« キューピー、7/1から値上げ! | Main | OTC薬、スイッチOTCに注目! »

May 28, 2013

ガンホー、スマホシフト、空前の売上げ、利益!

ガンホー、日経ヴェリタスで特集、5/26!
・ガンホー旋風、終わりか、始まりか
・http://veritas.nikkei.co.jp/
・ゲーム業界にガンホー旋風が吹き荒れている。株式時価総額は1兆円を上回り、任天堂を超え一時は業界トップにたった。ただ最近は成長の持続性に不透明感が広がり、株価は軟調な展開となっている。ガンホーの新たな成長戦略や、他の大手ゲーム会社の巻き返し策を探った。
見出し:
・成長持続への「3本の矢」、海外展開、他ゲーム育成、そして、「パズドラ2」!?
・目指すは「スーパーマリオ」、森下社長「面白さ第一」、開発現場で自ら陣頭指揮
・老舗メーカー、新興国開拓で苦境打開、スクエニ「FF」・カプコン「モンハン」、中国に人気作投入

4Gamer.net、森下社長、インタビュー:
・http://www.4gamer.net/games/125/G012510/20120809017/
・遡ること1年ほど前から,ガンホーの進撃が始まる。
・2011年10月にアクワイアを子会社化,同月にPSP用の「ラグナロク~光と闇の皇女~」を発売,さらに同月には,ブラウザゲーム「ラグナロクオンライン ギルドマスターズ」をサービス開始。11月にはスマートフォン用ゲームの「ケリ姫クエスト」をサービス開始,2012年2月にはVita用アクションゲーム「ラグナロク オデッセイ」を発売,同月にスマホ用「パズル&ドラゴンズ」をサービス開始,さらに同月に,同じくスマホ用「戦国テンカトリガー」をサービス開始,さらにこの8月には,NHNと共同でVita用オンラインゲーム「ピコットナイト」を発表している。
・今までの5年間はなんだったのかと思うほどの激しい動きを見せており,しかもこのわずかな期間で,「ケリ姫」「オデッセイ」「パズドラ」など,世に広く知られる作品も多く登場している。作品アウトプットのスパンや,それらの実績を鑑みても,過去5年間とこの1年間は,もはや別な会社だと言っても過言ではないだろう。
・では,ガンホーに一体何が起こったのだろうか。その疑問をそのまま,代表取締役社長 CEOの森下一喜氏に聞いてみることにした。

2013年12月、第1四半期、本決算:5/9
・http://www.gungho.co.jp/index.html
・http://www.gungho.co.jp/ir/uploads/irk20130509_2.pdf
・http://www.morningstar.co.jp/news/video/webnar/index.html?selectedCategory=movie324

P/L関連:ありえない成長、何が?、空前の利益!
・売上高 309.04億円(838.9)、営業利益 186.16億円、経常利益 186.62億円、当期純利益 123.21億円
  →PCオンライン5.58%、モバイルコンシューマ事業94.42%
・原価 31.11%(昨年45.60%):-14.49、売上総利益 68.89%(昨年54.40%):+14.49
・経費 8.63%(昨年46.79%):-38.16
・営業利益 60.26%(昨年 7.61%):+52.65

通期予想:
・当社グループは、コンテンツ関連の新規性の強い事業を展開しており、環境の変化が激しいこと、また連結子会社で米国NASDAQ市場に上場しているGRAVITY CO.,LTD.が業績予想を開示しない方針としているため、当社グループが業績予想を発表することにより、各々のステークホルダーに対して公正な情報提供が困難であることなどから、四半期毎に実施する決算業績および事業の概況のタイムリーな開示に務め、通期の業績見通しについては、開示しない方針です。

B/S関連:
・自己資本比率 65.5%(昨年65.5%:前期本決算時)
・現金及び預金 232.80億円(総資産比52.55%)
・売掛金126.01億円(総資産比28.44%)
・商品0.21億円(総資産比0.004%)
・買掛金 3.36億円(総資産比0.75%)
・有利子負債 10.34億円(総資産比 2.33%)

ガンホーのコメント:
・当社グループを取り巻く事業環境は、スマートフォンの出荷台数がさらに増加を続けており、当第1四半期連結累計期間末にはその契約数は4,337万件に達する見込みという調査結果が出ているなど、引き続き市場は拡大を続けております(出展:MM総研「スマートフォン市場規模の推移・予測(2013年3月)」)。また、オンライン化が進む国内家庭用ゲーム市場においても、5年ぶりに前年を上回る市場規模になったことなど、当社グループが事業を展開するゲーム市場は今後もさらなる成長が期待されます。
・このような事業環境の中、当社グループは「新規価値の創造」と「既存価値の最大化」を経営方針とし、PCオンラインゲームの企画・開発・配信で培ったノウハウを発揮することで、家庭用ゲーム機、携帯型ゲーム機、スマートフォン等、様々な端末に向け新しいゲームタイトルの創出及び既存ゲームの価値向上に努めてまいりました。
<PCオンライン事業>
・PCオンライン事業におきましては、「ラグナロクオンライン」「エミル・クロニクル・オンライン」を中心に、引き続きゲーム内イベントや新アイテムの販売等を行ってまいりましたが、第1四半期において季節的要因を受けやすいことや、昨今、スマートフォンや携帯型家庭用ゲーム機でもオンラインゲームが楽しめるようになり、徐々にユーザーが移行する動きが見られるなど、売上高が緩やかな減少傾向にあります。
<モバイルコンシューマ事業>
・モバイルコンシューマ事業におきましては、引き続きスマートフォンゲーム「パズル&ドラゴンズ」が順調に推移し、3月25日には日本国内累計1,100万ダウンロードを突破するなど、人気を博しております。また、アクションパズルRPG「ケリ姫スイーツ」も、シリーズ累計500万ダウンロードを数えるなど、「パズル&ドラゴンズ」に続く人気作となっております。また、コンシューマゲームにつきましても、PS®Vita向け「ラグナロク オデッセイ」が販売本数累計30万本を突破するなど、引き続き好調に推移しております。

iPhone「トップセールス」ランキング、堂々10週連続1位を獲得!
・『パズル&ドラゴンズ』(所要時間14分)
・http://www.gungho.co.jp/business/kazukiku/archives/2012/05/003342.html

ガンホーの株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=3765.Q

PI研コメント:
・ガンホー、興味深い企業です。森下社長の独特な経営センスも光ります。ものを産みだす、メーカーとはこうあるべきだと思います。今回公開した内容を全部、閲覧するには4~5時間はかかると思いますが、読み込む価値はあります。人生観が変わるのではないかと思います。パズドラの開発者の山本さんと森下社長とのかけあいは最高です。嫁レビュー、大事ですね。4Gamer.netの森下社長へのインタビューも興味深い内容です。それにしても、スマホ!今後、世界は、どうなっちゃうのでしょうか?

New!まぐまぐプレミアム!(有料):データサイエンティスト養成講座、連載スタート!
  *iD-POS分析(BigData)=顧客を産み、育てること!
2012年度版、食品スーパー財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパーの過去3年間のMD力、出店余力、出店意欲がわかる!
  *ドラックストア、財務3表連環分析を追加しました!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設229人リクエスト
facebookに連載小説!「おむつとビールは誰にある? 」をスタート、85人
プライベートセミナー(i D-POS分析)in武術道場、スタート!

« キューピー、7/1から値上げ! | Main | OTC薬、スイッチOTCに注目! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ガンホー、スマホシフト、空前の売上げ、利益!:

« キューピー、7/1から値上げ! | Main | OTC薬、スイッチOTCに注目! »