« ライフコーポレーション、2013年2月決算、増収減益! | Main | コスモス薬品、2013年5月期、第3.四半期、増収増益! »

April 18, 2013

ベルク、2013年2月期、本決算、増収増益!

ベルク、2013年2月期、本決算、増収増益:4/10
・http://www.belc.jp/index.html
・http://www.belc.jp/corporate/uploads/8bdf76cb716299e060f080535c9ad7d7.pdf
・http://www.belc.jp/corporate/uploads/7c6fc63d0fe4ac524ca8067ace63f5b6.pdf

P/L関連:
・売上高 1,331.09 億円(7.4 )、営業利益 63.75億円(2.0)、経常利益 66.08億円(2.2)、当期純利益 33.94億円(0.2)
・原価 74.33%(昨年74.13%):+0.20、売上総利益 25.67%(昨年25.87%):-0.20
・経費 22.11%(昨年22.12%):-0.01
・マーチャンダイジング力 +3.56%(+3.75%):-0.19
・その他営業収入 1.31%(昨年 1.39%):-0.08
・営業利益 4.87%(昨年 5.14%):-0.27

通期予想:
・売上高 1,431.43億円(7.5)、営業利益65.45億円(2.7)、経常利益 67.36億円(1.9)、当期純利益39.00億円(14.9)

B/S関連:
・自己資本比率 52.4%(昨年54.9%)、現金及び預金 24.06億円(総資産比 3.43%)、商品37.78億円(総資産比5.39%)
・買掛金72.18億円(総資産比10.30%)
・有利子負債 153.20億円(総資産比 21.86%)

CF関連:
・営業活動によるキャッシュ・フロー:63.72億円(昨年72.19億円)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:△111.28億円(昨年△63.31億円)
  →有形及び無形固定資産:△114.74億円(昨年△62.30億円)
・財務活動によるキャッシュ・フロー:32.49億円(昨年△8.32億円)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):△15.06億円(昨年0.54億円)

ベルクのコメント:
・小売業界におきましては、競合各社の積極的な出店及び販売施策の実施、また、個人消費におきましては、雇用不安や所得の伸び悩みの中、消費税率引き上げ法案の可決など、将来的な不安による節約志向が一層強まり、厳しい経営環境が続いております。
・このような状況の中で当社グループは、スーパーマーケットとして地域社会のお客様の生活防衛意識に応えるべく、「Low Price & Better Quality」を掲げ、生活必需品や消費頻度の高い商品群の価格強化及び売場づくりの活性化を一層推進いたしました。
・販売政策におきましては、クレジットカードを利用したお買物でもポイントを付与するサービスや曜日別販促として、毎週木曜日の「冷凍食品割引きセール」、毎週金曜日の「酒のポイント3倍セール」を行うとともに、効果的なチラシ販促を打ち出し、お客様の来店動機を高め、固定客化を図る取り組みを実施いたしました。
・消費者の低価格志向の高まりに対しましては、普段の生活に欠かせない生活必需品を毎日低価格で提供する「毎日特価」、期間限定ならではのお買得価格で提供する「月間得値」、イオングループのプライベートブランド商品である「トップバリュ」を拡販いたしました。また、季節性及びイベント性を強調した楽しく賑わい感のある売場づくり、夕方のピークタイムに出来たて商品を提供する「スーパー夕市」を行い、より充実した食生活の提案を推進しました。
・店舗運営におきましては、当社グループの最大の特長である標準化された企業体制を基盤に、LSP(作業割当システム)の定着化、適正な人員配置を図り、効率的なチェーンオペレーションを推進するとともに、自動釣札釣銭機の全店導入により、金銭授受の正確性を向上させる取り組みを実施いたしました。また、当社グループでは、自社物流センターを保有しており、計画的一括仕入、作業の一括集中処理により、商品の価格強化だけでなく、店舗作業の標準化及び効率化をバックアップしております。
・店舗展開におきましては、平成24年3月千葉県八千代市に「八千代緑が丘店」、6月埼玉県上尾市に「上尾東店」、7月埼玉県本庄市に「ベスタ本庄寿店」、8月埼玉県上尾市に「上尾春日店」、10月千葉県柏市に「柏しこだ店」、平成25年2月埼玉県深谷市に「フォルテ深谷店」を新規出店するとともに、競争力の強化及び当社が目指す標準化の推進のため既存店10店舗の改装を実施いたしました。
次期の見通し:
・連結子会社におきましては、「株式会社ホームデリカ」は、当社グループが目指す「製造小売業」へ進化させるために、自社開発商品の製造及び管理体制をさらに充実させ、ホームデリカでの集中作業やきめ細かい商品供給により、商品力の強化、店舗作業の軽減及び利益貢献を図ってまいります。

ベルクの株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=9974.T

PI研コメント:
・ベルク、2013年2月、本決算、増収増益の好決算です。ただ、利益高では2.0%の増益ですが、利益率では経費は若干改善したものの、原価の上昇がみられ、差し引き、商品売買から得られるマーチャンダイジング力はマイナスとなり、加えて、その他営業収入もマイナス、結果、営業利益は率ではマイナスとなりました。それにしても、キャッシュフローを見ると、営業活動によるキャッシュフローをはるかに超える投資活動によるキャッシュフローであり、攻めを全面に押し出す、強気の経営です。結果、資金を長期借入金で賄ったため、自己資本比率は昨年の54.9%から52.4%と若干下がりました。今後、子会社のホームデリカを通じ、「「製造小売業」へ進化させるために、自社開発商品の製造及び管理体制をさらに充実させ、・・」とのことで、惣菜、日配の強化が図られるものと思われ、原価の改善が進むのではないかと思います。今後、ベルクの原価がどのように改善されてゆくのか、その動向に注目です。


New!まぐまぐプレミアム!(有料):客数の科学、連載スタート!
 *客数=ID客数×頻度(ID客数PI値)、客数はフラクタル!
2012年度版、食品スーパー財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパーの過去3年間のMD力、出店余力、出店意欲がわかる!
  *ドラックストア、財務3表連環分析を追加しました!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設210人リクエスト
facebookに連載小説!「おむつとビールは誰にある? 」をスタート、85人
プライベートセミナー(i D-POS分析)in武術道場、スタート!

April 18, 2013 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ベルク、2013年2月期、本決算、増収増益!:

Comments

Post a comment