« 日経MJ、10/12、新製品週間ランキング、客単価高水準! | Main | CFSコーポレーション、イオンと激突、出資比率15.01%の意義! »

October 15, 2007

オオゼキ、2008年2月期中間決算、増収増益、無借金経営へ!

   オオゼキが10/10、2008年2月期の中間決算を公表した。ここ最近新店がなかったため、売上は堅調な伸びであったが、利益は大きく伸び、増収増益の好決算であった。この好決算を受け、借入金も返済し、無借金経営となり、自己資本比率も76.8%、昨年の73.7%、今年2月期の決算時の73.7%、さらには、ここ数年の数字と比べても最高の数字となり、財務面でも好決算となった。実際の決算数字であるが、売上高325.84億円(105.0%)、営業利益23.91億円(108.6%:売上対比7.3%)、経常利益24.32億円(109.8%:売上対比7.4%)、当期純利益14.25億円(109.2%:売上対比4.3%)という結果であった。

   売上が伸び悩んでいる背景には、新店が思うように出店できていないことにある。オオゼキの最新店舗は昨年6/6の戸越公園店であり、ここ1年以上新店がない状況がつづいており、現在、既存店に力を注がざるをえない状況である。ただ、既存店の売上高は、客数(101.6%)、客単価(101.6%)となり、昨対103.2%の実績となり、極めて好調な状況である。仮にこれに新店が加われば、2桁の増収は優に可能な状況であり、新店の開発が今後の成長のためには待たれるところである。

   オオゼキは新店開発については、「本年6 月より、店舗開発担当者を、兼任から専任へと変更いたしました。早期出店が見込める入替出店、その他新築案件等交渉中の案件は保有しており、また、日々の新規情報にも迅速に対応しておりますが、現段階においての既契約物件はありません。契約の進捗状況については、今後とも適時お知らせしてまいります。」ということであるので、新店が出せない状況ではなく、良い物件が見つからない状況にあるといえる。ただ、これを見る限り、現時点で契約物件がないということでもあり、しばらくは、新店がない状況が続きそうである。

   さて、オオゼキの売上、利益の状況であるが、商品売買から得られる売上総利益は24.0%から24.3%へと0.3ポイント上昇している。ただ、不動産賃貸収入等は0.1ポイント下がったので、結果、営業総利益は、25.2%から25.4%へと0.2ポイントの上昇であったが、粗利率が昨年と比べ上昇した。これに対し、販売費及び一般管理費は18.1%と昨年と変わらず、ローコスト経営を維持したため、営業利益は差引き、7.1%から7.3%へと上昇し、売上高の105.0%と相まって、営業利益が108.6%と好決算となった。経費比率18.1%は食品スーパーマーケット業界でも屈指の数字であり、オオゼキの強さの源泉といえよう。

    一方、財務面の方であるが、何といっても自己資本比率が76.8%と上昇したことが大きく、ここ数年の推移を見ても、70.7%、73.9%、74.8%、76.8%と年々上昇しており、財務体質が格段と好転しているといえよう。特に、今期は昨年の唯一の借入金であった3.36億円の1年以内返済予定の長期借入金を全額返済しており、これで無借金経営となり、極めて健全な財務状況となった。当然、新規出店もなかったことにより、出店にかかわる資産である建物36.45億円(39.32億円)、土地85.11億円(85.11億円)、長期差入保証金35.84億円(36.50億円)と合計157.40億円(160.93億円)と97.8%へと減少しており、総資産に占める割合は53.6%である。
ちなみに、オオゼキが現在26店舗であるので、1店舗当りの出店にかかわる資産は6.05億円となり、これは食品スーパーマーケットとしてはかなり大きい資産といえる。店舗面積は約200坪平均と小さいが、やはり、首都圏という立地上、高コストな出店にならざるをえない状況を表しているといえよう。オオゼキはこの状況を年間坪売上約1,200万円でカバーしており、首都圏の食品スーパーマーケットは出店コストがかかるがゆえに、坪売上をいかに高くできるかが、高収益の源泉であるこがわかる。

   このように今期の中間決算におけるオオゼキは増収増益、既存店も103.2%と好調な決算であり、しかも、今期、借入金を全額返済し、無借金経営となり、自己資本比率も76.8%となるなど、財務面でも大きく改善が進んだ。残る課題は、新規出店に絞られたといえ、いつ、オオゼキが新規出店を行うかがポイントであるといえる。食品スーパーマーケットの成長は新規出店が生命線であり、ここは是非、オオゼキの中長期的な出店戦略の立案、公表が欲しいところである。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
Mixi(ミクシィ)に食品スーパーマーケット最新情報のコミュニティを創設!(現在243人)
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!スタート(現在882人)
PI研厳選!オリジナルe-book、CD 発売!

« 日経MJ、10/12、新製品週間ランキング、客単価高水準! | Main | CFSコーポレーション、イオンと激突、出資比率15.01%の意義! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

« 日経MJ、10/12、新製品週間ランキング、客単価高水準! | Main | CFSコーポレーション、イオンと激突、出資比率15.01%の意義! »