« 食品スーパーマーケット、大型店のレイアウトを考えて見る! | Main | 日経MJ、新製品週間ランキング、菓子を徹底して見る! »

October 19, 2007

ライフコーポレーション、中間決算2008、増収増益の好決算!

   ライフコーポレーションが10/15、2008年2月期の中間決算を公表した。昨年度の中間決算は減損損失が発生し、当期純利益が赤字となったが、今期は減損損失も一段落し、大幅な増益となる増収増益の好決算となった。営業収益は2,170.07億円(104.3%)、営業利益 48.21億円(109.7%、営業収益比2.22%)、経常利益 45.51億円(110.8%:営業収益比2.09%)、当期純利益23.03億円(前期は赤字:営業収益比1.06%)であり、特に利益がほぼ2桁の増益となる好決算であった。

   この好調な決算を受けて、借入金の返済も進んでおり、この中間期には長短借入金が昨年の744.51億円から660.45億円へと約84.06億円削減されており、本決算の706.16億円と比べても45.71億円削減され、借入金の削減が確実に進んでいる。ただ、まだ、自己資本比率は23.5%と依然として厳しい状況にあり、借入金の総資本に占める比率も42.5%と高い水準であるが、今後、この好調な決算が続けば、5年以内に財務の健全化がなされるものといえ、今後、数年間の経営改革が重要なポイントといえよう。

   現在、ライフコーポレーションは2005年度を初年度とする第二次中期3ケ年計画を実行しており、その中で、15の改革を掲げ、これらの経営改革を着実に進めている最中である。ちなみに、その15の改革とは、①スクラップ&ビルドの改革、②店舗の改革、③売場の改革、④商品の改革、⑤ロスの改革、⑥作業の改革、⑦物流の改革、⑧情報の改革、⑨販促の改革、⑩店舗マネジメントの改革、⑪組織と人員の改革、⑫人事と教育の改革、⑬CSの改革、⑭コストの改革、⑮財務の改革である。これらの改革を通じての当初の経営目標は売上高4,000億円、経常利益80億円、経常利益率2.0%であったが、この数字は前年度の2007年2月期に達成しており、この中間期の決算結果を見ても、2年連続で達成することは確実であり、現在、来年度からはじまる第三次中期3ケ年計画を策定中であるという。

   ライフコーポレーションの今期の新店であるが、5月に相模原若松店(神奈川県)を出店したのみであるが、この11月には長田店(兵庫県神戸市)、その後、大森中店(東京都大田区)、扇大橋駅前店(東京都足立区)の4店舗を出店する予定である。また、既存店の改装も関目店、北野田店、学園前店、市川国分店など6店舗を改装しており、これらに加え、ポイントカードの導入等が寄与し、営業収益は104.5%となった。特に、既存店の売上も101.9%と増加しており、これが増益にも貢献したといえよう。ちなみに、ライフコーポレーションの部門別の売上構成比と粗利率であるが、衣料品(7.8%、37.3%)、生活関連用品(9.3%、26.8%)と約17%が非食品であるが、食品部門は、農産(12.1%、20.4%)、水産(8.3%、28.2%)、畜産(8.6%、25.7%)、惣菜(9.4%、38.3%)、加工・日配(41.4%、23.2%)であり、惣菜が農産についで売上構成比が高く、粗利はNo.1部門である。

   上記に見るように、営業面ではライフコーポレーションは確実に数字が改善しており、今後はいかに財務面の改善につなげてゆくかが課題といえよう。その財務面の資産の状況であるが、特に最大の資産である出店にかかわる資産である建物は356.00億円(昨年368.13億円)、土地237.62億円(昨年225.16億円)、差入保証金377.87億円(昨年408.44億円)と合計971.49億円(昨年1,001.73億円)と約30億円削減されているが、総資産に占める割合は依然として高水準の62.53%であり、全店が196店舗であるので、1店舗当り4.95億円である。これは総資産に占める割合が62.53%であるので、自己資本比率23.5%ではまかないきれない構造となっており、現段階では借入金比率42.5%でまかなっている構造である。したがって、現段階でいっきに成長路線をとるには財務的には無理があるが、現在の好調な収益状況をもとに財務的な改善をはかってゆくことが、当面の経営における最優先課題といえよう。

   このように、この中間決算のライフコーポレーションの決算結果を見ると、経営改革が順調に進み始めたといえ、いっきに高成長をはかることは現段階では財務的に厳しい面はあるが、15の改革を着実にすすめたことにより、収益性が増しており、財務状況も好転しつつあるといえる。今後、数年では難しいといえるが、5年、10年のスパン見ると財務も確実に健全化してゆくことが予想される。ライフコーポレーションが現在策定している次の中期3ケ年計画がどのような内容になるか注目である。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
Mixi(ミクシィ)に食品スーパーマーケット最新情報のコミュニティを創設!(現在245人)
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!スタート(現在888人)
PI研厳選!オリジナルe-book、CD 発売!

« 食品スーパーマーケット、大型店のレイアウトを考えて見る! | Main | 日経MJ、新製品週間ランキング、菓子を徹底して見る! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

« 食品スーパーマーケット、大型店のレイアウトを考えて見る! | Main | 日経MJ、新製品週間ランキング、菓子を徹底して見る! »