« 関西スーパー、2013年3月期、第3四半期、減収減益! | Main | いなげや、2013年3月、第3四半期、減収減益! »

February 08, 2013

ヤマザワ、第3四半期決算、増収減益、震災反動!

ヤマザワ:2013年3月期、第3四半期決算、増収減益:1/30
・http://yamazawa.co.jp/
・http://yamazawa.co.jp/wordpress/wp-content/uploads/2012/09/
30234cdfb9bb4e0c42ec274023631361.pdf

P/L関連:
・売上高 768.89億円(0.3)、営業利益 14.17億円(△49.6)、経常利益 14.46億円(△49.0)、当期純利益 7.73億円(△50.5)

・原価 72.61%(昨年72.22%):0.39、売上総利益 27.39%(昨年27.78%):-0.39
・経費 25.54%(昨年24.10%):+1.44
・マーチャンダイジング力 1.85%(3.68%):-1.83
・その他営業収入 0.00(昨年0.00%):0.00
・営業利益 1.85%(昨年3.68%):-1.83

通期予想:
・売上高 940.00億円、営業利益 17.00億円、経常利益 17.00億円、当期純利益 9.00億円

B/S関連:
・自己資本比率 55.3%(昨年59.0%)、現金及び預金 73.98億円(総資産比 14.54%)
・有利子負債 44.50億円(総資産比 8.75%)

ヤマザワのコメント:
・小売業界におきましては、お客様の低価格志向・節約志向による価格競争の激化、競合各社の新規出店、更に業種・業態を越えた競争も加わり、非常に厳しい経営環境となりました。
・このような環境の中、当社グループにおきましては「地域のお客様に繰り返しご来店していただける店づくり」に向け、全社一丸となって各施策の実行及び検証を行なってまいりました。
・当第3四半期連結累計期間の新規出店といたしまして、平成24年7月に山形県山形市に宮町店(ドラッグ併設)を開店いたしました。また、建て替えのため平成24年5月より営業を休止しておりました山形県川西町の川西店、山形県山形市の松見町店(ともにドラッグ併設)を、平成24年11月に新装開店いたしました。これにより、スーパーマーケットは山形県内44店舗、宮城県内22店舗の合計66店舗となりました。
・新店では、料理提案型をコンセプトに調理済み商品やメニュー提案を更に強化し、鮮魚・精肉部門での店内調理品の販売や、サラダセットの品揃えを充実させた「サラダステーション」、旬の素材と調味料を使ったメニュー提案や新商品の試食が出来る「おためしコーナー」の設置など、新たな取り組みを実施いたしました。また、環境に配慮する店舗として、店内や駐車場などにLED照明を採用しました。これにより、従来の当社店舗と比べて照明使用電力の40%削減を見込んでおります。
・販売面におきましては、お客様の低価格への要望が続く中、スーパーマーケット事業におきましては、引き続き恒例の「生活応援セール」や「水曜均一祭」の強化を行なってまいりました。「水曜均一祭」は98円均一を中心にお買い得商品を多数そろえ、好評を得ている企画となっております。更に、毎日午後2回のタイムサービスを全店舗で実施いたしております。野菜や日配品を中心に数量を限定し、通常より価格を大幅に下げて販売するものであり、お客様には大変好評を得ております。
・これらの取り組みにより、売上面におきましては、厳しい経営環境ではありましたが客数が堅調に推移したことや、連結子会社の株式会社ヤマザワ薬品の売上高が前期を上回ったこともあり、増加いたしました。利益面におきましては、前事業年度の増益要因の一つであった震災の影響によるチラシ特売の一時見合わせや広告宣伝費、光熱費等が減少したことへの反動に加え、店舗数の増加に伴う人件費や減価償却費などの設備費等の増加もあり、営業利益、経常利益ともに減少いたしました。

ヤマザワの株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=9993.T

PI研コメント:
・ヤマザワ、2013年3月期、第3四半期決算、増収大幅減益となる厳しい決算です。ただ、昨年は東日本大震災があり、ヤマザワのコメントにもあるように、「震災の影響によるチラシ特売の一時見合わせや広告宣伝費、光熱費等が減少したことへの反動、・・」があり、経費が大幅に削減されていましたので、まさに、その反動といえます。実際、経費比率は+1.44ポイントと大幅アップです。いかに、東日本大震災時、競争が一瞬止まり、販促費、水道光熱費を含む様々な経費が削減されたかがわかります。ヤマザワ、今期は厳しい決算となると予想されますが、来期は一転、好決算を期待したいところです。ヤマザワが、来期、どのような経営戦略を打ち出すのか、注目です。


New!まぐまぐプレミアム!(有料):i D-POS分析は顧客還元(顧客回転率)!
 *すべての商品に顧客還元を組み込み、顧客との絆を深めよう!
2012年度版、食品スーパー財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパーの過去3年間のMD力、出店余力、出店意欲がわかる!
  *ドラックストア、財務3表連環分析を追加しました!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設210人リクエスト
facebookに連載小説!「おむつとビールは誰にある? 」をスタート、85人
プライベートセミナー(i D-POS分析)in武術道場、スタート!

February 8, 2013 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ヤマザワ、第3四半期決算、増収減益、震災反動!:

Comments

Post a comment