« Chain Store Age、5/15号、ガムのPI値分析記事を投稿! | Main | バロー、2009年3月期決算、増収減益、個別も同様! »

May 19, 2009

ヤマザワ、2009年3月期決算、増収減益、厳しい決算!

   ヤマザワが5/13、2009年3月期の決算を公表した。結果は、売上高911.78億円(100.2%)、営業利益22.31億円(87.6%:売上対比2.4%)、経常利益22.68億円(88.2%売上対比2.5%)、当期純利益7.89億円(52.3%:売上対比0.9%)と、増収、大幅な減益となる厳しい決算となった。なお、個別決算も、営業収益808.33億円(100.2%)、営業利益21.12億円(79.3%:営業収益比2.6%)、経常利益21.51億円(79.8%:営業収益比2.7%)、当期純利益9.40億円(64.0%:営業収益比1.2%)であり、同様に大幅な減益であり、今期は厳しい決算となった。ヤマザワは子会社にドラックのヤマザワ薬品、惣菜、日配等の商品供給を行うサンコー食品があるが、連結、個別どちらも厳しい状況であり、特に、今期は食品スーパーマーケットが厳しい状況であったといえよう。

   では、減益となった要因はどこにあったかを、連結決算で見てみたい。まず、原価であるが、71.8%(昨年71.4%)と0.4ポイント上昇している。このひとつの要因は、今期、ヤマザワは販促面に力を入れており、生活応援セール(月間特売)、月のはじめの元気市(イベント)、おどろきのびっくり価格(超特売)、水曜均一セール(均一)、メーカー値上げ対抗の価格凍結に加え、今期からは新たに8の日のヤマザワハッピーDayを実施するなど、販促面が強化された。この中には、メーカーとタイアップし、原価を下げられる企画もあるが、ヤマザワが自ら原価を下げざるをえない企画もあり、これらが原価を圧迫した要因も大きいといえよう。

   また、ヤマザワはポイントカードの活用に積極的であり、すでに、約60万人のIDカードを保有している。店舗数が60店舗であるの、1店舗約1万人のIDとなり、この顧客への特別値引きも大きいといえよう。今期、ポイント費用引当金繰入額は3.65億円(昨年3.38億円:107.9%)と増加しており、売上に占める割合は0.4%であり、原価に直接反映されることはないにしても、間接的に、ポイントカードの顧客がセール品の購入比重が増加すれば、結果として、原価を引き下げる要因となろう。

   一方、経費の方であるが、今期は25.8%(昨年25.3%)と、こちらも0.5ポイント上昇しており、原価と合わせると、0.8ポイントの上昇となった。原価、経費ともに上昇がみられ、ダブルで粗利を引き下げており、結果、売上総利益は28.2%(昨年28.6%)となり、ここから、差し引き、マーチャンダイジング力=営業利益は、2.4%(昨年3.3%)となり、昨年と比べ大幅なダウンとなった。特に経費面では先ほどのポイントカード関連も大きいが、光熱費等の上昇も見られる。

   ちなみに、ヤマザワの今期の単体の部門別の原価を見ると、生鮮食品は過去3年間で最も低い数字であり、結果粗利率は29.4%と高め水準であった。ただ、これ以外のすべの部門の原価上昇がみられ、特に、販促と密接に絡む、売上構成比も高い日配食品、加工食品の原価上昇が大きかったといえよう。

   では、財務面の方であるが、今期の自己資本比率は62.7%(昨年62.4%)と0.3ポイント上昇している。今期は厳しい決算であったにも関わらず、自己資本比率は上昇しており、しかも、60%を超えるという食品スーパーマーケットとしては安定した数字である。その要因を負債面、資産面から見てみると、まず、負債であるが、固定負債が削減されており、特に、長期借入金が昨年は5.0億円であったが、今期は0となり、有利子負債は短期のみに絞られた形である。その短期の有利子負債であるが、20.50億円(17.78億円)と若干増加、長期合計では20.50億円(昨年22.78億円)と削減している。したがって、有利子負債は削減され、総資産397.88億円の5.2%と経営には大きな負担とならない状況となった。

   これに対して、資産面であるが、特に、食品スーパーマーケットにとって、最も重要な出店にかかわる資産、土地、建物、敷金及び保証金の合計であるが、269.21億円(昨年254.58億円:1店舗当たり4.48億円)と、昨年よりも若干増加しているが、総資産に占める割合は67.7%とやや重い状況である。したがって、自己資本比率が62.7%と高いにもかかわらず、差し引き、出店余力は5.0%と、ちょうど、有利子負債5.2%分、負債に依存する出店構造となっているが、ほぼ、自己資本の範囲内での出店が可能な状況といえよう。したがって、マーチャンダイジング力が改善し、営業利益がプラスに転じれば、ほぼ自己資本の範囲内で新規出店が可能財務構造となろう。

   ちなみに、今期のキャッシュフローの投資面を見てみると、出店にかかわる投資といえる有形固定資産の取得による支出は26.80億円(16.39億円)と大きく増加しており、今後、出店を増やしてゆくものと思われる。ただ、来期の通期予想は利益の回復は予想されるもの売上は100.4%であるので、依然として、成長は厳しい状況が続くと思われる。

   このようにヤマザワの今期決算は増収とはなったが、伸び率はわずかであり、しかも、大きく減益となる厳しい決算となった。特に、原価、経費双方の上昇がみられ、ダブルでマーチャンダイジング力を引き下げている。売上が厳しい状況の中で、原価、経費が上昇するという局面にあり、まずは、既存店の活性化が先決であろう。既存店の数字を引き上げる中で、相対的に固定費を削減し、その後、原価の改善に入るということになろうか。いずれにいせよ、来期も厳しい消費環境が予想され、今後、ヤマザワがどのような経営戦略を打ち出すかに注目といえよう。

有料版プレミアム、決算と新MD特集!今週の内容!   お申し込みはこちら!
週間!食品スーパーマーケット最新情報、まぐまぐ  資料集
Mixi(ミクシィ)に食品スーパーマーケット最新情報のコミュニティを創設!

May 19, 2009 in 経済・政治・国際 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ヤマザワ、2009年3月期決算、増収減益、厳しい決算!:

Comments

Post a comment