« 出店余力と出店意欲について | Main | ダイエー、2011年2月期、中間決算、減収、営業増益! »

October 23, 2010

コンビニ売上速報、2010年9月度、異常値!

   2010年9月度のコンビニの売上速報が(社) 日本フランチャイズチェーン協会から10/20、公表された。結果は異常値、すべての指標がプラスとなり、全体の売上高は15.0%、既存店の売上高も12.9%となり、2桁の大幅上昇となった。その要因はもちろん、「たばこの値上げ直前による買いだめ効果」であるといえ、taspoの再来ともいえるたばこ需要が9月、1ケ月間に集中し、これが日本全国、約4万店舗のコンビニの売上高を大きく押し上げた要因である。このたばこの値上げの影響は食品スーパーマーケットにも及んでおり、多くの食品スーパーマーケットでたばこカテゴリーの金額PI値が軒並み大幅に上昇しており、グロサリーの全カテゴリーでNo.1の金額PI値となる食品スーパーマーケットが続出、まさに、たばこ旋風が日本中のコンビニ、そして、食品スーパーマーケットに吹き荒れた9月度であったといえよう。 

   実際、商品構成比および売上高前年同月比を見てみると、この売上速報では大きく4つのカテゴリーに分かれている。日配食品、加工食品、非食品、サービスであるが、この内、たばこが含まれるカテゴリーは非食品である。その非食品の数字を見ると、構成比40.1%(昨対43.9%)と、異常値であり、いかに、この9月度、たばこがコンビニに莫大な売上高をもたらしたかがわかる。これは8月度の非食品の構成比30.1%(昨対-0.5%)と比べて見ると、一目瞭然であり、明らかに異常値である。極論すれば、コンビニはたばこ屋の延長と考える方が良いくらいの数字といえ、日本中のたばこ需要をいっきにコンビニが担っているともいえる。

   実際、たばこの品揃えは食品スーパーマーケットよりもコンビニの方が良いといえ、どんなに小さなコンビニでもたばこは最重点商品となっており、100種類はレジの上に掲げてあるのが通常であり、コンビニを支える商品となっているといえる。では、実際、どのような商品が売れたのかであるが、参考に、食品スーパーマーケットであるが、その商品の一部と金額PI値を見てみてみると、以下のようになる。

   マイルドセブン20本×5(金額PI値1,198.88円)、セブンスター20本×10(1,100.94円)、 マイルドセブン・スーパーライト20本×5(1,098.97円)、セブンスター20本×5(1,098.97円)、マイルドセブン20本×10(892.36円)、マイルドセブン・スーパーライト20本×10(871.12円)、セブンスター20本(853.87円)、マイルドセブン・ライト20本×10(803.66円)、キャスター・マイルド20本×10(797.92円)、マイルドセブンスーパーライト20本(692.92円)、マイルド7プライムSPライトBOX20本×10(546.92円)、PMマールボロウルトラライトKS10P(542.83円)、マイルドセブンライト20本(538.35円)、マイルドセブンワン100SBOX20本×10(520.37円)、チェリー20本×10(514.25円)、キャスターマイルド20本(502.54円)、マイルドセブン20本(500.18円)となる。

   こう見ると、ほぼ、この9月度のたばこは生鮮食品並の商品ボリュームであったことがわかる。食品スーパーマーケットの生鮮食品は金額PI値1,000円(1人当たり1円)が最重点商品であり、ついで500円(1人当たり0.5円)が重点商品であるので、まさに、セブンスター、マイルドセブンはトマト、きゅうり、バナナ、まぐろ、ぶり、こま切れのようなボリューム、金額PI値であり、平台で思い切って、場合によっては対面販売で売っても良かったぐらい金額PI値が高い数字であったことがわかる。

   さて、コンビニの9月度の数字にもどると、売上高は15.0%、既存店も12.9%と大きく伸びたが、その中身、客数、客単価はどうであったかを見てみたい。まず、客数であるが、3.8%の増加であり、既存店も2.1%と伸びているが、微増である。一方、客単価であるが、何と10.8%、既存店も10.6%といずれも2桁の大幅な伸びである。しかも、客単価は2008年11月から、先月、2010年8月までの、ほぼ2年間毎月昨対を割っていたので、約2年ぶりの客単価増、しかも、2桁増であり、明らかに異常値である。したがって、今回のコンビニの売上高の大幅な上昇は客数ではなく、客単価であり、しかも、たばこがまさに客単価増に大きく貢献しての結果であるといえる。

   それにしても、taspoの時もそうであったが、たばこがここまで、コンビニの売上高に影響を与えるとはびっくりである。しかも、日本全体のコンビニに影響を与えた訳であり、いかに、コンビニとたばことの因縁が深いかがわかる。そして、気になるのは、来月、すなわち、10月以降の反動である。Taspo効果の時も大きな反動であったが、taspoは約1年続いての影響であったが、今回は短期集中、まさに、この9月度だけといっても良く、たばこの値上げが終われば、需要が一気にしぼむことになり、8月の状況に逆もどりとなろう。しかも、猛暑効果もすでに終わっており、経済情勢は依然として、円高、デフレと厳しい状況が続いており、この様相は中長期化する可能性が高いといえる。来月、すなわち、この10月以降、コンビニ各社がどのような対策を打ち出すか、その動向に注目である。

菓子パン無料診断!(POS-RDS菓子パン無料診断受付中!)
New!食品スーパー2010、財務3表連環分析、vol.1、詳細はこちら!
週間!食品スーパーマーケット最新情報、まぐまぐ!プレミアム版! 資料集  

« 出店余力と出店意欲について | Main | ダイエー、2011年2月期、中間決算、減収、営業増益! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference コンビニ売上速報、2010年9月度、異常値!:

« 出店余力と出店意欲について | Main | ダイエー、2011年2月期、中間決算、減収、営業増益! »