« ID-POS時代の商談、顧客からのキャッシュ最大を目指せ! | Main | マルエツ、2012年2月期、第3四半期決算、減収増益! »

January 18, 2012

ライフコーポレーション、2012年第3四半期、増収増益!

   ライフコーポレーションが、1/11、2012年2月期、第3四半期決算を公表した。結果は、営業収益3,719.61億円(4.2%)、営業利益75.88億円(12.3%)、経常利益74.38億円(13.8%)、当期純利益33.31億円(-6.6%)と、営業、経常段階では増収増益、特に、利益が2桁増となる好決算となった。当期純利益に関しては、資産除去債務の過年度分6.99億円や大震災に伴う損失2.56億円を特別損失として計上したことにより、減益となったが、営業活動によるキャッシュフローは、137.99億円(昨年-54.05億円)と、昨年が仕入債務の増減額(-は減少)が、決済日の関係上もあり、-128.97億円発生したことにより、大幅な増額となった。

   そこで、この大幅に増額した営業活動により獲得したキャッシュを、ライフコーポレーションがどのように配分したかを見てみたい。まずは、投資活動によるキャッシュフローであるが、-90.54億円(昨年-103.24億円)と、昨年と比べ、やや減少しているが、営業活動によるキャッシュフローの65.61%であり、大半を配分しているといえる。その中身であるが、新規出店関連への投資である有形固定資産の取得による支出、および、差入保証金の差入による支出の合計が-89.94億円(昨年-97.02億円)であり、投資活動によるキャッシュフローのほぼすべてといえる。したがって、成長戦略を重視したキャッシュの配分といえよう。

   そして、財務活動によるキャッシュフローであるが、-70.28億円(昨年79.94億円)と、昨年と一転、プラスからマイナスへと転じた。その中身は有利子負債であり、昨年は借入、今期は返済であり、財務改善にも、キャッシュを配分している。ただ、投資活動によるキャッシュフローと財務活動によるキャッシュフローを足すと、-160.82億円となり、営業活動によるキャッシュフロー137.99億円を超えるため、内部留保も取り崩しての配分であり、やや厳しいやりくりである。

   こう見ると、成長戦略を重視したキャッシュの配分ではあるが、同時に、有利子負債を返済し、財務の安定化も図っており、内部留保を取り崩すことにはなったが、攻めと守りを同時に押ししすすめたキャッシュの配分といえよう。結果、自己資本比率は、28.8%(昨年28.3%)と、若干改善されたとはいえ、依然として、厳しい状況にあり、ライフコーポレーションとしては、財務改善にさらにキャッシュを割きたいところであろう。ちなみに、ライフコーポレーションの有利子負債は昨年531.66億円(前期本決算時595.82億円)と、前期の本決算時よりは削減しているが、総資産1,691.20億円の31.43%であり、今後、成長戦略を推し進めるためにも、もう一段と財務改善を図りたいところであろう。

   実際、ライフコーポレーションが今期重視している成長戦略であるが、「3月に久宝寺駅前店(大阪府)、4月に土佐堀店(大阪府)・奥戸街道店(東京都)、5月に大崎ニューシティ店(東京都)、7月に大淀中店(大阪府)、9月に吉川栄町店(埼玉県)・春日野道店(兵庫県)、10月に弁天町店(大阪府)、11月に葛飾白鳥店(東京都)・あびこ店(大阪府)の10店舗を出店いたしました。」とのことで、積極的な新店開発である。直近の新店は12/14のライフ二条駅前店であり、その結果、首都圏97店舗、近畿圏126店舗の合計223店舗となった。したがって、この新店を入れ、11店舗は全体の4.93%に当たり、ほぼ営業収益4.2%増と一致し、すべてが年間分寄与しているわけではないが、新店=成長戦略といえ、キャッシュフローで見たとおり、今期は、成長戦略重視の経営戦略といえよう。

   さて、次に、ライフコーポレーションが大幅な増益となった要因を、原価、経費面から見てみたい。まずは、原価であるが73.38%(昨年73.84%)となり、-0.46ポイント改善し、結果、売上総利益は26.62%(昨年26.16%)となった。これに対して、経費の方であるが、27.57%(昨年27.17%)と、0.40ポイント上昇した。したがって、差し引き、商品売買から得られる利益、マーチャンダイジング力は-0.95%(昨年-1.01%)と、依然としてマイナスではあるが、0.06ポイント改善した。そして、これに、不動産収入、物流収入等のその他営業収入が3.06%(昨年2.97%)加わり、結果、営業利益は2.11%(昨年1.96%)となり、増益となった。比率を取ると107.65%であるが、売上高が104.07%増と増収となったため、営業利益は112.34%と2桁の増益となり、好決算となった。

   このようにライフコーポレーションの2012年2月期の第3四半期決算は、増収増益、特に、利益が営業、経常段階では2桁の好決算となったが、その要因は売上高が増収となったことに加え、経費の上昇を原価の削減とその他営業収入の増加により、カバーしての増益である。ライフコーポレーションとしては、今後、いかに、経費の削減をはかるかが課題といえよう。そして、これを受けての今後に向けての経営戦略であるが、キャッシュフローを見る限り、攻め重視を鮮明にしており、今後、積極的な成長戦略を打ち出すのではないかと思われる。ただ、自己資本比率は依然として28.8%と約70%強を負債に依存している状況であり、成長戦略を軌道に乗せるためにも、財務改善も大きな課題といえよう。今期、そして、来期に向けて、ライフコーポレーションが、この点をどうバランスをとって進めてゆくのか、その経営戦略に注目である。

New、紙上ID-POS分析セミナースタート、お申し込みは、こちら、まぐまぐプレミアム版!
販売スタート!食品スーパー2011財務3表連環分析、vol1!
菓子パン無料診断!(POS-RDS菓子パン無料診断受付中!)
週間!食品スーパーマーケット最新情報、まぐまぐ! 資料集

« ID-POS時代の商談、顧客からのキャッシュ最大を目指せ! | Main | マルエツ、2012年2月期、第3四半期決算、減収増益! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ライフコーポレーション、2012年第3四半期、増収増益!:

« ID-POS時代の商談、顧客からのキャッシュ最大を目指せ! | Main | マルエツ、2012年2月期、第3四半期決算、減収増益! »