« プライベートセミナー、スタート! | Main | 食品スーパーマルヤ、外食ゼンショーからTOB! »

October 06, 2012

平和堂、2012年2月期決算、増収増益、微増!

平和堂:2013年2月期、第2四半期決算:9/27
・http://www.heiwado.jp/index.htm
・http://www.heiwado.jp/ir/img_ir/2012/k25_q2.pdf

P/L関連:
・営業収益 1,942.98億円(1.6)、営業利益 54.51億円(0.3)、経常利益 55.28億円(1.4)、当期純利益27.98億円(35.6)
・原価 70.39%(昨年:70.39%):0.00、結果、売上総利益 29.61%(昨年:29.61%):0.00
・経費 33.36%(昨年:33.19%):+0.17
・マーチャンダイジング力 -3.75%(昨年:-3.58%):-0.17
・その他営業収入 6.75%(昨年:6.62%):+0.13
・営業利益 3.00%(昨年:3.04%):-0.04

通期予想:
・営業収益 4,060.00億円(4.2)、営業利益 129.00億円(7.6)、経常利益 130.00億円(7.1)、当期純利益 56.00億円(21.6)

B/S関連:
・自己資本比率 39.7%(本決算時:40.1%)、有利子負債 764.79億円(総資産比27.12%)
・現金及び預金 180.97億円(総資産比 6.41%)

CF関連:
・営業活動によるキャッシュ・フロー:129.68億円(昨年112.93億円)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:△92.66億円(昨年△85.93億円)
   →有形及び無形固定資産の取得による支出△62.80億円(昨年△103.49億円)
・財務活動によるキャッシュ・フロー:△31.07億円(昨年△35.11億円)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):7.01億円(昨年△7.39億円)

平和堂のコメント
・当小売業界におきましても、ドラッグ・ストアの食品取り扱い増やコンビニエンス・ストアの生鮮食品強化など業種・業態を越えた競争の激化、消費増税法案可決による消費者心理の萎縮など、厳しい環境で推移しました。
「株式会社平和堂」につきましては、兵庫県尼崎市に「フレンドマート尼崎水堂店」(店舗面積980㎡ 6月)を、滋賀県大津市に「フレンドマート大津京店」(店舗面積2,344㎡ 8月)を出店いたしました。
・既存店では、4月に大幅増床したアル・プラザ城陽(京都府城陽市)におきましては、直営、専門店ともに堅調に推移いたしました。また、収益改善のために、江南店(愛知県江南市)、アル・プラザ栗東(滋賀県栗東市)、祖父江店(愛知県稲沢市)の改装を実施いたしました。
・中国湖南省で小売事業を展開する「平和堂(中国)有限公司」は、売上は堅調に推移し増収に、人件費の大幅増がありましたが増益となりました。

中国、反日デモの影響9/15:
・当社の子会社であります「平和堂(中国)有限公司」は、平成24年9月15日に中国湖南省で発生した反日デモ隊の一部により、3店舗が破壊や略奪の被害を受けました。3店舗とも一時的に営業を休止せざるを得ない状況となっております。 この被害の当社グループへの影響度を現時点で合理的に算出することは困難であるため、当連結会計年度の業績予想にはこれを加味しておりません。今回の被害による影響は現在精査中であり、業績予想の修正等、開示すべき事項が生じた場合は速やかにお知らせします。

平和堂の株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=8276.T

facebook、PI研コメント
・平和堂、2012年2月期、中間決算、増収増益ですが、伸び率はわずかであり、やや厳しい決算です。特に、原価は横ばいでしたが、経費が上昇したため、マーチャンダイジング力のマイナス幅が広がりました。平和堂は典型的なGMSタイプ、原価小(粗利大)、経費特大のマーチャンダイジングであり、マーチャンダイジング力は大きくマイナスとなります。したがって、これをその他営業収入でカバーし、営業利益をプラスにもってゆくわけですが、今期は、経費の上昇が響いたといえます。食品スーパー業界、昨年の東日本大震災以降の節約志向が薄れたため、全体的に経費が上昇気味の中間決算といえます。
・中国の反日デモの影響、被害が大きかったとのことです。平和堂は3店舗出店しており、いずれも破壊、略奪の被害にあったとのことで、今後の中国戦略に影響がでるのではと思います。ただ、国内は飽和状況、成長の余地はあまりありませんので、今後も中国は、平和堂に限らず、日本の小売業は成長戦略の重要な地域といえます。

New!2012年度版、食品スーパー財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパーのMD力、出店余力、出店意欲がわかる!
  *ドラックストア、財務3表連環分析を追加しました!
週間!食品スーパーマーケット最新情報まぐまぐ! まぐまぐプレミアム!資料集
facebookに連載小説!「おむつとビールは誰にある? 」をスタート、85人
  *これを読めばID-POS分析は完璧、
     *8/29、第3章:マグロとアボガドは誰にある、リリース!
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設183人リクエスト
菓子パン無料診断!(全国RDS-POSデータと徹底比較、課題が浮き彫りに!)

October 6, 2012 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 平和堂、2012年2月期決算、増収増益、微増!:

Comments

Post a comment