« 日経MJ、新製品ランキング、10/3、飲料失速! | Main | 平和堂、2009年2月期中間、減収減益、大型店減収! »

October 05, 2008

食品スーパーマーケット今週の株価、10/3、厳しい状況!

   10/3、アメリカで懸案の金融救済法案が下院で可決され、ブッシュ大統領がサインをし、総額約75兆円の金融機関救済の債権買い取りがはじまった。ただ、これはサブプラムローン問題を解決する第1歩であるといえ、今後、債権買取価格の問題、時価会計の一時棚上げの問題、そして、本命といわれている金融機関への資本注入の問題等が残っており、本格的な金融危機の対処は次期政権に委ねられたといえよう。これで金融危機が収束するということではなく、一時的な小康状態となったにすぎず、依然として、アメリカの金融危機は続いているといえる。当然、日本への影響もじわじわと出始めており、今後、食品スーパーマーケットとしても、財務的には借入の返済、新規借り入れをはじめ資金調達の困難、そして、消費減退が予測される状況であり、成長戦略の見直し、既存店の活性化、経費削減が当面の重点政策となろう。このような中で、今週、10/3時点の食品スーパーマーケット業界の株価の動向を見てみたい。

   株価の動向を短期的に見る指標の一つとしては、移動平均乖離率という指標がある。5日、25日、13週、26週とあり、今回は、ここ最近の動向を見るために、5日移動平均乖離率を中心に見てみたい。今週、5日移動平均乖離率で最も低くなった食品スーパーマーケットはオオゼキであった。まず、数字であるが、オオゼキ2,305円(5日-14.18%、25日-20.54%、13週-20.10%、26週-20.13%)という状況であり、すべての段階でマイナスとなる下げとなった。これは、アメリカのサブプラムローン問題の影響もあるとは思うが、それ以上に、不正経理の問題が発覚し、結果、予定されていた中間決算の公表が遅れるという状況となり、10/3、前日2,700円の株価が10/4、2303円となる397円(-14.7%)の下げとなる大幅なダウンとなったことが大きかった。今後、業績にどのくらい影響がでるかが不透明な状況といえ、当面、不安定な株価が続くといえよう。

   これについで、5%以上、5日移動平均が下がった食品スーパーマーケットは、平和堂1,355円(-8.38%、-15.62%、-16.35%、-17.37%)、ダイイチ540円(-7.05%、-17.68%、-19.28%、-19.64%)、北雄ラッキー420円(-5.40%、-3.22%、-4.97%、-4.54%)、スーパーバリュー675円(-5.19%、-9.27%、-20.30%、-28.64%)の4社である。この中でも、平和堂は10/2に中間決算が公表されたが、減収減益の厳しい決算となったため10/3株価は急落、前日比147円ダウン(-7.5%)となり、1,355円となった。チャートを見ても9月中旬までは1,650円前後で推移していただけに、この日を含め、ここ数日のダウンは急激であり、今後、どこで落ち着くか読めない状況である。また、スーパーバリューもここ数ケ月ほぼ右下がりで株価は急落しており、7月には1,100円であった株価が10/3現在675円 (-45円、-6.25%)という状況であり、約40%近い株価ダウンであり、厳しい状況である。

    この5社以外で5日移動平均が1%以上下がった食品スーパーマーケットを見てみると、マックスバリュ東北630円(-3.37%、-8.56%、-11.64%、-12.25%)、バロー787円(-3.19%、-10.46%、-15.64%、-21.53%)、マルヤ140円(-2.77%、-7.89%、-12.50%、-16.66%)、オークワ1,589円(-2.69%、-4.16%、-5.24%、0.00%)、アークス1,258円(-2.17%、-11.09%、-13.18%、-12.15%)、カスミ578円(-1.70%、-7.52%、-10.38%、-9.54%)フジ1,632円(-1.68%、-3.65%、-7.74%、-8.52%)、オキスーパー850円(-1.62%、-1.84%、-3.18%、-2.74%)、マックスバリュ西日本1,402円(-1.61%、-3.44%、-3.97%、1.52%)、PLANT 265円(-1.48%、-7.98%、-12.25%、-15.60%)、マミーマート1,220円(-1.37%、-2.55%、-2.86%、-0.81%)であり、全部で16社である。

   これに対し、この厳しい経済情勢の中でも株価を上げている食品スーパーマーケットがある。5日移動平均では、ライフコーポレーション1,780円 (3.06%、4.15%、6.33%、10.97%)が断トツの数字であり、2位以下は1%台となるので、3.06%は、ずば抜けた上昇といえよう。実際チャートを見てもここ数ケ月間、ほぼ右上がりの株価となっており、移動平均のすべての段階でプラスとなり、今後、期待がもてる株価といえよう。特に、9/19に公表された業績予想でもこの中間、そして通期ともに、好業績となる予想が好感されているといえよう。

   以下、1%以上、5日移動平均が上昇している食品スーパーマーケットであるが、アークランドサカモト1,008円(1.92%、-6.23%、-10.08%、-10.24%)、大黒天物産1,200円(1.78%、1.69%、14.06%、33.92%)、イオン北海道299円(1.70%、2.74%、-4.47%、-8.56%)、マルエツ720円(1.69%、-14.28%、-19.55%、-16.85%)、天満屋ストア858円(1.65%、-1.49%、-3.91%、-2.27%)、ハローズ675円(1.50%、-1.17%、-1.31%、-0.29%)
ヤオコー3490円(1.45%、-1.32%、-1.69%、5.27%)、関西スーパー829円(1.34%、0.97%、2.09%、5.47%)、マルヨシセンター309円(1.31%、-0.96%、-1.59%、-3.73%)と全部で9社である。

   このように、アメリカのサブプライムローンの問題もようやく第1段階の解決策が動き始めたといえるが、まだまだ道半ばといえよう。日本への影響はこれからじわじわとくるものと思えるが、ここ最近の食品スーパーマーケットの株価は全体としては厳しい状況といえよう。ただ、ちょうど、各社から中間決算が公表されはじめたが、業績が好調な食品スーパーマーケットの株価は値上がりしはじめており、今後、中間決算の動向次第では、食品スーパーマーケット業界の株価も大きく動くものといえよう。来週以降も食品スーパーマーケットはもちろん、株価の動向には注目といえよう。

まぐまぐ、プレミアムスタート、コンサルティング、現場からのレポート執筆中!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!スタート(現在1235人)
Mixi(ミクシィ)に食品スーパーマーケット最新情報のコミュニティを創設!(現在505人)

« 日経MJ、新製品ランキング、10/3、飲料失速! | Main | 平和堂、2009年2月期中間、減収減益、大型店減収! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 食品スーパーマーケット今週の株価、10/3、厳しい状況!:

« 日経MJ、新製品ランキング、10/3、飲料失速! | Main | 平和堂、2009年2月期中間、減収減益、大型店減収! »