« イオン、生鮮の物流センターへシフト! | Main | 食品スーパー、M&A加速! »

September 23, 2012

カルビー、北米へ本格参入!

PepciCo,Inc.との北米における業務提携に関するお知らせ
・http://www.calbee.co.jp/
・http://www.calbee.co.jp/ir/pdf/2012/hokubeiteikei_20120920.pdf

(業務提携の目的と理由)
・当社のグローバル戦略のもと、世界最大のスナック菓子市場である北米において、当社製品の売上高とシェアの拡大を図るため、北米で強大な販売力を持つPepciCo,Inc.と業務提携しました。
・2013年4月より、当社の連結子会社であるCalbee North America.LLCが「Jagabee」を生産し、PepciCoグループは北米での独占権をもって販売とマーケティング活動を行います。当社は製品開発力、PepciCoグループは販売力とマーケティング力という互いの強みを生かし、シナジー効果を発現してまいります。

(組織の再編)
・当社は、1970年3月にCalbee North America.Inc.を設立し、「かっぱえびせん」や「Snapea Crisps」等で事業展開を図ってまいりました。2006年8月には北米の馬鈴しょ生産最大手の1社であるR.D.Offutt Companyとの合弁会社RDD-Calbee Foods,LLCを設立し、「Jagabee」生地の生産と日本、アジアへの輸出を開始しました。
このたび、北米事業のさらなる強化を図るため、北米でのスナック事業のすべてをCalbee North ・America.LLC(RDD-Calbee Foods,LLCから2012年6月に商号変更)に一本化いたします。CEOには松本晃(カルビー株式会社 代表取締役会長兼CEO)、PresidentにはRDD-Calbee Foods,LLC社長、Jane Jensenが就任しました。今後は、Calbee North America.LLCのもとで現地のリソースを最大限活用し、北米事業の拡大を図ってまいります。

(今後の見通し)
・2019年3月期までに北米事業全体で売上高500億円を目標として営業活動を行います。中長期的な業績向上に資するものと考えています。

(PepciCo,Incの概要)
・資本金:72百万ドル(2011年12月末)
・設立年月日:1965年
・純資産:20,899百万米ドル(2011年12月末)
・総資産:72,882百万米ドル(2011年12月末)
・資本関係:当社株式の20.00%
・人的関係:ユームラン・ベバ氏(Asia Pacific Region President)を社外取締役として招聘

カルビー:2013年3月期、第1四半期決算:7/31
・http://www.calbee.co.jp/
・http://www.calbee.co.jp/ir/pdf/2012/financial_20120731.pdf

P/L関連
・売上高 432.95億円(21.3)、営業利益 37.85億円(173.4)、経常利益 35.96億円(182.7)、当期純利益 20.73億円(265.9)
・原価 56.57%(昨年:59.52%):-2.95、結果、売上総利益43.43%(昨年:40.48%):+2.95
・経費 34.68%(昨年:36.59%):-1.91
・営業利益 8.75%(昨年:3.89%):+4.86

・通期予想:営業収益 1,700.00億円(4.1%)、営業利益 136.00億円(11.0%)、経常利益 136.00億円(8.9%)、当期純利益 75.00億円(5.7%)

B/S関連
・自己資本比率 73.0%(昨年:71.6%)、有利子負債 0.06億円(総資産比0.005%)
・現金及び預金 209.16億円(総資産比19.50%)

日本経済新聞:9/20
・ペプシコと米で協業
・カルビー、スナック菓子を供給

記事抜粋
・カルビーは米オレゴン州に約20億円を投じて建設中のグループ会社工場で、2013年4月からポテトスナックを生産する。これをペプシコが自社の「Ruffles(ラッフルズ)」ブランドで販売する。
・初年度は生産額ベースで売上高約20億円を見込む。販売動向を見ながら1年以内にさらに10億円弱を投じ当初の1ラインから3ラインに増やし、生産能力を引き上げる予定。当面はペプシコに製品を独占供給するが、時期を見て自社ブランドでの販売も検討する。
・米国をて手始めに他地域でもペプシコとの連携を進め海外売上高を伸ばす考え。

facebook、PI研コメント
・カルビー、2013年3月期、第1四半期決算の海外状況を見ると、アメリカ5.73億円(昨対46.2%増)、タイ4.83億円(昨対2.6%増)、香港4.76億円(18.2%増)、韓国4.20%、中国2.42億円(昨対35.0%増)、海外全体21.96億円(昨対51.9%増)という状況です。伸び率は高いですが、金額はまだまだ低く、全体の約5%とわずかです。今回、ペプシコと業務提携がなされたことにより、5年後にはアメリカで500億円目標とのことですので、海外比率が大きく高まると予想されます。日本でも食品メーカー、卸、そして、食品スーパー、本格的に海外戦略を検討する段階に来たといえます。

New!2012年度版、食品スーパー財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパーのMD力、出店余力、出店意欲がわかる!
  *ドラックストア、財務3表連環分析を追加しました!
週間!食品スーパーマーケット最新情報まぐまぐ! まぐまぐプレミアム!資料集
facebookに連載小説!「おむつとビールは誰にある? 」をスタート、80人
  *これを読めばID-POS分析は完璧、
     *8/29、第3章:マグロとアボガドは誰にある、リリース!
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設180人リクエスト
菓子パン無料診断!(全国RDS-POSデータと徹底比較、課題が浮き彫りに!)

« イオン、生鮮の物流センターへシフト! | Main | 食品スーパー、M&A加速! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference カルビー、北米へ本格参入!:

« イオン、生鮮の物流センターへシフト! | Main | 食品スーパー、M&A加速! »