« 都市型小型スーパー徹底研究、セミナー終了! | Main | MonotaRO、好調、商品300万点突破! »

June 15, 2013

マルヤ、2013年3月期、厳しい本決算!

マルヤ、2013年3月期、本決算、増収増益:5/13
・http://www.maruya-group.co.jp/index.html
・http://www.maruya-group.co.jp/pdf/annual_reports/25.3-all.pdf

P/L関連:
・売上高 237.73億円、営業利益 △11.66億円、経常利益 △11.52億円、当期純利益 △25.10億円
・決算期の変更(2月20日を3月31日)に伴い、当期は平成24年2月21日から平成25年3月31日までの変則決算となります。このため対前期増減率は記載しておりません。
・原価 79.13%(昨年77.31%):+1.82、売上総利益 20.87%(昨年22.69%):-1.82
・経費 32.50%(昨年30.56%):+1.94
・マーチャンダイジング力 -11.63%(-7.87%):-3.76
・その他営業収入 6.42%(昨年6.23%):+0.19
・営業利益 -5.21%(昨年 -1.64%):-3.57

通期予想:
・売上高 246.48億円、営業利益 0.31億円、経常利益 0.10億円、当期純利益 △0.30億円
・決算期の変更(2月20日を3月31日)に伴い、平成25年3月期は平成24年2月21日から平成25年3月31日までの変則決算となります。このため対前期増減率及び対前年四半期増減率は記載しておりません。

B/S関連:
・自己資本比率 36.5%(昨年52.3%)
・現金及び預金 10.44億円(総資産比9.25%)
・商品6.92億円(総資産比6.13%)
・買掛金 14.31億円(総資産比12.68%)
・有利子負債 35.54億円(総資産比 31.49%)

CF関連:
・営業活動によるキャッシュ・フロー:△1.79億円(昨年△13.49億円)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:1.67億円(昨年4.45億円)
  →有形及び無形固定資産:△1.82億円(昨年△0.76億円)
・財務活動によるキャッシュ・フロー:△42.48億円(昨年△1.96億円)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):2.22億円(昨年△11.01億円)

マルヤのコメント:
・当社は、このような厳しい事業環境のなか、2012年11月に株式会社ゼンショーホールディングスの連結子会社となりました。グループ入り後は、「地域社会に愛され信頼される店づくり」という当社の経営理念を達成すべく、グループシナジーを最大限に活用し、生鮮部門の強化や取扱い商品の拡充など抜本的な取り組みを開始しました。
・一部の店舗において改装を行い、また設備及び取扱商品等を全面的に見直すなど収益改善に向けて取り組みました。その一方で、不採算店舗を5店舗閉鎖した結果、当事業年度末の店舗数は、生鮮コンビニダウンタウンを含め49店舗となりました。
・なお、当社は決算期を変更しており、2013年3月期は2012年2月21日から2013年3月31日までの変則決算となるため、文中の前年同期比の記載は行っておりません。
継続企業の前提に関する重要事象等:
・当社は、2007年2月期(第45期)以降営業損失を計上しております。また当事業年度の損益は営業損失11億6千6百万円、当期純損失25億1千万円を計上しており、引き続き事業の業績の着実な改善に取り組んでまいります。当該状況により当社には、将来にわたって事業活動を継続するとの前提に重要な疑義を生じさせるような状況が存在しております。
・当該状況を確実に解消すべく、株式会社ゼンショーホールディングスの連結子会社となりました。抜本的な構造改革のスピードを加速させ、またグループシナジーを最大限に活用することで、既存店舗の売上高及び入客数を向上させ収益の改善を図ってまいります。

マルヤの株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=9975.T

PI研コメント:
・マルヤ、ゼンショーの子会社となり、はじめての決算です。それに伴い、今期から決算期が2月から3月となり、変則決算です。結果は厳しい状況であり、現在、本格的なリストラに取り組んでいます。原価、経費ともに大幅アップ、赤字幅も拡大し、コメントにもあるように、「継続企業の前提に関する重要事象等」という経営状況です。このような厳しい決算結果を受け、今後、ゼンショーがどのようにマルヤの経営再建を図るのか、その動向に注目です。

New!まぐまぐプレミアム!(有料):データサイエンティスト養成講座、連載スタート!
  *iD-POS分析(BigData)=顧客を産み、育てること!
2012年度版、食品スーパー財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパーの過去3年間のMD力、出店余力、出店意欲がわかる!
  *ドラックストア、財務3表連環分析を追加しました!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設229人リクエスト
facebookに連載小説!「おむつとビールは誰にある? 」をスタート、85人
プライベートセミナー(i D-POS分析)in武術道場、スタート!

June 15, 2013 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference マルヤ、2013年3月期、厳しい本決算!:

Comments

Post a comment