« 日経MJ、新製品週間ランキング、3/21、客単価1,672円、登場! | Main | 食品スーパーマーケット、売上速報200802、好調107.5%! »

March 23, 2008

食品スーパーマーケット株価速報、3/21、短期トレンドを見る!

   ここ数週間、全体の株価が低迷し続けており、食品スーパーマーケットの株価も厳しい状況が続いていた。ただ、ここ数日は少し株価が戻りつつあり、3/21の日経平均は12,482.57円(+222.13 円、+1.81%)と上昇し、食品スーパーマーケットの株価も上昇気味で推移した。そこで、今週は、短期トレンドの5日移動平均乖離率をもとに食品スーパーマーケット上場企業の株価の推移を見てみたい。

   まず、5日移動平均で5%以上、上昇している食品スーパーマーケットを見ると、No.1はオークワであり、8.60%である。ついで、No.2がサンエー5.61%、No.3が平和堂5.03%でこの3社が5日移動平均で5%以上の食品スーパーマーケットである。ちなみに小売業全約400社の中では、オークワ27位、サンエー62位、平和堂が74位でるので、食品スーパーマーケットの株価は短期トレンドでも全体的には厳しい状況にあるといえよう。

   そのオークワの5日以外の25日、13週、26週の移動平均を見ると6.01%、-2.57%、-8.26%であり、長期トレンドでは厳しい状況にあるが、短期ではまさに上昇気味で推移しているといえる。実際チャートを見てみると、昨年12月は1,600円前後で推移していた株価が、その後、下がりはじめ、3/5には年初来最安値となる1,064円まで下がった。したがって、そこまでは、25週移動平均が-8.26%という数字が示すごとく厳しい状況であったが、その後、株価は反転し、右上がりに上昇しはじめ、3/21現在、1,285円(+60円、+4.89%)となり、5日移動で見ると、8.60%と食品スーパーマーケット上場約50社の中でNo.1の上昇トレンドとなっている。

   5日移動平均5.61%とNo.2のサンエーも25日、13週、25週の移動平均を見ると、0.59%、-7.49%、-16.58%と13週、26週の中長期トレンドは厳しいものがあり、ここ最近、株価が好転した動きを示している。実際、チャートを見てみると、オークワによく似た動きとなっており、昨年12月は3,600円前後で高値で推移していたが、その後、株価は下落し、3/10には年初来最安値となる2,285円まで下がった。ただ、ここを境に、株価は反転し、3/21現在2,690円(+70円、+2.67%)となり、5日移動平均では5.61%となっている。

   そして、No.3の5日移動平均5.03%の平和堂であるが、25日、13週、26週の移動平均を見ると、やはり、-3.59%、-11.69%、-17.15%と中長期的には厳しい株価となっている。実際、チャートを見てみると、3/21現在1,502円(+56円、+3.87%)と上昇しているが、昨年12月の株価は2,000円を超えており、段階的に株価が下落しており、厳しい状況が続き、つい最近の3/17には年初来最安値となる1,311円をつけている。その後、反発し、5日移動平均が5.03%となったのは、まさにこの数日の株価上昇による。

   以上が、5日移動平均で見た短期トレンドの食品スーパーマーケット約50社の上場企業の中のベスト3であり、5%以上上昇した株価であるが、ここで、短期だけなく、中長期もバランスよく株価が上昇している食品スーパーマーケットを見てみたい。今週、5日移動平均も比較的高く、25日、13週、26週すべてのトレンドがプラスで動いている株価はマルエツ、いなげやの2社のみである。この2社の5日、25日、13週、26週の移動平均を見てみると、マルエツは2.95%、2.82%、5.94%、11.30%ときれいなプラストレンドであり、いなげやは、1.20%、1.31%、1.31%、1.76%と大きな伸びはないが、すべてがプラスで推移している。残念ながら、3/21の食品スーパーマーケットではこの2社のみがプラストレンドの株価である。

   そのマルエツであるが、実際のチャートを見ると、3/21現在837円(+21円、+2.57%)とまだ株価そのものは低いが、昨年12月は一時700円を切った株価がこの3月まできれいな右上がりの上昇を続け、2/25には年初来最高値となる891円まで上昇した。その後、株価は一時740円付近まで下がるが、また反転し、ほぼ、右上がりで推移しており、全体として見れば、短中長期ともに株価は右上がりに推移しているといえ、現時点での食品スーパーマーケットとしては最も注目の株価であろう。

   いなげやもすべてのトレンドがプラスに動いているが、5日1.20%、25日1.31%、13週1.31%、26週1.76%と1.0%強の伸び率であり、プラスではあるが、伸び率は低い状況である。実際、チャートを見ても3/21現在925円 (+11円、+1.20%)であるが、昨年12月も910円前後であり、その後も時々、上下に激しく動くこともあるが、全体的には横ばいで推移しているトレンドである。

   以上が上昇トレンドの食品スーパーマーケットであるが、逆に、株価が5日移動平均でマイナスとなった食品スーパーマーケットは、北雄ラッキー-6.59%、マックスバリュ東海-2.96%、ダイイチ-2.61%、マックスバリュ東北-2.51%、ハローズ-2.47%、九九プラス-2.09%、天満屋ストア-1.99%、カウボー-1.75%、マックスバリュ中部-1.60%、丸久-1.55%等である。

   このように、3/21は休み明けであり、休み前という特殊な日であったが、日経平均も上昇気味で推移し、食品スーパーマーケットの株価も比較的上昇した相場となった。ただ、いま見てきたように、短期トレンドではそれなりに上昇した食品スーパーマーケットの株もあったが、中長期的に上昇している株はほんのわずかであり、厳しい株価が続いているといえよう。そろそろ、2008年2月期の決算発表が近づいているが、それを受けて株価がどのような動きを示すかに、来週以降も注目したい。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
Mixi(ミクシィ)に食品スーパーマーケット最新情報のコミュニティを創設!(現在355人)
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!スタート(現在1090人)
PI研厳選!オリジナルe-book、CD 発売!

March 23, 2008 in 経済・政治・国際 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 食品スーパーマーケット株価速報、3/21、短期トレンドを見る!:

Comments

Post a comment