« 日経MJ新製品週間ランキング、12/26、厳しい数字! | Main | 年末商戦のちらしを見る! »

December 29, 2008

オーケー、2009年3月期中間決算、大幅増収増益!

    注目のオーケーが12/18、2009年3月期の中間決算を公表した。売上高934.60億円(114.2%)、営業利益46.23億円(131.3%:売上対比4.94%)、経常利益47.38億円(132.9%:売上対比5.06%)、当期純利益27.45億円(133.3%:売上対比2.93%)と大幅な増収増益となった。特に、利益はいずれの段階でも130%以上という増益であり、好調な中間決算結果であった。この結果について、オーケー自身は不満であるとのことで、特に、売上が114.2%では低調であるとコメントしている。また、経常利益が5.06%となったが、これは、逆に自力以上の数字であるとコメントしている。

   その理由は、売上高は本来、新店がもっと多く出店できる予定であったが、今期は町田森野店(7月)、相模原店(7月)の2店舗のみであり、新店が少なかったからであるという。また、経常利益については、新店が少なくなったことにより、経常総経費率が下がり、利益がかさ上げされたとのことである。ただ、売上高114.2%は食品スーパーマーケット業界の中でもトップクラスであり、十分成長性が高いといえよう。

   オーケーはかねてから、スローガンとして、「借入無しで年率30%成長を達成する」を掲げており、その意味で114.2%は130%までにはまだ差があるものといえ、このようなコメントになったものと思われる。また、一方の借入無しについては、今期、短期借入金、社債等が139.9億円、長期借入金、社債等が12.2億円の合計152.1億円であり、これは総資産の23.2%とまだまだ多く、これが結果的に自己資本比率が31.4%と低い要因である。この自己資本比率31.4%は確かに低い数字といえるが、昨年は28.8%であり、数字は若干改善された。オーケーも自己資本の増強には昨年から、積極的に取り組み始めており、今期も昨年同様、2008種類株式を51.56万株発行しており、15.85億円の資金調達を行っている。ちなみに2007種類株式は27.13億円であり、今期の方が金額はやや少なかったが、昨年と合わせ、42.98億円の自己資本の調達であり、若干ではあるが、自己資本比率の向上にはつながったといえよう。ただ、自己資本比率を優良食品スーパーマーケット並みの50%以上に引きあげるには、100億円単位の資金調達が必要であり、今後、財務戦略の改革も経営課題のひとつといえよう。

   では、キャッシュフローが回らないのかというと、この中間決算の状況を見ると、営業キャッシュフローは62.69億円と昨年の45.55億円と比べ20億円弱増加している。これは、まさに、増収増益、特に、営業、経常、そして、当期純利益が130%を超える大幅な増益となったためであり、しかも、経常利益が5%を超えるという高収益となったためである。したがって、投資キャッシュフローも新店投資等へ昨年よりも増加させており、今期は49.17億円と昨年の33.53億円と比べ15億円以上行っており、結果、フリーキャッシュフローは13.52億円となり、営業キャッシュフローの範囲内で、投資キャッシュフローを賄う順流のキャッシュフローとなった。そこで、財務キャッシュフローであるが、何と22.09億円の増加となった。これは、今期、自己株式の処分による収入が21.15億円であったことが大きい。ただ、一方で、短期借入金が13.5億円増加し、長短期借入金の返済が7億円弱しか進んでいない点が気になるところではある。結果、トータルの資金は35.60億円のプラスとなり、現金及び現金同等物は昨年と比べ、今回の分が加わり、70億円弱も増加し、194.37億円となった。

   そこで、オーケーの出店余力であるが、自己資本比率は31.4%であり、先に見たように負債の主要項目である長短借入金が152.1億円と総資産の23.2%ある。一方、出店にかかわる資産である建物、土地、敷金及び差入保証金の合計は362.64億円(昨年334.60億円)であり、これは総資産の62.9%となる。当然、自己資本比率31.4%では賄えず、負債に大きく依存した出店構造となっている状況である。長短借入金等の合計の23.2%を足しても54.6%であり、さらに、10%弱の負債依存度であり、出店余力=自己資本比率-出店にかかわる資産とすると-31.5%となり、財務的には、負債に大きく依存する、かなり厳しい出店構造であるといえよう。今後、オーケーが安定成長、特に、スローガンに掲げている「借入無しで年率30%成長を達成する」を実現するには、一層の自己資本比率の改善が急務といえよう。

   ところで、オーケーの強さはどこにあるかであるが、何といっても経費比率の低さにあるといえる。今期は新規出店も抑制されたことにより、何と14.9%となり、昨年の15.3%と比べて、さらに、経費比率を引き下げている。この経費コントロールは食品スーパーマーケットでも極限に近い数字といえ、これがオーケーの経営の強さの源泉といえよう。これに加え、今期は原価も80.1%(昨年80.4%)と0.3ポイント引き下げており、売上総利益は19.9%(昨年19.6%)と大きく改善し、結果、営業利益=マーチャンダイジング力は5.0%(昨年4.3%)と0.7ポイントと大幅な改善ができたことが、昨対130%を超える増益となった要因である。

   このように、オーケーの2009年3月期の中間決算は増収、大幅な増益となる好決算となった。原価および経費も改善し、キャッシュフローも順流となるまさに好決算であったといえよう。ただ、気になるのは、自己資本比率であり、これだけ、好決算であるにもかかわらず、出店余力が大きくマイナスとなっており、今後、いかに借入れを返済し、自己資本比率を高め、出店余力を増してゆけるかが課題といえよう。オーケーの今後の安定成長のためにも、好決算を活かした財務面の改善に期待したい。

有料版プレミアム、リニューアル、今週の内容!   お申し込みはこちら!
週間!食品スーパーマーケット最新情報、まぐまぐ!(現在1250人)  資料集
Mixi(ミクシィ)に食品スーパーマーケット最新情報のコミュニティを創設!(現在530人)

« 日経MJ新製品週間ランキング、12/26、厳しい数字! | Main | 年末商戦のちらしを見る! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference オーケー、2009年3月期中間決算、大幅増収増益!:

« 日経MJ新製品週間ランキング、12/26、厳しい数字! | Main | 年末商戦のちらしを見る! »