« アドバンテッジパートナーズ、メガネスーパー、本格再建! | Main | 神戸物産、2013年10月、中間決算、増収減益! »

June 21, 2013

ツルハH、2013年5月期、本決算、増収増益、好調!

ツルハホールディングス、2013年5月期、本決算、増収増益:6/18
・http://www.tsuruha-hd.co.jp/
・http://www.tsuruha-hd.co.jp/common/datadir/gyouseki_dat_20130618145717.pdf

P/L関連:
・売上高 3,430.19億円(6.9)、営業利益 220.01億円(15.4)、経常利益 238.21億円(19.4)、当期純利益 134.61億円(27.1)
・原価 71.64%(昨年71.71%):-0.07、売上総利益 28.36%(昨年28.29%):+0.07
・経費 21.94%(昨年22.34%):-0.40
・営業利益 6.42%(昨年 5.95%):+0.47

通期予想:
・売上高 3,620.00億円(5.5)、営業利益 235.00億円(6.8)、経常利益 243.11億円(2.1)、当期純利益 137.28億円(2.0)

B/S関連:
・自己資本比率 63.7%(昨年61.6%)
・現金及び預金 121.10億円(総資産比7.44%)
・商品444.06億円(総資産比27.29%)
・買掛金 364.21億円(総資産比22.38%)
・有利子負債 9.34億円(総資産比 0.57%)
・ポイント引当金10.63億円(売上対比0.30%)

CF関連:
・営業活動によるキャッシュ・フロー:141.34億円(昨年3.87億円)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:△188.74億円(昨年△9.88億円)
  →有形及び無形固定資産:△△26.23億円(昨年△18.39億円)
・財務活動によるキャッシュ・フロー:△17.83億円(昨年△18.71億円)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):△65.22億円(昨年△24.72億円)

ツルハホールディングスのコメント:
・ドラッグストア業界においては、業種の垣根を越えた業務・資本提携や生き残りをかけた企業の統合・再編の動きが強まっているほか、競合他社の出店や価格競争はさらに激化しており、経営環境は一層厳しさを増しております。
・このような状況のもと、当社グループではカウンセリングを主体とした接客サービスの徹底を継続して行うとともに、戦略的な営業施策を実施いたしました。具体的には、お客様のニーズに対応する高付加価値商品のカウンセリング販売に注力したほか、高品質で低価格のプライベートブランド商品「M's one(エムズワン)」の積極的な展開、利便性を考慮した食品の導入拡大、地域特性を踏まえた営業時間の見直しなどが功を奏しました。下期は北日本をはじめ一部地域で記録的な大雪による客数の鈍化がみられたものの、販促策や陳列の工夫により販売点数が引き続き伸長したほか、インフルエンザ、花粉症等の対策関連商品の需要増も加わり、既存店売上高は好調に推移いたしました。
・出店につきましては、ドミナント戦略に基づく地域集中出店および既存店舗のスクラップアンドビルドを推進したことにより、期首より87店舗の新規出店と21店舗の閉店を実施いたしました。この結果、当連結会計年度末のグループ店舗数は直営店で1,074店舗となりました。なお、タイ国内の当社グループ店舗は5店舗となりました。
調剤業務について :
・当社グループにおいては、調剤専門薬局および調剤併設店舗があり、調剤研修センターを利用した薬剤師の専門的な知識の習得、スキルアップなどに積極的に取り組んでおります。また、当社グループは、調剤過誤を防止すべ く交差監査体制(一人が処方箋に基づき調剤作業を実施し、別人が調剤監査を実施する体制)を導入し、服薬指導時における薬品名・用量確認など細心の注意を払って調剤業務を行っております。また、万一に備え、調剤薬局全 店舗において「薬剤師賠償責任保険」に加入しております。しかしながら、調剤薬の欠陥・調剤過誤などにより訴 訟を受けることがあった場合、社会的信用を損なうなどの理由により当社グループの業績に影響を及ぼす可能性が あります。

ツルハホールディングスの株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=3391.T

PI研コメント:
・ツルハH、2013年5月期の決算です。現在、財務3表連環分析2013を作成中ですが、この5月期を加えてリリースしたいと思います。もうしばらく、お待ちください。ツルハH、絶好調です。新店が順調に拡大し、北海道、東北、関東と約300店舗、バランスのとれたドミナント展開加速中です。財務内容も今期さらに改善し、キャッシュフローは思いきった攻め、積極的な強気の経営戦略です。それにしても、調剤、まだ、約2割であり、今後、調剤も本格導入がはじまるのではと思います。また、今後は薬の通販も課題であり、この好調な決算を背景に、今期、ツルハHはさらに成長を加速させるのではと思います。今後のツルハHの成長戦略に注目です。

New!まぐまぐプレミアム!(有料):データサイエンティスト養成講座、連載スタート!
  *iD-POS分析(BigData)=顧客を産み、育てること!
2012年度版、食品スーパー財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパーの過去3年間のMD力、出店余力、出店意欲がわかる!
  *ドラックストア、財務3表連環分析を追加しました!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設229人リクエスト
facebookに連載小説!「おむつとビールは誰にある? 」をスタート、85人
プライベートセミナー(i D-POS分析)in武術道場、スタート!

June 21, 2013 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ツルハH、2013年5月期、本決算、増収増益、好調!:

Comments

Post a comment