« コンビニ、2011年10月度、大幅増収、16.6%増! | Main | 酒、3/11、東日本大震災以降、9月度までの動きを見る! »

November 25, 2011

酒を3つの角度、時系列、年代別、所得別に見てみる!

   本ブログでは、毎月、月末に総務省統計局から公表される家計調査データについて、特に食品スーパーマーケットに関連が深い食品を中心に、その動向を取り上げている。家計調査データは、このように月報もあるが、それ以外にも季刊(四半期)、そして、年報もある。そこで、ここでは、家計調査データの年報をもとに、月報ではわからない長期的な消費額の推移、年代別の消費構造の違い、そして、所得別の消費動向について、酒に絞って取り上げてみたい。

   家計調査データでは酒は7種類に分類され集計されている。清酒、焼酎、ビール、ウィスキー、ワイン、発泡酒、他の酒である。また、年報では最新が2010年であるが、1988年までさかもどることができ、約20年間の酒の各種類別の推移を見ることができる。年代は20代以下、30代、40代、50代、60代、そして、70歳以上、所得は年間300万円以下、350万円、450万円、600万円、そして800万円以上を見ることができる。そこで、これらの消費額をすべて折れ線グラフにしてみると、酒を大局的な見地から俯瞰することができ、現在、すなわち2010年度の酒の位置をそれぞれの種類ごとに把握することができる。

   実際、これらのグラフを見てみると、様々なことに気付く。まずは、清酒と焼酎のこの20年間の推移であるが、対照的な動きをしており、20年前の1988年は、1世帯当たりの消費額は清酒13,257円に対し、焼酎3,186円と、何と1万円以上の差があった。ところが、清酒は年々数字が右下がりになり、逆に、焼酎は数字が右上がりになり、何と、2008年に逆転し、清酒6,833円、焼酎7,400円となった。その後、その差はさらに広がり、2010年には清酒6,250円、焼酎7,253円となり、約1,000円の差となり、再逆転は難しい状況となりつつある。グラフを見ると、1988年から見事な右下がりの清酒、逆に、右上がりの焼酎、そして2007年から、2008年にかけて双方が交差し、その後、焼酎が上、清酒が下となり、現在に至っており、栄枯盛衰がまさに鮮明である。

   同様な動きは、ウィスキーとワインにもあり、約20年前の1988年にはウィスキーの1世帯当たりの消費額は5,773円、ワインは1,148円であり、約5倍の差があった。これが、ウィスキーは年々消費額を下げ、逆に、ワインはゆるやかに消費額を上げてゆき、約10年後の1998年に双方が交差し、逆転、ウィスキー2,635円に対し、ワイン3,457円となり、その後、ワインはほぼ横ばいで推移したが、ウィスキーはさらに数字を下げたため、逆転は起こらず、ワインがウィスキーを上回ったまま、2010年を迎えている。現在、ウィスキー1,252円、ワイン2,476円とダブルスコアーである。

   そして、もうひとつ、ビールであるが、これも独特な動きである。ビールは、2000年から発泡酒と他の酒(第3のビールなど)が登場し、それまでの動きとそれ以後の動きは全く違い、2000年まではほぼ1世帯の消費額が30,000円前後で推移していたが、2000年以降は右下がりになり、2005年17,345円と半減、その後も下がり続け、2010年には14,075円となった。一方、2000年から発泡酒、他の酒が登場し、双方、数字をゆるやかに上げてゆき、2010年には発泡酒8,783円、他の酒2,703円となった。したがって、ほぼ、ビールが下がった分を、発泡酒、他の酒がカバーした形となっており、ビール+発泡酒+他の酒の合計は、この20年間、ほぼ横ばいで推移しているといえ、ビール系全体の中での需要の付け替えが起こったといえよう。

   次に、年代別の動きであるが、清酒、焼酎は若い世代と年配の世代で対照的な数字であり、どちらも年配の世代が圧倒的に高い数字となっている。また、ウィスキーも清酒、焼酎ほどではないが、同様な傾向にあるが、ワインは40代、50代がピークで、それより若い世代、年配世代はやや低いのが特徴である。ビールについては、清酒、焼酎と同様な傾向、年配の世代が高いが、発泡酒、他の酒は若い世代が高く、ワインに近い動きである。

   最後に、所得別の違いであるが、ワインは明らかに、所得が上がるごとに消費額が増加してゆく傾向が鮮明であるが、清酒、焼酎は所得による消費額の差は比較的少なく、どの所得の世帯もほぼ同じ消費額となるが、強いていえば、焼酎は所得350万円の世帯の消費額が高いのが特徴である。ビールはワイン型であり、所得が上がるに従い、消費額が増えてゆく傾向が強いが、発泡酒、他の酒はゆるやかに同様の傾向も見受けられるが、ほぼ、所得にかかわらず、同じくらいの消費額である。

   このように、家計調査データの年報をもとに、過去20年までさかもどって酒7種類の1世帯当たりの消費額を3つの角度から見てみた。時系列での推移、年代別、そして、所得別の違いである。その結果、清酒と焼酎、ワインとウィスキー、ビールと発泡酒、他の酒が対照的な動きを示しており、それぞれの消費構造の違いが鮮明である。家計調査データは今回のように、カテゴリーごとに動きを追うことにより、現在の数字がどのような流れを経て、落ち着いたのか、そして、年代別、所得別ではどのような特徴があるのかがわかり、今後の仮説づくりのヒントを与えてくれる。特に、家計調査年報は過去20年間の消費額を比較することができ、消費状況を俯瞰してみることができる貴重な統計データといえよう。今後、月報はもちろんだが、この年報、そして、季刊(四半期)等も活用し、消費実態を大所高所から、本ブログでも取り上げてゆきたい。

New、紙上ID-POS分析セミナースタート、お申し込みは、こちら、まぐまぐプレミアム版!
販売スタート!食品スーパー2011財務3表連環分析、vol1!
菓子パン無料診断!(POS-RDS菓子パン無料診断受付中!)
週間!食品スーパーマーケット最新情報、まぐまぐ! 資料集

« コンビニ、2011年10月度、大幅増収、16.6%増! | Main | 酒、3/11、東日本大震災以降、9月度までの動きを見る! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 酒を3つの角度、時系列、年代別、所得別に見てみる!:

« コンビニ、2011年10月度、大幅増収、16.6%増! | Main | 酒、3/11、東日本大震災以降、9月度までの動きを見る! »