« 家計調査データ、2007年8月度、昨年並みで推移! | Main | アオキスーパー、中間決算、大幅増益、経費比率16.6%! »

October 03, 2007

食品スーパーマーケット新店情報、2007年9月度、東日本編!

   ここ最近、1年間、新店0の食品スーパーマーケットやスーパーセンタを主体としている食品スーパーマーケットの新店の抑制の状況を取上げてきたが、今回は、逆に、順調に新店を出店している食品スーパーマーケットを、特にこの9月の新店を中心に取上げてみたい。食品スーパーマーケットの新店は既存店が100%前後であるため、安定した成長を維持するためには不可欠であり、理想としては5%から10%の新店を安定的に出してゆきたいところである。決算が2月期企業においてはすでに中間を過ぎ、3月期企業においては、ちょうど後半に入る月であり、ここでの新店は今期の新店をうらなう上で重要な節目の月といえよう。

   まず、北海道、東北地区では、ヨークベニアが9月は2店舗、新店を出店した。9/28、栃木県足利市にヨークベニマル足利大月店をオープンした。ヨークベニマル149店舗目の店舗であり、栃木県では18店舗目となる。この店舗は、ショッピングセンター、あしかがハーヴェストプレース内への出店であり、ヨークベニマルの他、ホームセンター、ドラックストアなど約50店舗が出店しているショッピングセンター内への出店である。店舗面積は780坪であり、年商22億円の目標である。また、9/21には、山形県山形市島にNSCを出店している。山形県では13店舗目となる店舗であり、店舗面積は680坪、年商17億円の目標である。

   ヨークベニマルはこれで、今期6店舗新規出店しており、順調な新規出店ペースであるといえよう。ヨークベニマルは、この8/1に福島県いわき市を中心に14店舗を展開している藤越と資本・業務提携の合意を公表しており、藤越が分社化する小売業の全株式を買い取り、11/1に吸収合併する予定である。ここへきて、ヨークベニマルはNSCを主体にした自社での新規出店に加え、M&Aも積極的にすすめつつあり、今後の動向に注目である。

   首都圏ではベルクが9/19に群馬県館林市にベルク館林大街道店をオープンした。群馬県では10店舗となり、ベルク全体では52店舗となる新店である。ベルクは4月に東京都八王子市にぐりーんうぉーく店、7月に千葉県松戸市にベルク松戸秋山店を出店しており、順調に新店開発が進んでいるといえ、売場でもイオンのPB、トップバリュが定着し始めており、この新店開発を含め、着々とイオンとの資本・業務提携が進み始めているといえよう。今期の出店も地元埼玉よりも、周辺の群馬県、東京都、千葉県への出店であり、首都圏全域への新規出店も視野にはいったといえ、今後の新店に注目である。

   また、ヤオコーも9/6、千葉県、Jリーグのジェフユナイテッドの地元市原市に千葉県6店舗となるヤオコーユニモちはら台店をオープンした。大型ショッピングモールUNIMO内への新規出店であり、ヤオコー全体では96店舗目となる。店舗面積は653坪であり、年商目標は18億円である。ヤオコーは8/8、埼玉県児玉郡にヤオコー上里店、7/10に埼玉県川越市にヤオコー川越新宿店、4/6に群馬県太田市に太田小舞木店、4/17に埼玉県幸手市にヤオコー幸手店をオープンし、今期5店舗をオープンし、改装店舗も約10店舗となり、新店開発、店舗改装が順調に進んでいる。

   相鉄ローゼンも9/6、神奈川県横浜市に相鉄ローゼン鶴ヶ峰店をオープンした。相鉄線鶴ケ峰駅前のショッピングセンター内への出店であり、店舗面積601坪である。惣菜は最近はやりのオール電化を採用したり、少量のお客さま用のエクスプレスレジを取り入れるなど新たな試みにも挑戦している店舗である。相鉄ローゼン64店舗目となり、今期は1店舗目である。

   そして、カスミが9/7、茨城県阿見町にフ-ドマーケットカスミ荒川本郷店をオープンした。店舗面積は約700坪であり、年商目標は16.5億円である。ドラックストア、衣料品、100円ショップ等を併設したNSCでの出店であり、茨城県では84店舗目、カスミ全体では131店舗目となる。カスミは6/12、FOOD OFFストッカー守谷店を、5/28にはFOOD OFFストッカーサンモリノ那珂店を、5/14、FOOD OFFストッカー渡里店を、3/9、FOOD OFF Market KASUMI押堀店をオープンしており、今期5店舗の新規出店をはたしており、順調に新店開発が進んでいるといえよう。

   このように、東日本における主要な食品スーパーマーケットの9月度にオープンした新店をとりあげてみたが、ここで取上げたヨークベニマル、ベルク、ヤオコー、相鉄ローゼン、カスミは順調に新店開発が進んでおり、今期は堅調な成長が期待できそうである。食品スーパーマーケットは新店=成長であり、新店の開発が成長戦略の生命線といえ、毎年毎年、計画的に、新店をしっかり出店しつづけていきたいところである。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
Mixi(ミクシィ)に食品スーパーマーケット最新情報のコミュニティを創設!(現在225人)
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!スタート(現在861人)
PI研厳選!オリジナルe-book、CD 発売!

« 家計調査データ、2007年8月度、昨年並みで推移! | Main | アオキスーパー、中間決算、大幅増益、経費比率16.6%! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

« 家計調査データ、2007年8月度、昨年並みで推移! | Main | アオキスーパー、中間決算、大幅増益、経費比率16.6%! »