« マックスバリュ北海道、2008年1月期決算(10ケ月)公表! | Main | 食品スーパーマーケット株価速報、3/21、短期トレンドを見る! »

March 22, 2008

日経MJ、新製品週間ランキング、3/21、客単価1,672円、登場!

   値上げ商品のラッシュである。日経MJ、新製品週間ランキング、その他商品を中心に値上げ商品、値上げ対策商品が好調に推移している。今週は特に、過去、恐らく最高ではないかと思うが、客単価1,672円という驚異的な新製品が登場した。明治乳業、ブルガリアヨーグルトLB81 500gである。カバー率も100%と対象45チェーン、250店舗すべての店舗に導入されてのこの数字であり、驚異的な客単価である。もちろん、今週の全新製品No.1である。No.2にも明治乳業のやはりカバー率100%でプロビオヨーグルトLG21 120gが客単価704円で入っており、この2品が象徴するように、値上げ商品が好調に推移している。

   この2品以外にもその他商品には値上げ商品が上位を占めており、その他商品No.3に雪印乳業のネオソフト400g、客単価490円、カバー率90.8%、No.4に明治乳業、ブルガリアヨーグルトLB81そのままでプレーン500g、客単価483円、カバー率92.0%、No.5に明治乳業、北海道十勝ヨーグルト90g×4、客単価441円、カバー率90.0%とべスト5はすべて値上げ商品であった。

   また、その他商品には値上げ関連の新製品として、日清食品からカップヌードル、カップ麺関連の新製品がオンパレードとなっている。No.6にカップヌードル四川風担々麺、客単価420円、No.13にスープヌードル59g、客単価293円、No.15にスープヌードルシーフード、客単価278円、そして、これ以外にもどん兵衛シリーズが3品ランクインしており、いずれも客単価Cクラス、200円以上と好調な数字である。数字で見る限り、値上げ商品、値上げ関連商品は好調なスタートを切っているといえよう。

   また、今週は、飲料も好調であり、客単価Aクラスの500円を超えた新製品が2品登場している。No.1の日本コカ・コーラ、アクエリアス2L、客単価639円、カバー率96.8%、明治乳業、ラブ1000ml、客単価507円、カバー率86.8%である。特に、アクエリアスはNo.8にも500mlが客単価326円、カバー率94.8%で入っており、好調である。これ以外にも、No.3に明治乳業、プロビオヨーグルトLG21ドリンクタイプ120ml、客単価484円、カバー率99.2%、No.4にキリンビバレッジ、生茶500mlペットボトル、客単価443円、カバー率89.2%、同じくNo.5にキリンビバレッジ、生茶2L、客単価412円、カバー率90.0%が入るなど、飲料も今週は注目である。特に、飲料は今回のように2Lと500mlが同時に発売されるが、どちらの客単価が高くなるかは商品によって違い、アクエリアスは2Lが、生茶は500mlが上位に来ており、注意が必要である。

   これ以外の部門でも今週は動きがあり、菓子部門ではちょうど今週の集計がホワイトデーと絡んだ関係で、チョコレートがバレンタインデー以来異変が起こっている。ただ、バレンタインデーほど客単価は高くはないが、通常はランキングインしないチョコレートが上位を独占した。No.1はメリーチョコレートカムパニー、アソーテッドクッキー、29枚、客単価332円、平均単価1,999円、カバー率25.2%であり、この新製品はNo.4にも20枚が客単価316円、平均単価1,497円、カバー率32.0%で入った。No.2は帝国ホテル、スティックチョコレート10本、客単価320円、平均単価997円、カバー率17.6%、No.3はマッシィロマン、チョコマシュマロ8個、客単価318円、平均単価245円、カバー率42.8%、そして、No.5にはモロゾフ、チェリーブリーズ9個入、客単価269円、カバー率20.4%が入り、いずれも通常はランキングに入りにくい新製品であり、まさに、ホワイトデー効果といえよう。

   さらに冷凍食品部門でも今週は動きがあり、No.1、No.2にハーゲンダッツジャパンの新製品が客単価Cクラスの200円以上で初登場でランクインした。No.1がミニカップホワイトピーチ(白桃)120ml、客単価282円、カバー率61.6%、No.2がミニカップカシス&オレンジ120ml、客単価239円、カバー率61.6%である。No.3にもアイスクリームが入り、江崎グリコ、Newジャイアントコーン<チョコナッツ>・<クッキー&チョコ>・<クッキー&バニラ>140ml、客単価191円、カバー率73.6%で入った。

   そして、最後に家庭用品であるが、ほぼ先週と同じ順位であり、No.1はマックスファクター、SK-Ⅱホワイトニングソースダーム・デフィニション50ml、客単価454円、カバー率15.6%、No.2に花王、ソフィーナアルブラン薬用ホワイトクリエイトエッセンス40g、客単価231円、カバー率20.4%であり、平均単価が13,184円、9,507円と高額商品が上位を占めているのが特徴である。

   このように、今週の新製品は本格的な値上げがはじまり、それに関連する新製品が好調に推移している状況が鮮明であり、当面、この傾向が続くものと思う。食品スーパーマーケットにとっては、この一連の値上げが消費者の買い控えにつながるか、それとも、この価格を受け入れてもらえるか読めない中での新製品の導入であるが、この数字を見る限りでは、値上げ関連の新製品がよく動いているようであり、受け入れられつつあるように思える。ただ、まだ始まったばかりであり、今後の動向を慎重に見極めてゆく必要があろう。来週以降の新製品の動きにも注目である。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
Mixi(ミクシィ)に食品スーパーマーケット最新情報のコミュニティを創設!(現在355人)
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!スタート(現在1090人)
PI研厳選!オリジナルe-book、CD 発売!

March 22, 2008 in 経済・政治・国際 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日経MJ、新製品週間ランキング、3/21、客単価1,672円、登場!:

Comments

Post a comment