのくらいの数字で落ちつくかがポイントであるが、今週は高水準の客単価を維持している。

   そして、家庭用品のNo.2となった資生堂、TSUBAKIゴールデンリペア誕生セット(トリートメント付)220ml+220ml+120g、客単価350円であり、この新製品はNo.3にTSUBAKIゴールデンリペアシャンプー550mlが客単価291円、No.6にもTSUBAKIゴールデンリペアコンディショナー550mlが客単価220円で入っており、TSUBAKIブランドは家庭用品の中ではもちろん、新製品全体としても注目の新製品であるといえよう。特に、家庭用品としては、カバー率が68.2%、87.2%、84.6%と異常に高く、各食品スーパーマーケットも積極的に定番化しており、今後の動向が気になるところである。

   さらに、客単価300円以上のBクラスの新製品を見てみると、飲料の先週3位であったキリンビバレッジ、午後の紅茶スペシャル茶葉2倍ミルクティ-<ウバ100%>460mlが客単価331円でNo.1となった。先週比84円アップであり、今週初登場でNo.2に入ったサントリー、リプトンシフォンミルクティー500mlペットボトル、客単価240円を大きく引き離しており、どこまで客単価がアップするかが注目である。そして、もう1品、その他食品のエバラ食品工業、おいしいキムチボトル400g、客単価322円が客単価Bクラスの300円以上に入った。カバー率はまだ、45.1%と低いが、先週比91円アップのランキングも4位から3位へとワンランクアップしており、注目である。

   残念ながら、菓子の新製品は1品も客単価300円を越えた新製品がなかったが、ランキングがめまぐるしく変わっており、No.1は先週6位からランクアップしたネスレコンフェクショナリー、キットカットミニ15枚であり、客単価は240円であった。ついで、初登場でNo.2となった江崎グリコ、ポッキー<極細>36g×2袋、客単価226円、No.3も初登場のネスレコンフェクショナリー、キットカットミニキャラメル味15枚、客単価217円、No.4は先週96位から急上昇したカルビー、かっぱえびせん青じそ風味80gが客単価215円で入り、菓子はランキングが激しく変わっている。

   このように、今週の新製品ランキングは全体的に高水準の客単価となっており、500円以上のAクラスが2品、300円以上のBクラスが5品、200円以上のCクラスが19品と計26品が客単価Cクラス以上となった。特にCクラスが急激に増えつつあり、新製品を積極的に売場に入れ、活性化を図りやすい時期となったといえよう。また、客単価Cクラスの200円までには満たなかったが、190円、180円台の新製品も10品あり、今後、どこまで客単価を伸ばすか、ここ数週間の新製品の動向には注目である。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
Mixi(ミクシィ)に食品スーパーマーケット最新情報のコミュニティを創設!(現在243人)
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!スタート(現在882人)
PI研厳選!オリジナルe-book、CD 発売!

« マックスバリュ西日本、中間決算、増収増益、過去最高益! | Main | オオゼキ、2008年2月期中間決算、増収増益、無借金経営へ! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日経MJ、10/12、新製品週間ランキング、客単価高水準!:

« マックスバリュ西日本、中間決算、増収増益、過去最高益! | Main | オオゼキ、2008年2月期中間決算、増収増益、無借金経営へ! »