« CPI(消費者物価指数)、総合指数マイナス、昨年12月度! | Main | 関西スーパー、2013年3月期、第3四半期、減収減益! »

February 06, 2013

家計調査データ、2012年12月、全体微減、食品微増!

家計調査データ:2012年12月度(1世帯1日当たりに換算:単位、円):2/1
・消費支出 10,499.74 (99.2%)
・食料3,032.71(100.5%:外食を含む)

食品 2,569.42 (100.9%:外食を含まない)
・昨年対比110%以上、90%未満をピックアップ

穀類265.39 (100.7%%):即席めん上昇!
・即席めん 7.03(119.8%)

魚介類370.68 (101.4%)
・いわし 1.00(110.7%)、ほたて貝 5.94(110.2%)、塩さけ 9.71(117.1%)、しらす干し 4.00(121.6%)、ちくわ 5.68 (111.4%)、かまぼこ 29.81(110.4%)
・あじ 2.16(77.9%)、さんま 1.06(71.7%)、いか 5.55(83.5%)、しじみ 0.81 (75.8%)、煮干し 1.39 (71.7%)

肉類 278.81 (98.1%)
・乳卵類112.65(102.1%):ヨーグルト好調
・ヨーグルト 26.23(112.9%)

野菜・海藻307.90(101.9%):葉物急上昇!
・ほうれんそう 7.13(113.3%)、ねぎ 10.97(111.8%)、レタス 6.23(120.6%)、トマト 14.52(111.9%)、豆類 5.19(112.6%)、梅干し 4.68 (146.5%)
・干しのり 12.00(80.2%)

果物 125.68(98.3%)
・オレンジ 0.35(122.2%)、かき(果物) 7.35(137.3%)、キウイフルーツ 2.35(119.7%)
・ なし 2.19 (70.8%)、ぶどう 0.90(77.8%)、メロン 0.84(78.8%)、いちご 8.42(79.8%)

油脂・調味料136.13(99.3%)
・つゆ・たれ 18.87(113.6%)
・食塩 1.39(87.8%)

菓子類271.32(100.6%)
・せんべい 21.06(115.4%)
・まんじゅう 3.97 (88.5%)

主食的調理食品397.13(102.8% ):うなぎ厳しい!
・しゅうまい 2.97(117.9%)、やきとり 5.58(112.3%)、ハンバーグ 3.03(111.9%)
・うなぎのかば焼き 3.10(85.7%)

飲料137.13(100.1%)
・紅茶 2.65 (79.6%)

酒類166.65(102.4%):ウィスキー好調!
・ウイスキー 5.29(117.1%)
・ビール 25.10 (83.6%)

参考:外食463.29(98.3%)
・日本そば・うどん 16.84(117.0%)
・ハンバーガー 12.10(87.6%)、学校給食 30.77(86.6%)

2.住居 642.84(87.4%)
3.光熱・水道 802.32(106.8%)
4.家具・家事用品 422.81(97.7%)
5.被服及び履物 479.03(100.7%)
6.保健医療 438.06(100.2%)
7.交通・通信 1,353.97(109.0%)
8.教育 285.35(88.8%)
9.教養娯楽 1,111.39(98.3%)
10.その他の消費支出 1,931.23(94.7%)

PI研コメント:
・CPI(消費者物価指数)に続き、家計調査データ、2012年12月度が総務省統計局から2/1、公表されました。結果は消費支出 10,499.74 (99.2%)と微減であり、消費動向は依然として厳しい状況にあります。CPIもデフレ傾向が依然として続いていますので、小売業界はデフレと消費減退、双方から圧迫、経営環境は厳しい状況にあります。このような中、政府、日銀が連携してCPI2.0%をターゲットに本腰を入れ始めましたので、今後、どこで、CPIが反転し、家計消費が上向くか注目です。さて、食品ですが、2,569.42 (100.9%:外食を含まない)という結果であり、微増、全部門とも微増、微減であり、食品も全体同様、消費低迷の中にあり、今後、競争がますます激化、厳しい経営環境が予想されます。ただ、このような中、株価は好調であり、先週、食品スーパー、上場企業約50社の内、80%は上昇傾向であり、投資家からの注目度は高いといえます。本決算が近づいていますが、経営環境が厳しい中、どのような経営戦略を打ち出すか、各社の動向に注目です。

New!まぐまぐプレミアム!(有料):i D-POS分析は顧客還元(顧客回転率)!
 *すべての商品に顧客還元を組み込み、顧客との絆を深めよう!
2012年度版、食品スーパー財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパーの過去3年間のMD力、出店余力、出店意欲がわかる!
  *ドラックストア、財務3表連環分析を追加しました!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設210人リクエスト
facebookに連載小説!「おむつとビールは誰にある? 」をスタート、85人
プライベートセミナーin武術道場、スタート!

February 6, 2013 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 家計調査データ、2012年12月、全体微減、食品微増!:

Comments

Post a comment