« ベルク、2013年2月期、中間決算、増収減益! | Main | アボガド、食品スーパー、今後の注目商品! »

October 18, 2012

アークス、2013年2月期、中間決算、大幅増収増益!

アークス:2013年2月期、第2四半期決算:10/12
・http://www.arcs-g.co.jp/
・http://www.arcs-g.co.jp/common/datadir/info_dat_20121011171815.pdf

P/L関連:
・営業収益 2,100.90億円(36.1)、営業利益 69.53億円(38.0)、経常利益 74.75億円(38.1)、当期純利益3,839億円(62.7)
ジョイスのみ(連結):
・営業収益 184.26 億円(△5.7)、営業利益 2.22億円(△79.0)、経常利益 2.81億円(△75.2 )、当期純利益0.10億円

・原価 76.64%(昨年77.07%):-0.43、売上総利益 23.36%(昨年 22.93%):+0.43
・経費 20.04%(昨年19.66%):+0.38
・マーチャンダイジング力 3.32%(昨年3.27%):+0.05
・その他営業収入 0.00%(昨年0.00%):0.00
・営業利益 3.32%(昨年3.27%):+0.05

通期予想:
・営業収益 4,390.00億円(26.1)、営業利益 140.00億円(25.1)、経常利益 150.00億円(24.2)、当期純利益 84.00億円(36.9)

B/S関連:
・自己資本比率 60.5%(本決算時59.5%)、有利子負債 95.80億円(総資産比 6.02%)
・現金及び預金 226.26億円(総資産比 14.23%)

CF関連:
・営業活動によるキャッシュ・フロー:112.79億円(昨年90.32億円)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:△12.97億円(昨年△15.95億円)
   →有形及び無形固定資産の取得による支出△9.95億円(昨年△12.00億円)
・財務活動によるキャッシュ・フロー:△47.98億円(昨年△53.14億円)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):51.83億円(昨年21.21億円)
・財務活動によるキャッシュ・フローは、短期借入金の純減少額11億10百万円、長期借入金の返済による支出25億77百万円、及び配当金の支払額9億81百万円などにより、47億98百万円の支出(対前年同期比では5億16百万円の支出の減少)となりました。

アークスのコメント
・当社グループの主力事業である食品小売業界におきましても、消費増税により将来的に家計負担が増加する懸念などから、消費者の生活防衛意識は一層高まっております。また、競合各社のディスカウントストアの出店並びに業態転換などによるデフレ基調は継続しており、経営環境は引き続き厳しい状況で推移してまいりました。
このような状況のなか、当社は、平成24年4月16日に流通企業グループとしてのプラットフォームの更なる強化と拡大を目指し、岩手県を中心に地域密着型の食品スーパーマーケットを35店舗(同年8月31日現在)展開している㈱ジョイスと経営統合することを発表し、同年9月1日に完全子会社化いたしました。
・また、当連結累計期間外ではありますが、当社グループ全体の商品面における戦略的な取り組みの一環として、商品開発や商品情報の収集に資することを目的として、平成24年9月1日に㈱アークスの駐在員を東京に派遣いたしました。
・カードのポイント提携先についても、北海道内の有力企業との連携を積極的に推進し、カードの利便性を高めると共に新規会員の獲得を進めた結果、会員数は、当四半期末現在で170万人(前年同期末比8万人増加)となりました。今後は東北エリアで店舗を展開する㈱ユニバース、㈱ジョイスについてもアークスRARAカードの導入を進めてまいります。
・店舗展開につきましては、新規出店1店舗、改装2店舗、閉店1店舗、建て替えのための閉店1店舗を実施いたしました。新規出店は、平成24年8月に当社グループのホームセンター業態では2店舗目となる「カインズFC花川店」(運営会社㈱エルディ)を開店いたしました。更に、店舗活性化策として、同年6月に「ユニバース南類家店」、「ユニバース八戸ニュータウン店」(運営会社いずれも㈱ユニバース)の2店舗を改装いたしました。
・なお、決算短信発表日現在では、㈱ジョイスの35店舗及び㈱道北アークスの新店2店舗を含む289店舗となっております。

facebook、PI研コメント
・アークス、2013年2月期、中間決算、大幅増収増益、好決算です。ジョイスの連結のプラス要因もありますが、営業利益等はわずかな貢献ですので、本来の決算が好調といえます。経費は昨年の東日本大震災の影響もあり、増加していますが、それを上回る原価の改善がはかられ、マーチャンダイジング力がプラスとなりました。通期も大幅な増収増益予想、株価も上昇傾向であり、今後、アークスの動向には注目です。
・アークス、自己資本比率60%を超え、60.5%、健全な財務です。にもかかわらず、この中間決算のキャッシュフローは守り重視、財務活動によるキャッシュフローへの配分を厚くし、投資を控えています。さらに、内部留保も充実、現金は200億円を超え、有利子負債を大きく上回り、事実上、無借金経営といえます。この守りから、いつ反転し、攻めに転じるのか、嵐の前の静けさのようなキャッシュフローといえます。今期から東京に、首都圏の情報収取のための駐在員がおかれ、東日本全体を視野に入れた本格的な商圏調査に入ったといえます。アークスの次の一手、気になるところです。


アークスの株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=9948.T

New!プライベートセミナーin武術道場、スタート!
2012年度版、食品スーパー財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパーのMD力、出店余力、出店意欲がわかる!
  *ドラックストア、財務3表連環分析を追加しました!
週間!食品スーパーマーケット最新情報まぐまぐ! まぐまぐプレミアム!資料集
facebookに連載小説!「おむつとビールは誰にある? 」をスタート、85人
  *これを読めばID-POS分析は完璧、
     *8/29、第3章:マグロとアボガドは誰にある、リリース!
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設189人リクエスト

October 18, 2012 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アークス、2013年2月期、中間決算、大幅増収増益!:

Comments

Post a comment