« 日経ビジネスONLINEでグーグル、徳生さんを特集! | Main | SEVEN CAFÉ、絶好調、リピート率No.1へ! »

July 20, 2013

情報通信白書2013、ビックデータを特集!

「情報通信に関する現状報告」(平成25年版情報通信白書)公表、7/16
・総務省:http://www.soumu.go.jp/
・http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin02_02000059.html
<情報通信白書のオープンデータ化について>
・今回、公表する平成25年版及び平成20・21年版情報通信白書についてはオープンデータ化を行います。これらの白書については、原則として、どなたでも自由に複製・改変・頒布・公衆送信等のあらゆる二次利用を可能(商用利用も可能)とする利用規約を採用するものです(なお、利用時には、出典の表示をお願いします。)。
第3節 ビッグデータの活用が促す成長の可能性
・ユビキタスネットワーク環境の完成、とりわけ無線通信技術の進展、クラウドサービスやソーシャルサービスの定着というネットワーク・サービスレベルでの進化と、スマートフォン等の普及・M2M通信の進展というデバイスレベルでの進化があいまって、多様で膨大なデジタルデータがネットワーク上で生成・流通・蓄積されている。
・このいわゆるビッグデータを活用することにより、革新的なサービスやビジネスモデルの創出、的確な経営判断、あるいは業務の効率化を図るなどの狙いから、各国の企業・組織において、ビッグデータの活用に向けた動きが始まっている。加えて、国家レベルでもビッグデータによる付加価値創造を成長に結びつけるために、戦略的な取組を始めている。
・他方、ビッグデータについては、我が国でも様々な場面で言及され、実際の活用事例も紹介されるようになってきているが、そもそものビッグデータの定義は依然として曖昧であるほか、実際にどの程度のデータが生成、流通、蓄積されているのか、また、ビッグデータの活用によりどのような効果が発現し、活用している企業・組織はどの程度の恩恵を受けているのか、についてはあまり触れられていない。
・本節では、ビッグデータが我が国の成長に寄与する可能性について触れるとともに、ビッグデータの流通・蓄積量の計測やビッグデータの活用による発現効果の計測の試行について紹介する。
見出し:
 1 ビッグデータがもたらす新たな成長
  (1)ビッグデータの概念
  (2)ビッグデータの活用が経済成長に与える影響
  (3)海外における先行研究事例
  (4)ビッグデータの戦略的活用に向けた諸外国の取組
  (5)我が国におけるビッグデータの実態把握に向けて
 2 情報流通・蓄積量の計測(マクロ調査)
  (1)フレームワーク
  (2)ビッグデータ流通量の推計結果
  (3)ビッグデータ蓄積量の推計結果
  (4)データ流通量とマクロ経済指標との関係性分析
 3 ビッグデータの活用事例と発現効果(ミクロ調査)
  (1)フレームワーク
  (2)社会の様々な分野で利用が始まったビッグデータ
  (3)主要分野における活用の実態とその効果
  (4)ビッグデータ活用の注目事例
  (5)ビッグデータ活用による新たな価値の創造(まとめ)

小売業のビックデータについての言及内容:
・図表1-3-2-9 ビッグデータ流通量推移(メディア別):TB(テラバイト)
・No.1:POSデータ:201,823 (2005)、371,272(20088)、 551,026(2011)、 765,424(2012)
・No.2:RFID データ:64,519(2005)、 309,559(2008)、 370,440(2011)、 583,942(2012)
・No.3:電子メール:64,566( 2005)、121,085(2008)、 178,501(2011)、 238,048(2012)

・図表1-3-3-7 ビッグデータを活用する(活用を検討している、活用が有望である)領域
・マーケティング67%、商品企画・開発50%、経営管理47%、戦略策定40%、営業38%、販売促進35%

