« ウォルマート、売上速報2008年9月度、売上失速! | Main | レシート3枚でわかるID分析とレシート分析の違い! »

October 14, 2008

マックスバリュ東海、西日本、2008年2月期中間、好調!

   10/8、イオンの2008年2月期の中間決算の公表と同時に、子会社のマックスバリュ東海、西日本の中間決算が公表された。マックスバリュ東海は、売上高613.49億円(109.5%)、営業利益21.45億円(85.7%:売上対比3.49%)、経常利益21.91億円(93.9%:売上対比3.57%)、当期純利益10.05億円(77.7%:売上対比1.63%)と増収減益となった。減益となった要因に関しては8/1に静岡県浜松市を中心に食品スーパーマーケット展開するシーズンセレクトの株式を取得したため、そのための経費が一時的にかさんだためである。したがって、通期予想では、売上高1,270.00億円(111.6%)、営業利益54.00億円(111.8%:売上対比4.25%)、経常利益54.00億円(109.2%:売上対比4.25%)、当期純利益28.00億円(110.8%:売上対比2.20%)とほぼ2桁の増収増益を予想しており、この中間期の決算も実質増収増益の好決算であったといえよう。
   
   一方、マックスバリュ西日本であるが、営業収益1,050.08億円(110.4%)、営業利益37.99億円(108.5%:営業収益比3.61%)、経常利益39.62億円(108.2%:営業収益比3.77%)、当期純利益20.40億円(105.8%:営業収益比1.94%)と増収増益の好決算であった。通期予想も、営業収益2,150.00億円(109.7%)、営業利益83.00億円(108.2%:営業収益比3.86%)、経常利益85.00億円(106.9%:営業収益比3.95%)、当期純利益41.00億円(106.1%:営業収益比1.90%)と増収増益を予想しており、絶好調である。
   
   この好調な要因は、双方とも成長戦略が明確であることにある。マックスバリュ東海は新店こそ、石和店(6月山梨県)、山梨中央店(6月山梨県)、マックスバリュ韮崎店(6月山梨県)、の3店舗であったが、8/1にはシーズンセレクト14店舗を加え、店舗数は77店舗(静岡県61店舗、神奈川県8店舗、山梨県6店舗及び愛知県2店舗)となった。それ以前にも東海マートを吸収合併しており、新店開発からM&Aによる成長戦略に舵を切ったといえよう。

   これに対して、マックスバリュ西日本は、8店舗(防府東店・須磨海浜公園駅前店・ロックタウン周南店・大久保店・イオンタウン水島店・社店・熊見店・龍野店)の新店(設投資額64.87億円)をすべて自己資金でまかない、結果、総店舗数は140店舗となるなど、新店開発が積極的である。また、この中間決算では、6 月にザ・ビッグロックタウン周南店を13年ぶりにザ・ビックを新規出店しており、今後はこの業態に力を入れていくとのことである。マックスバリュ西日本のザ・ビックは140店舗中14店舗であるが、売上構成比は約20%であり、ほぼ通常の食品スーパーマーケット2店舗分の売上規模であるだけに、この業態への経営資源のシフトはより、成長性をもたらすものといえよう。
   
   ちなみに、両食品スーパーマーケットの自己資本比率であるが、マックススバリュ東海は64.9%(昨対70.1%)、マックスバリュ西日本は43.6%(47.3%)とどちらも昨年より下がっていることが気になるが、特にマックスバリュ東海は抜群の数字であり、成長性が期待できる内容である。さらに、両企業のキャッシュフローの流れを見てみると、マックスバリュ東海は、営業キャッシュフロー(47.40億円)、投資キャッシュフロー(-33.31億円)、財務キャッシュフロー(-15.36億円)、資金(-1.27億円)と投資キャッシュフローを営業キャッシュフローの範囲内で実施しており、財務キャッシュフローもマイナスと順流である。また、マックスバリュ西日本も営業キャッシュフロー(46.22億円)、投資キャッシュフロー(-43.16億円)、財務キャッシュフロー(-9.27億円)、資金(-6.21億円)同様に投資キャッシュフローを営業キャッシュフローの範囲内で行い、財務キャッシュフローもマイナスと順流である。どちらも、成長戦略のM&A、積極出店を順流のキャッシュフローで行っており、無理のない資金の活用といえよう。イオン本体が逆流のキャッシュフローであるのと対照的な財務状況である。
   
   そこで、この2社の中間決算の状況を投資家はどう判断したかを見てみたい。マックスバリュ東海については、この中間決算の公表のあった10/8以降も株価は下げており、まさに10/8、上場以来安値の1,000円を付け、厳しい状況である。一方、マックスバリュ西日本であるが、やはり、10/8以降も株価は下がり、現在1,200円前後で株価は推移している。ここ最近の未曾有の日経平均の株価の下落もあるとはいえ、現段階では、どちらの銘柄も投資家は売りと判断したようである。ちなみに、他のマックスバリュグループの株価を見てみると、マックスバリュ東北も10/10、上場以来最安値の499円をつけ、マックスバリュ中部も10/10年初来最安値700円をつけ、マックスバリュ北海道は10/9、年初来最安値の1,640円をつけ、苦戦している。イオン本体を含め、今後、株価対策も課題といえ、キャフローを新店開発だけでなく、自社株買い等へも活用してゆくことが課題となろう。
   
   このように、2008年2月期のマックスバリュ東海と西日本の中間決算が10/8、同時に公開され、内容を見てみたが、どちらも好決算といえ、特に、双方、積極的な成長戦略を明確に打ち出しており、しかも、キャッシュフローの範囲内での無理のない成長戦略であるといえる。株価は現在異常心理で動いているので、下げに転じているが、財務内容、成長戦略等、極めて健全であり、今後のさらなる成長が期待できるといえよう。両食品スーパーマーケットの今後の動向に注目といえよう。

まぐまぐ、プレミアムスタート、コンサルティング、現場からのレポート執筆中!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ!スタート(現在1238人)
Mixi(ミクシィ)に食品スーパーマーケット最新情報のコミュニティを創設!(現在505人)

October 14, 2008 in 経済・政治・国際 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference マックスバリュ東海、西日本、2008年2月期中間、好調!:

Comments

Post a comment