« アークス、2013年2月、本決算、増収増益、M&A! | Main | イズミ、2013年2月、本決算、増収増益、経費大幅削減! »

April 21, 2013

大黒天物産、2013年5月、第3四半期、増収増益、M&A!

大黒天物産、2013年5月期、第3四半期、増収増益:4/10
・http://www.e-dkt.co.jp/
・http://www.e-dkt.co.jp/ir/pdfs/library/tanshin_20130410.pdf

P/L関連:
・売上高 852.53 億円(18.6)、営業利益 33.67億円(2.2)、経常利益 33.70億円(1.8)、当期純利益 18.50億円(14.3)
・原価 77.18%(昨年77.23%):-0.05、売上総利益 22.82%(昨年22.77%):+0.05
・経費 18.86%(昨年18.17%):+0.69
・マーチャンダイジング力 +3.96%(+4.60%):-0.64
・その他営業収入 0.00%(昨年 0.00%):+0.00
・営業利益 3.96%(昨年 4.60%):-0.64

通期予想:
・売上高 1,142.00億円(17.0)、営業利益42.60億円(△7.4)、経常利益 42.50億円(△8.1)、当期純利益21.10億円(△11.8)

B/S関連:
・自己資本比率 56.8%(昨年57.7%)、現金及び預金 60.44億円(総資産比 18.35%)、商品31.27億円(総資産比9.49%)
・買掛金59.64億円(総資産比18.11%)
・有利子負債 25.93億円(総資産比 7.87%)

大黒天物産のコメント:
・小売業界におきましては、長引く景気低迷から消費者の節約志向が恒常化し、加えて業種・業態を超えた価格競争の激化により厳しい経営環境が続いております。
・このような経営環境の中、当社グループでは長野県内8店舗で食品、生活百貨の小売事業を展開する株式会社西源の全株式を取得し完全子会社といたしました。同社の価格・商品戦略やローコストオペレーションは当社グループが目指す路線と合致しており、商品力や価格競争力をさらに強化し収益力を向上させることが可能と考えております。
・当社グループでは新規出店として7月にラ・ムー北須磨店(神戸市須磨区)、9月にラ・ムー堺美原店 (堺市美原区)及びディオ河内長野店(大阪府河内長野市)、12月にディオ上牧店(奈良県北葛城郡上牧町)をオープンいたしました。
・当第3四半期会計期間より当社グループは、『V字改革イノベーション』をスローガンに全社的に取り組んでまいりました。この取組みの主要な柱は、「聖域なきコスト削減」であります。
・仕入コストや店舗管理コストに限らず、本社管理部門、物流部門まで含めた徹底したコスト削減を実施してまいりました。この『V字改革イノベーション』により、新規出店に伴う減価償却負担の増加や第1四半期連結会計期間にM&Aによる新規連結子会社ののれんの償却など費用増加要因があったものの、当第3四半期連結会計期間における営業費用の削減により、これらの費用を吸収することができました。

大黒天物産の株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=2791.T

PI研コメント:
・大黒天物産、2013年5月期、第3四半期決算が4/10、公表されました。結果は増収増益となりましたが、経費比率が急上昇、これをM&Aによる売上高でカバーしており、やや厳しい決算です。M&Aは売上高を大きく増加させますが、一方で、経費の上昇、B/S、負債の増加など、マイナス面も大きいといえます。財務が安定するまで、時間がかかるといえます。それにしても、大黒天物産、長野県への新規参入であり、食品スーパーのM&A、広域へと拡大しつつあります。大黒天物産の今後の動向に注目です。


New!まぐまぐプレミアム!(有料):客数の科学、連載スタート!
 *客数=ID客数×頻度(ID客数PI値)、客数はフラクタル!
2012年度版、食品スーパー財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパーの過去3年間のMD力、出店余力、出店意欲がわかる!
  *ドラックストア、財務3表連環分析を追加しました!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設210人リクエスト
facebookに連載小説!「おむつとビールは誰にある? 」をスタート、85人
プライベートセミナー(i D-POS分析)in武術道場、スタート!

April 21, 2013 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 大黒天物産、2013年5月、第3四半期、増収増益、M&A!:

Comments

Post a comment