« クックパッド、本決算、スマホシフト、空前の売上高! | Main | セブン&アイH、ヴェリタスで特集記事! »

June 11, 2013

ニールセン、スマートフォン調査、女性のID-TI値、好調!

ニールセン、スマートフォンの利用者属性別のサービス利用状況を分析
・http://www.netratings.co.jp/
・http://www.netratings.co.jp/news_release/2013/05/20130528.html

女性の利用時間は男性の1.4倍
・メディア視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:武智 清訓)は、5月20日に提供を開始したスマートフォン視聴率情報Mobile NetView(モバイル・ネットビュー)の3月データの結果を発表しました。このデータをもとに、スマートフォンからのサービス利用状況(アプリ利用、及び、Webサイト訪問の合算)を性年代別で比較したところ、それぞれの属性での特徴が明らかになりました。
・まず、男女別で一人あたりの月間利用時間をみると、女性の利用時間は47時間、男性は34時間となり女性の利用時間が男性を13時間上回っていました。1日あたりで考えると(1ヶ月31日換算)平均で25分程度長く利用されていることになります。
・次に、男女別でのサービス利用の内訳をみると、LINEと楽天市場の女性のリーチが男性よりも高く、特にLINEでは19ポイントと大きな差がありました。年代別では、全ての年代でGoogleが提供している検索、地図の2つのサービスの利用が上位になっています。スマートフォンを利用した検索、地図利用が幅広く定着していることがわかります。また、LINEは、10代、20代のリーチが高く、特に10代のリーチは90%と突出して利用されていることがわかりました。楽天市場は年代が上がるにつれ、各年代で利用されるサービスの中で順位があがっていきます。特に40代以上では3位となり、LINEよりも高いリーチとなっています。
・また、特徴的だったのはブログサービスの利用です。10代ではアメブロが73%、livedoorブログが68%と2つのサービスで高いリーチとなっています。また20代でもアメブロが61%となっており、若年層に支持されているメディアとなっています。
・長年PCからのWebサイトの利用動向を計測してきたニールセンは、スマートフォンは利用者の属性によって、その利用状況が大きく異なるスクリーンであると認識しています。それはスマートフォンがより生活に密着したツールであり、個人の嗜好が反映されやすいためです。スマートフォンでビジネスを展開する企業は、自社がターゲットとしている層がどのくらい該当サービスを利用しているのか、その利用状況を詳細に把握することが、今後マ―ケティングプランを策定する上でさらに重要になるでしょう。」と述べています。

Mobile NetViewについて
・Mobile NetViewは日本全国の4000名(iOS、Android各2000名)の調査協力モニターから取得するアクセスログ情報を元に作成されます。従来のアンケート調査とは異なり、実際のユーザーのアクセス記録に基づくデータであり、アプリやウェブサイトの利用時間や利用頻度などの正確な利用動向データの提供が可能です。また、利用者属性情報を含むパネル調査であるため、属性別の利用状況を把握できます。

【ニールセン株式会社 会社概要】
・会社名: ニールセン株式会社
・英文社名: Nielsen Co., Ltd.本社所在地:
・〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-25-18 渋谷ガーデンフロント
・資本金: 1億円
・設立: 1999年5月
・代表者: 代表取締役会長兼CEO 福徳 俊弘
・代表取締役社長兼COO 武智 清訓

PI研コメント:
・ニールセンが5/28、スマートフォン調査を公表しました。スマートフォン調査は「従来のアンケート調査とは異なり、実際のユーザーのアクセス記録に基づくデータであり、アプリやウェブサイトの利用時間や利用頻度などの正確な利用動向データの提供が可能です。」とのことで、時間がキーワードとなります。i D-POS分析の価格を時間に転嫁した分析であり、TI値を活用しています。特に、ここではID-TI値がポイントであり、一定期間での総利用時間がポイントとなります。その結果ですが、「女性の利用時間は47時間、男性は34時間となり女性の利用時間が男性を13時間上回っていました。」とのことで、女性の方がよく利用しているということです。特に、「LINEと楽天市場の女性のリーチが男性よりも高く、特にLINEでは19ポイントと大きな差、・・」とのことですので、LINEが決めてになっているようです。今後、スマートフォン、ますまず重要なツールとなるといえ、今後のニールセンの調査結果に注目です。


New!まぐまぐプレミアム!(有料):データサイエンティスト養成講座、連載スタート!
  *iD-POS分析(BigData)=顧客を産み、育てること!
2012年度版、食品スーパー財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパーの過去3年間のMD力、出店余力、出店意欲がわかる!
  *ドラックストア、財務3表連環分析を追加しました!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設229人リクエスト
facebookに連載小説!「おむつとビールは誰にある? 」をスタート、85人
プライベートセミナー(i D-POS分析)in武術道場、スタート!

June 11, 2013 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ニールセン、スマートフォン調査、女性のID-TI値、好調!:

Comments

Post a comment