« コープこうべ、自動発注! | Main | 大手卸、生鮮に活路、新たな動き! »

September 11, 2012

国分、中国市場へネット参入、アリババへの出店支援!

国分、アリババと業務提携、中国市場開拓!
・http://www.kokubu.co.jp/

日経新聞:9/7
食品卸大手の国分、中国アリババと提携
ネットに仮想店舗、中小の進出促す

記事抜粋
・食品卸大手の国分は中国の電子商取引(EC)最大手、アリババ集団グループと提携する。年内に日本の食品卸として初めて、約4億人が利用するアリババ集団のインターネット通販サイトに仮想店舗を出店。取引がある日本の食品メーカーの商品を販売する。10兆円規模に成長した中国のネット通販市場に低コストで参入できる仕組みを提供し、中小メーカーの市場開拓をお通しする。
・国分は日本での取引のある約1万社から商品を集める。まず日本酒や焼酎など数十品から売り出し、2013年度には加工食品や菓子などの取り扱いも始める。15年度には取扱額を年間100億円に育てる考えだ。
メーカーは国分に月額数万円の「サイト掲載料」を支払えば、半年程度で中国本土全域向けに商品を販売できるようになる。
・中国の調査会社アイ・リサーチによると、11年度の中国のネット通販の取引額は約9兆6000億円・10年度比で7割近く伸びた。20~30代を中心に利用が拡大し、15年には30兆円を超えるといわれている。

国分とアリババ、中国における日本ブランドの食品拡売で業務提携
・http://www.kokubu.co.jp/CGI/news_release/detail.cgi?seq=00133
・http://www.tmall.com/
・国分株式会社〔会長兼社長・國分勘兵衛、本社・東京都中央区、以下国分〕とアリババ株式会社〔社長・香山 誠、本社・東京都中央区、以下アリババ〕は、両社の保有する経営資源を相互に活用することで、中国市場における日本ブランドの食品流通基盤の構築を図ることを目的に業務提携をいたしました。

1.業務提携の目的
・両社は、商品調達、物流、集客、販売促進機能における協業体制を構築し、天猫Tmallのスキームを活用することで、中国の生活者の嗜好に合わせた日本ブランドの食品販売を展開します。本提携により、日本の酒類・食品メーカーの中国への進出、販売を支援して参ります。

2.業務提携の内容
・店舗運営に係るマーケティング戦略
・店舗運営に係る商品調達および販売に関するロジスティクス戦略
・国分のネット上店舗を通じた、日本メーカーへの中国BtoC販売チャネル提供
・中国における日本食の消費者動向に関する情報の共有化
・中国市場に対する日本食の販売に関するビジネスモデルの検討

「天猫Tmall」とは:
・「天猫Tmall」(旧淘宝商城)とは、アリババグループにより高品質、高付加価値な商品を求める中国の消費者のために2008年に設立された、中国EC市場で最大のシェアを誇るオンラインショッピングモールです。現在、天猫Tmallは5万の出店者、中国国内外の7万のブランドを取り扱っており、2011年の11月11日には1日の流通総額33億6,000万元(約412億円)の最高記録を達成しました。

facebook、PI研コメント
・国分、中国市場へネットで本格参入です。中国のアリババと組み、そのサイト、天猫に日本の食品メーカーの商品販売を支援するサイトを立ち上げるとのことです。日本の中小の食品メーカーにとっては、中国市場でのテストマーケティングとなり、今後、本格参入する際の参考になるものと思います。国分としても、業務提携の「中国における日本食の消費者動向に関する情報の共有化」にあるように、日本食の消費動向が把握でき、今後の中国市場への卸売業展開の基礎データが収集できるものと思います。
・中国市場へは、今後、日本の食品スーパーが本格参入することが確定しており、卸会社にとっては、その本格支援のためにも、独自の情報網をもつ必要があるといえ、今回の国分のアリババとの業務提携はこの流れに沿ったものといえます。日本の食品スーパーは国内でのM&A等により、規模、質の体制が整ったところかから順次、中国市場へ参入していゆくもとの思われ、数年後はかなりの食品スーパーが中国でのドミナント展開に入っているものと予想されます。それに伴い、日本の卸、メーカー支援体制が必須であり、今後、この動きはさらに活発になると思います。


New!2012年度版、食品スーパー財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパーのMD力、出店余力、出店意欲がわかる!
  *ドラックストア、財務3表連環分析を追加しました!
週間!食品スーパーマーケット最新情報まぐまぐ! まぐまぐプレミアム!資料集
facebookに連載小説!「おむつとビールは誰にある? 」をスタート、80人
  *これを読めばID-POS分析は完璧、
     *8/29、第3章:マグロとアボガドは誰にある、リリース!
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設174人リクエスト
菓子パン無料診断!(全国RDS-POSデータと徹底比較、課題が浮き彫りに!)

« コープこうべ、自動発注! | Main | 大手卸、生鮮に活路、新たな動き! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 国分、中国市場へネット参入、アリババへの出店支援!:

« コープこうべ、自動発注! | Main | 大手卸、生鮮に活路、新たな動き! »