« アークス、2013年2月期、中間決算、大幅増収増益! | Main | バロー、北陸戦略鮮明! »

October 19, 2012

アボガド、食品スーパー、今後の注目商品!

アボガド:日経MJ10/14
・「食べごろ」出荷倍に、ドール対日攻勢
・NZ生産者協、5年後輸出3倍

(記事抜粋)
・海外の生産・販売業者が日本でのアボガド販売を拡大させる。青果販売大手のドール(東京・千代田区)は消費者の購入時に食べごろとなるよう工夫したアボガドの出荷を倍増させるほか、ペースト状商品の販売量も10倍に増やす。ニュージーランド(NZ)では、生産者団体が対日輸出量を3倍に増やす。日本のアボガド消費は急拡大しており、成長市場への攻勢を強めて需要を取り込む考えだ。

ドールの対応:http://www.dole.co.jp/index.html
・ドールはバナナの熟成技術を応用した新たなアボガドの販売方法を導入する。通常のアボガドは買った後に家庭で熟す必要があるが、出荷段階で熟した果実を提供するようにして買ってすぐ食べられるようにする。
アボガドの実をペースト状にした「アボガドディップ」の販売も強化する。来年の販売量は今年の約10倍の120万パックとする方針だ。

ニュージーランドアボガド生産協会:
・http://www.facebook.com/pages/%E3%82%A2%E3%83%9C%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93-%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E7%94%A3-%E3%82%A2%E3%83%9C%E3%82%AB%E3%83%89/106543566118487
・5年後の17年から18年にかけての期に、約3倍の100万トレーにまで増やす。

貿易統計:
・11年のアボガド輸入量額は105億円で、5年前に比べ4割多い。「若者から高齢者まで幅広い年代で需要が伸びている」(仲卸)という。

facebook、PI研コメント
・アボガド、食品スーパーでは主力商品に躍り出ていますが、この流れを受けて、海外からの輸出量が激増するとの記事です。ドールがポスト、バナナとして本格的に取り組み、バナナの熟成技術をアボガドに応用し、さらに、ペースト状の商品の販売強化にも入るとのことです。また、ニュージーランドも2011年8月29日にfacebookをつくり、ここへ来て情報量が増えており、今後、日本への輸出を3倍に増やすとのことです。まだ、いいね25人ですが、中々、興味深いfacebookです。
・アボガド、ID-POS分析すると滅茶苦茶おもしろい分析結果がでます。特に、マグロ、サーモン他、ID客数でリフト値2.0倍、期待値2.0%を超える商品が200品以上みつかります。アボガドはバナナと並ぶ消費者から絶大な支持と数多くの関連商品を配する黄金の商品といえます。アボガドだけでも食品スーパーのマーチャンダイジング戦略が十分に成立し、店舗全体の活性化も可能といえます。今後、ID-POS分析が普及するとアボガドと各関連商品との関係が明確になり、爆発的な売上げを食品スーパー全体にもたらすのではないかと思います。


New!プライベートセミナーin武術道場、スタート!
2012年度版、食品スーパー財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパーのMD力、出店余力、出店意欲がわかる!
  *ドラックストア、財務3表連環分析を追加しました!
週間!食品スーパーマーケット最新情報まぐまぐ! まぐまぐプレミアム!資料集
facebookに連載小説!「おむつとビールは誰にある? 」をスタート、85人
  *これを読めばID-POS分析は完璧、
     *8/29、第3章:マグロとアボガドは誰にある、リリース!
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設189人リクエスト

October 19, 2012 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アボガド、食品スーパー、今後の注目商品!:

Comments

Post a comment