« 食品スーパーマーケット、第1四半期決算はじまる! | Main | ユニバース、2008年4月度決算、増収増益、105.8%! »

June 26, 2008

日経MJで、第41回、小売業07年度ランキングを公表!

   日経MJ、6/25号で小売業07年度ランキング、第41回が公表された。この調査は毎年この時期に公表されるが、全小売業の売上ランキングベスト500社の売上高、経常利益、当期利益の金額と昨対がアンケート調査により集計され、公表される。そのベスト100社を見てみると、食品スーパーマーケットは約30社強がランクインしており、しかも、増収増益が大半であり、好調な数字となっている。売上規模では上位を独占しているGMS、百貨店は減収、減益が目立ち、厳しい結果であった。また、ヤマダ電機をはじめ、専門店は好調であり、小売業界も今期は明暗がわかれる結果となった。

   小売業界No.1はセブン&アイホールディングスであり、5兆7,523億円(107.8%)、経常利益2,782.62億円(98.7%)であった。No.2のイオンが5兆1,673億円(107.1%)、経常利益1,663.26億円(88.3%)であるので、トップ2が増収減益となる厳しい数字であった。No.3がヤマダ電機であるが、1兆7,678億円(122.5%)、経常利益816.52億円(113.8%)であるので、小売業は依然として、2強が独走しており、売上においても、経常利益においても断トツの数字である。

   ただ、No.3のヤマダ電機が増収増益の好決算であり、専門店の強さが明確になった結果であるといえよう。家電については、No.12にヨドバシカメラが7,121.87億円(110.2%)、経常利益400.99億円(105.2%)、No.13にケーズホールデディングス5,677.76億円(131.7%)、経常利益164.09億円(118.0%)、そして、No.14にビックカメラ5,422.94億円(112.9%)、経常利益174.48億円(137.1%)といずれも増収増益の好決算であり、ヤマダ電機の一人勝ちでではなく、すべての家電が良いという結果となった。

   このような中で食品スーパーマーケット業界でNo.1となったのはNo.19に入ったイズミであり、4,706.98億円(105.3%)、経常利益247.63億円(102.6%)であった。No.2は、No.20となったライフコーポレーションであり、4,396.06億円(105.0%)、経常利益97.43億円(117.9%)、そして、No.3が平和堂であり、全体ではNo.21であるが、4,209.97億円(102.0%)、経常利益139.51億円(103.5%)であった。以上が、食品スーパーマーケット業界で年商4,000億円を超えた企業であり、いずれも増収増益と好決算であった。小売業でベスト10に入るにはやはり、年商1兆円が基準といえ、食品スーパーマーケット業界もこれからM&Aが加速されると、近々に1兆円企業が誕生してもおかしくはないといえよう。現在は、まず、5,000億円がひとつの山といえ、イズミが早ければ来年、年商5,000億円を超える可能性が高くなったといえよう。

   この3社についで、年商3,000億円を超えた食品スーパーマーケットを見てみたい。No.26に入ったイズミヤであり、3,810.66億円(100.6%)、経常利益55.51億円(83.0%)、No.29のマルエツ3,355.43億円(102.6%)、経常利益69.31億円(124.7%)、No.30のヨークベニマル3,301.45億円(105.2%)、経常利益125.25億円(111.2%)、No.31のフジ3,214.18億円(98.3%)、経常利益45.96億円(95.3%)、No.33のバロー3,180.26億円(110.4%)、経常利益108.35億円(108.7%)、No.35の東急ストア3,102.53億円(101.2%)、経常利益56.38億円(95.0%)の6社である。いずれも、各地区の雄であり、地域の食生活をしっかりささえている食品スーパーマーケットであるといえる。

   これについで、年商2,000億円以上の食品スーパーマーケットを見てみると以下となる。No.43のベイシア2,566.75億円(106.3%)、経常利益93.14億円(106.2%)、No.44のオークワ2,513.51億円(102.9%)、経常利益80.84億円(112.6%)、No.46のアークス2,414.55億円(105.1%)、経常利益88.82億円(109.5%)、No.48のいなげや2,271.75億円(103.2%)、経常利益42.18億円(106.3%)、No.49のサミット2,259.45億円(105.0%)、経常利益52.33億円(110.8%)、No.51の万代2,190.16億円、経常利益63.27億円、No.56のカスミ2,028.29億円(107.3%)、経常利益67.32億円(116.7%)、No.57のヤオコー2,022.53億円(107.4%)、経常利益78.03億円(112.3%)であり、全部で8社である。この8社はすべてが増収増益であり、食品スーパーマーケットの好調さを表しているといえよう。

   また、ベスト100位に入った食品スーパーマーケットの売上のみを見てみると、ヤオコーと同じNo.57にマックスバリュ西日本1,959.38億円(106.8%)、No.59にマルナカ1,931.04億円(101.3%)、No.69にオーケー1,682.60億円(115.7%)、No.70にサンリブ1,680.90億円(98.7%)、No.75にトライアルカンパニー1,514.29億円(115.6%)、No.77にCFSコーポレーション1,456.31億円(102.4%)、同じく、ユーストア1,453.82億円(97.8%)、No.83にタイヨー1,305.65億円(99.4%)、No.84にサンエー1,276.24億円(105.0%)、No.85に三陽マルナカ1,271.67億円(103.3%)、No.88にエコス1,230.15億円(104.5%)、No.89に九九プラス1,229.97億円(98.8%)、No.91にオリンピック1,177.47億円(99.4%)、No.92にマックスバリュ東海1,161.61億円(108.8%)、No.96にヤマナカ1120.48億円(101.6%)、そして、No.97に原信ナルスホールディングス1,115.37億円(106.9%)と全部で16社である。

   このように食品スーパーマーケットはベスト100位以内に全部で33社が入った。全体として見れば、小売業で1兆円を達成すれば、ベスト10であり、5,000億円でベスト20、2,000億円でベスト50、そして、1,000億円でちょうどベスト100という構造となっているといえる。その中で、食品スーパーマーケットも5,000億円まではほぼ到達したといえ、いよいよ年商1兆円、ベスト10入りを目指す時が近づいてきたように感じる。現在、経営環境が激変する中で、今後どのような経営戦略を打ち出すか、これら優良食品スーパーマーケットの動向に注目したい。

まぐまぐ、プレミアムスタート、コンサルティング、現場からのレポート執筆中!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!スタート(現在1152人)
Mixi(ミクシィ)に食品スーパーマーケット最新情報のコミュニティを創設!(現在425人)

« 食品スーパーマーケット、第1四半期決算はじまる! | Main | ユニバース、2008年4月度決算、増収増益、105.8%! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日経MJで、第41回、小売業07年度ランキングを公表!:

« 食品スーパーマーケット、第1四半期決算はじまる! | Main | ユニバース、2008年4月度決算、増収増益、105.8%! »