« 吉野家H、2013年2月本決算、減収減益! | Main | カゴメ、2013年3月本決算、増収増益、トマト好調! »

April 27, 2013

ヤフー、2013年3月本決算、増収増益、スマホの時代!

ヤフー、2013年3月期、本決算、減収減益:4/25
・http://www.yahoo.co.jp/
・http://ir.yahoo.co.jp/jp/archives/gaikyo/
・http://www.rbbtoday.com/article/2013/04/25/107052.html

P/L関連:
・売上高 3,429.89億円(13.5)、営業利益 1,863.51億円(12.9)、経常利益 1,886.45億円(12.8)、当期純利益 1,150.35億円(14.4)
・原価 10.61%(昨年9.28%):+1.33、売上総利益 89.39%(昨年90.72%):-1.33
・経費 35.05%(昨年36.09%):-1.04
・マーチャンダイジング力 +54.34%(+54.63%):-0.29
・その他営業収入 0.00%(昨年 0.00%):+0.00
・営業利益 54.34%(昨年 54.63%):-0.29

通期予想:第2四半期のみ
・売上高 1,800.00億円(15.1)、営業利益920.00億円(7.7)、経常利益 922.00億円(6.3)、当期純利益569.00億円(9.0)

B/S関連:
・自己資本比率 73.1%(昨年82.8%)
・現金及び預金 4,140.86億円(総資産比 55.70%)
・商品1.63億円(総資産比0.02%)
・買掛金109.7億円(総資産比1.47%)
・ポイント引当金42.62億円(総資産比0.57)
・有利子負債 0.00億円(総資産比 0.00%)

CF関連:
・営業活動によるキャッシュ・フロー:1,393.96億円
  →減価償却費:121.87億円(昨年30.65億円)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:514.04億円
  →有形及び無形固定資産:△ 159.01億円
  →投資有価証券の取得による支出:△ 385.13億円
  →投資有価証券の売却による収入:1,215.16億円
・財務活動によるキャッシュ・フロー:△ 401.84億円
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):1,509.28億円

ヤフーのコメント:
・当グループは経営の執行体制を刷新し、あらゆる面でスピードとチャレンジの姿勢を追求し、利益成長の再加速を目指してまいりました。
・プロモーション広告においては、積極的な販売活動の展開に加えて広告効果を高めるさまざまな機能の強化を行い、売上が大きく増加し過去最高となりました。特にスマートフォン経由の売上が伸びました。
プレミアム広告においても、主力広告商品である「ブランドパネル」、「プライムディスプレイ」への広告出稿が伸びたことなどにより売上が過去最高となりました。加えて、「Yahoo!プレミアム」、ゲーム関連サービス、データセンター関連の売上の伸びも売上全体の増加に寄与しました。また、販売促進費や業務委託費などコスト削減にも努めたことにより、6年ぶりに売上、利益ともに前連結会計年度と比べて2桁の増加率となり、サービス開始以来16期連続で増収増益を達成しました。
・広告売上では、プロモーション広告においてスマートフォン経由の広告出稿が拡大したことに加え、プレミアム広告において「プライムディスプレイ」の売上増加やスマートフォンにおける「ブランドパネル」の大幅な売上の伸びにより、プロモーション広告、プレミアム広告ともに過去最高の売上となりました。
スマートフォン:
・グリー(株)とスマートフォン向けソーシャルゲームを共同開発・運営する新会社を共同出資により設立。また、(株)GyaOとグリー(株)との間で、アニメコンテンツへの投資を目的としたファンドを組成・運営する新会社の設立について基本合意。
・スマートフォン向けYahoo! JAPANアプリを全面刷新し、スマートフォンならではの視認性や操作性、機能性を実現。

ヤフー:
・月間総ページビュー数(百万PV):50,712(1月~3月)
・スマートフォン月間ページビュー数:11,742(1月~3月:対総PV23.15%)
・Daily UB(1日あたりユニークブラウザ)数:56.27(1月~3月)
・スマートフォンDaily UB数:20.10(1月~3月:対総PV35.72%)
・「ヤフオク!」取扱高(億円):1,735(1月~3月)
・ショッピング関連取扱高(億円):737(1月~3月)
・「ヤフオク!」+ショッピング関連取扱高(億円):2,473(1月~3月)
・スマートフォン経由関連取扱高(億円):577(1月~3月:対比23.33%)
・eコマース取扱高(億円):4,000(1月~3月)

ヤフーの株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=4689.T

PI研コメント:
・ヤフー、2013年3月本決算が4/25、公表されました。結果はサービス開始以来16期連続での増収増益と、好決算です。それにしても、原価率10.61%、売上総利益89.39%と、リアルの業態ではありあえない数値です。これがネット事業の特徴といえます。経費比率も35.05%ですので、結果、営業利益は54.34%という収益構造であり、びっくりです。ただ、今期は率で見ると、原価が大きく増加しており、これを経費の削減でカバーできず、営業利益は率では-0.29ポイントのマイナスです。これを好調な売上でカバーし、大幅な増益となりました。その要因ですが、何といってもスマートフォンです。明確にネット世界ではスマホシフトが鮮明であり、この流れをフルに活かしたといえる決算です。これからはスマホの時代といえ、今後、この動きが急加速するといえます。一方、ヤフーのB/S、CFですが、自己資本比率73.1%、無借金、安定した財務基盤であり、しかも、現金4,140.86億円(総資産比 55.70%)と異常値です。キャッシュフローも投資のポイントは有価証券であり、収入、支出とも活発です。今後、この豊富なキャッシュが何に投資されるのか、ヤフーの次の投資に注目です。


New!まぐまぐプレミアム!(有料):客数の科学、連載スタート!
 *客数=ID客数×頻度(ID客数PI値)、客数はフラクタル!
2012年度版、食品スーパー財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパーの過去3年間のMD力、出店余力、出店意欲がわかる!
  *ドラックストア、財務3表連環分析を追加しました!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設210人リクエスト
facebookに連載小説!「おむつとビールは誰にある? 」をスタート、85人
プライベートセミナー(i D-POS分析)in武術道場、スタート!

« 吉野家H、2013年2月本決算、減収減益! | Main | カゴメ、2013年3月本決算、増収増益、トマト好調! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ヤフー、2013年3月本決算、増収増益、スマホの時代!:

« 吉野家H、2013年2月本決算、減収減益! | Main | カゴメ、2013年3月本決算、増収増益、トマト好調! »