・図表1-3-3-9 流通業における発現効果
・効果①PB商品開発
・ある自動販売機運営事業者は、機械の設置場所や販売時刻、それに電子マネーのIDごとの購入状況を分析し、時刻ごとに売れるであろう商品を予測。
・それに合わせた新商品を開発し、投入した結果、売上が向上した。
・効果②商品調達、在庫管理
・あるスーパーマーケットでは、商品単品ごとの利益率を即日集計することで、店舗ごとの利益率を極大化させる・品揃えを実現した。
・ある食品製造小売事業者は、POSデータを活用して時刻ごとの商品販売量を予測、できたての商品をタイムリーに提供できるようになり、売上が向上した。
・効果③販促の精度向上
・多くのスーパーマーケットチェーンが採用している販促システムでは、多数の購買履歴を分析して、購入商品に応じた別の商品の割引券を発行。そのことにより、購買単価が1,000円程度上昇した例も見られた。
・効果④カタログ製作コスト最適化
・ある通信販売事業者は、従来から行っていた会員の購入履歴に加え、ソーシャルメディアの書き込みなどを合わせて分析することで、顧客のニーズに的確に合致したカタログを送付することができ、カタログ送付の費用対効果を向上させることができた。
・効果⑤相互送客による売上向上
・共通ポイントカードを採用しているある企業では、自社データではつかみきれなかった、自社店舗の未利用者の動向を把握することができ、効果的な来店誘導施策を打つことができた。

・図表1-3-3-16 流通業におけるビッグデータ活用によって創出される潜在的な経済効果
・販売促進効率化
・自販機のPOSデータと他のデータの組み合わせ分析:1,014億円
・流 通 チェーン へ のPOSデータ分析によるレジクーポン配信:338億円
・食料品スーパーでの顧客購買データ分析によるレジクーポン配信:8,542億円( 売上向上効果=①食料品スーパーの年間販売額×②事例での売上向上効果、170,843億円×5.0%=8,542億円)
・発注量最適化
・アパレル製造小売での 店 舗 売 上・発 注データ分析による発注量最適化:302億円
・100円ショップでのPOSデータ分析による発注量予測:628億円
・食品製造小売におけるPOSデータ分析による販売予測:705億円

報道:
・NHK:
・白書「IT産業 海外展開を」
・http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130716/k10013062681000.html
・日本経済新聞:
・ビッグデータ分析に人材の壁、25万人不足見通し
・ http://www.nikkei.com/article/DGXNZO57421630X10C13A7EA1000/
・中日新聞:
・ビッグデータで経済効果7兆円 通信白書
・http://www.chunichi.co.jp/s/article/2013071601001319.html
・ウォールストリートジャーナル:
・海外展開で成長加速=潜在力に期待—情報通信白書
・http://jp.wsj.com/article/JJ11047695261692624203616861227582156808377.html
・産経ニュース:
・ビッグデータ活用で経済効果は年7兆7千億円に 情報通信白書で初の統計
・http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130716/biz13071610440002-n1.htm

PI研のコメント:
・総務省から7/16、情報通信白書2013が刊行されました。今回の白書ではビックデータが本格的に取り上げられており、興味深い内容です。しかも、そのビックデータの中で、最大のビックデータはPOSデータであり、765,424テラバイト(約0.8エクサバイト)とのことです。POSデータがいよいよ情報通信時代の主役となったといえます。また、経済効果でもPOSデータを活用した食料品スーパーでの顧客購買データ分析によるレジクーポン配信が8,542億円と、流通業ではトップです。ただし、この計算式の根拠は「①食料品スーパーの年間販売額×②事例での売上向上効果、170,843億円×5.0%=8,542億円」ですので、レジクーポンのみの効果であり、しかも、日本の全食品スーパーが扱った場合です。今回の通信白書ではこのレジクーポンに焦点が当たっているのが特徴であり、ビックデータの活用としては、ほんの一部に焦点があたっているといえます。ただ、ビックデータの現状、そして、今後、いずれも、POSデータが重要な位置を占めることは間違いないといえそうです。


New!2013年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社のP/L、CF、BSを連環分析!
まぐまぐプレミアム!(有料):データサイエンティスト養成講座、連載スタート!
  *iD-POS分析(BigData)=顧客を産み、育てること!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設235人リクエスト

July 20, 2013 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 情報通信白書2013、ビックデータを特集!:

Comments

Post a comment