« ドラックストア、経営指標比較、その2 | Main | イオン、丸紅とパートーシップ協定締結! »

March 27, 2013

ドラックストア、経営指標比較、その3!

ドラックストア、経営指標比較、その3!
・2012年度、本決算より、PI研が独自に作成

B/S:
・純資産比率50%以上:
  1.ツルハホールディングス(北海道、1008店舗):62.0%
  2.スギホールディングス(愛知県、824店舗):60.4%
  3.サンドラッグ(東京都、599店舗):57.7%
  4.マツモトキヨシホールディングス(千葉県、1257店舗):54.0%
  5.カワチ薬品(栃木県、216店舗):53.2%
  6.クリエイトSDホールディングス(神奈川県、376店舗):52.8%

・総資産1000億円以上:
  1.マツモトキヨシホールディングス(千葉県、1257店舗):2,144.04億円
  2.カワチ薬品(栃木県、216店舗):1,701.06億円
  3.スギホールディングス(愛知県、824店舗):1,543.69億円
  4.サンドラッグ(東京都、599店舗):1,534.23億円
  5.ツルハホールディングス(北海道、1008店舗):1,426.94億円
  6.ココカラファイン(神奈川県、1130店舗):1,409.15億円

・総資産回転率2.5回転以上:
  1.コスモス薬品(福岡県、457店舗):2.8回転
  2.寺島薬局(茨城県、197店舗):2.7回転
  3.サンドラッグ(東京都、599店舗):2.5回転
  4.クリエイトSDホールディングス(神奈川県、376店舗):2.5回転
  5.ウエルシア関東(埼玉県、521店舗):2.5回転
  6.キリン堂(大阪府、315店舗):2.5回転

・純資産500億円以上:
  1.マツモトキヨシホールディングス(千葉県、1257店舗):1,157.21億円
  2.スギホールディングス(愛知県、824店舗):932.05億円
  3.カワチ薬品(栃木県、216店舗):904.48億円
  4.サンドラッグ(東京都、599店舗):885.60億円
  5.ツルハホールディングス(北海道、1008店舗):884.10億円
  6.ココカラファイン(神奈川県、1130店舗):672.77億円

・ROA 7%以上:( )はROE
  1.サンドラッグ(東京都、599店舗):8.2%(14.2%)
  2.コスモス薬品(福岡県、457店舗):7.8%(21.3%)
  3.ツルハホールディングス(北海道、1008店舗):7.4%(12.0%)
  4.スギホールディングス(愛知県、824店舗):7.4%(12.3%)
  5.クリエイトSDホールディングス(神奈川県、376店舗):7.1%(13.4%)

・有利子負債対総資産10%未満:
  1.スギホールディングス(愛知県、824店舗):0億円(0.0%)
  2.クリエイトSDホールディングス(神奈川県、376店舗):2.86億円(0.4%)
  3.ツルハホールディングス(北海道、1008店舗):12.52億円(0.9%)
  4.サンドラッグ(東京都、599店舗):50.83億円(3.3%)
  5.ココカラファイン(神奈川県、1130店舗):52.13億円(3.7%)
  6.コスモス薬品(福岡県、457店舗):52.40億円(5.3%)
  7.マツモトキヨシホールディングス(千葉県、1257店舗):197.28億円(9.2%)

・商品、総資産対比30%以上:
  1.マツモトキヨシ九州販売(鹿児島、53店舗):44.52億円(42.3%)
  2.薬王堂(岩手県、136店舗):63.30億円(33.4%)
  3.サンドラッグ (東京都、599店舗):480.35億円(31.3%)
  4.ゲンキー(福井県、82店舗):73.65億円(30.3%)

・出店関連資産(土地、建物等)の総資産対比40%以上:
  1.カワチ薬品(栃木県、216店舗):1,085.24億円(63.8%)
  2.サッポロドラッグストアー(北海道、131店舗):105.67億円(54.0%)
  3.ゲンキー(福井県、82店舗):120.39億円(49.5%)
  4.クスリのアオキ(石川県、178店舗):149.88億円(44.3%)
  5.マツモトキヨシホールディングス(千葉県、1257店舗):929.33億円(43.3%)
  6.薬王堂(岩手県、136店舗):80.21億円(42.4%)
  7.コスモス薬品(福岡県、457店舗):411.98億円(41.4%)
  8.マツモトキヨシ九州販売(鹿児島、53店舗):43.06億円(40.9%)

・店舗当たりの出店関連資産が0.4億円以下:
  1.阪神調剤薬局(兵庫県、149店舗):0.26億円
  2.寺島薬局(茨城県、197店舗):0.32億円
  3.ツルハホールディングス(北海道、1008店舗):0.32億円
  4.アインファーマシーズ(北海道、550店舗):0.34億円
  5.キリン堂(大阪府、315店舗):0.35億円
  6.ウエルシア関東(埼玉県、521店舗):0.37億円
  7.ココカラファイン(神奈川県、1130店舗):0.38億円

・買掛金が対総資産30%以上:
  1.コスモス薬品(福岡県、457店舗):460.81億円(46.3%)
  2.阪神調剤薬局(兵庫県、149店舗):57.77億円(36.6%)
  3.ココカラファイン(神奈川県、1130店舗):504.92億円(35.8%)
  4.クリエイトSDホールディングス(神奈川県、376店舗):222.09億円(32.6%)
  5.クスリのアオキ(石川県、178店舗):107.70億円(31.8%)
  6.寺島薬局(茨城県、197店舗):60.52億円(31.8%)
  7.キリン堂(大阪府、315店舗):131.94億円(31.7%)
  8.ウエルシア関東(埼玉県、521店舗):198.24億円(31.1%)

PI研コメント:
・ドラックスストア経営指標比較、その3、B/Sです。純資産比率は60%台がトップクラスであり、総資産回転率は2.5回転がトップクラスです。また、有利子負債はトップクラスが数%であり、トップはスギホールディングスの0.0%です。それにしても、商品30%台のドラックストアも多く、買掛金も30%を超え、食品スーパーと、ここが大きな違いといえます。また、出店関連資産が1店舗当たり、極端に少ないのもドラックストアの特徴といえ、この2つの要素が短期間で大量の新規出店をもたらす原動力といえます。今後、財務内容の良い純資産比率の高いドラックストアの成長戦略に注目といえます。

New!まぐまぐプレミアム!(有料):客数の科学、連載スタート!
 *客数=ID客数×頻度(ID客数PI値)、客数はフラクタル!
2012年度版、食品スーパー財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパーの過去3年間のMD力、出店余力、出店意欲がわかる!
  *ドラックストア、財務3表連環分析を追加しました!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設210人リクエスト
facebookに連載小説!「おむつとビールは誰にある? 」をスタート、85人
プライベートセミナー(i D-POS分析)in武術道場、スタート!

March 27, 2013 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ドラックストア、経営指標比較、その3!:

Comments

Post a comment