« 消費税還元セール禁止、日経新聞1面、3/13! | Main | ツルハH、2013年5月期、第3四半期、増収増益! »

March 15, 2013

食品スーパーのCF(キャッシュフロー)を見る!

食品スーパーのCF(キャッシュフロー)を見る!
・2012年度、本決算をもとにPI研が独自に作成
・単位:100万円

営業CFについて:
営業CF、100億円以上:
・イズミ広島県:25,561、バロー岐阜県:19,190、ライフコーポレーション大阪府:15,868、平和堂滋賀県:14,002、いなげや東京都:13,294、オーケー東京都:12,879、アークス北海道:12,024

営業CF、50億円以上:
・ヤオコー埼玉県:9,981、イズミヤ大阪府:9,738:マルエツ 東京都:9,655、サンエー沖縄県:9,611、フジ愛媛県:9,342、オークワ和歌山県:8,454、カスミ茨城県:7,238、ベルク埼玉県:7,219、原信ナルスH新潟県:6,551、マックスバリュ西日本兵庫県:6,355、関西スーパーマーケット兵庫県:6,143、マックスバリュ東海静岡県:5,158

・セブン&アイH東京都:462,642、イオン千葉県:203,382

投資CFについて:
投資CF、-50億円以上、( )は対営業CF:
・バロー岐阜県:-17,793(92.7%)、平和堂滋賀県:-12,277(87.7%)、ライフコーポレーション大阪府:-12,027(75.8%)、ヤオコー埼玉県:-10,300(103.2%)、イズミ広島県:-9,682(37.9%)、フジ愛媛県:-8,831(94.5%)、オーケー東京都:-8,618(66.9%)、マルエツ東京都:-8,094(83.8%)、オークワ和歌山県:-7,732(91.5%)、ベルク埼玉県:-6,331(87.7%)、いなげや東京都:-6,219(46.8%)、マックスバリュ西日本兵庫県:-6,060(95.4%)、カスミ茨城県:-5,536(76.5%)

・セブン&アイH東京都:-342,805(74.1%)、イオン千葉県:-327,865(161.2%)

投資CFの中で、有形固定資産への投資額50億円以上:
・バロー岐阜県:-15,019、平和堂滋賀県:-14,910、ライフコーポレーション大阪府:-12,296、イズミ広島県:-12,058、ヤオコー埼玉県:-10,666、フジ愛媛県:-10,126、マルエツ東京都:-8,978、オークワ和歌山県:-7,043、ベルク埼玉県:-6,230、マックスバリュ西日本兵庫県:-5,996、カスミ茨城県:-5,348、サンエー沖縄県:-5,030

・セブン&アイH東京都:-209,604、イオン千葉県:-311,904

FC(フリーキャッシュフロー)、30億円以上:
・アークス北海道:16,333、イズミ広島県:15,879、サンエー沖縄県:10,363、いなげや東京都:7,075、イズミヤ大阪府:6,606、関西スーパーマーケット兵庫県:6,509、オーケー東京都:4,261、天満屋ストア岡山県:3,944、ライフコーポレーション大阪府:3,841、原信ナルスH新潟県:3,695

・セブン&アイH東京都:119,837、イオン千葉県:-124,483

財務CFについて:-30億円以上:
・イズミ広島県:-21,934、アークス北海道:-8,250、イズミヤ大阪府:-7,307、ライフコーポレーション大阪府:-4,548、天満屋ストア岡山県 :-4,114、フジ愛媛県:-3,834、カスミ茨城県:-3,657、原信ナルスH新潟県 :-3,297、オークワ和歌山県:-3,161

・セブン&アイH東京都:-40,561、イオン千葉県:-13,061

配当-10億円以上:
・アークス北海道:-1,795、イズミ広島県:-1,471、平和堂滋賀県:-1,391、オーケー東京都:-1,357、バロー岐阜県:-1,222、オークワ和歌山県:-1,162、ヤオコー埼玉県:-1,153、ライフコーポレーション大阪府:-1,029

・セブン&アイH東京都:-51,258、イオン千葉県:-16,069

内部留保について:10億円以上
・サンエー沖縄県:8,852、アークス北海道:8,083、いなげや東京都:5,872、関西スーパーマーケット兵庫県:4,798、オーケー東京都:2,565、ヤマザワ 山形県:1,298、東武ストア東京都:1,065

・セブン&アイH東京都:79,276、イオン千葉県:-137,544

PI研コメント:
・食品スーパーのキャッシュフローについて、2012年度、本決算をもとにまとめてみました。100億円以上の営業CFの食品スーパーは7社です。トップはイズミの255.61億円です。こう見ると、セブン&アイHの4,626.42億円がいかに巨大化がわかります。ちにみに、イオンは2,033.82億円です。そして、これが投資の原資となりますので、その投資CFですが、50億円以上の意欲的な食品スーパーですが、13社です。そのほとんどは成長戦略を決定づける有形固定資産への投資ですが、50億円以上の食品スーパーは12社、この12社が成長意欲が極めて高いといえます。結果、差し引き、フリーキャッシュフローですが、30億円以上の食品スーパーは10社です。そして、財務CFですが、特に、配当を重視している10億円以上の食品スーパーですが8社です。最後に、内部留保10億円以上の食品スーパーですが、7社です。来月からは、2013年度の本決算の公表がはじまりますが、消費税の値上げが控えており、このキャッシュフロー、各食品スーパー、どのようにキャッシュを配分するか、その動向に注目です。

New!まぐまぐプレミアム!(有料):客数の科学、連載スタート!
 *客数=ID客数×頻度(ID客数PI値)、iD-POS分析の基本公式!
2012年度版、食品スーパー財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパーの過去3年間のMD力、出店余力、出店意欲がわかる!
  *ドラックストア、財務3表連環分析を追加しました!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設210人リクエスト
facebookに連載小説!「おむつとビールは誰にある? 」をスタート、85人
プライベートセミナー(i D-POS分析)in武術道場、スタート!

March 15, 2013 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 食品スーパーのCF(キャッシュフロー)を見る!:

Comments

Post a comment