« 食品スーパー、売上速報、2013年6月、堅調! | Main | CPI(消費者物価指数)、2013年6月度、じわり上昇! »

July 28, 2013

ゲンキー、2013年6月本決算、ポイント廃止の影響?

ゲンキー、2013年6月期、本決算、減収減益、ポイント影響、7/25!
・http://www.genky.co.jp/
・http://www1.genky.co.jp/company/_phpsys/upload/pdf/000296_02.pdf

P/L関連:
・売上高 546.56億円(△3.6%)、営業利益 8.96億円(△53.4%)、経常利益 10.40億円(△50.0%)、当期純利益 6.23億円(△45.5%)
・原価 80.25%(昨年78.82%):+1.43、売上総利益 19.75%(昨年21.18%):-1.43
・経費 18.10%(昨年17.78%):+0.32
・マーチャンダイジング力:1.65%(昨年 3.40%):-1.75
・その他営業収入:0.00%(昨年0.00%):0.00
・営業利益 1.65%(昨年 3.40%):-1.75

B/S関連:
・自己資本比率 30.2%(昨年 31.9%)
・現金及び預金 10.90億円(総資産比4.00%)
・商品 73.62億円(総資産比27.06%)
・買掛金 68.87億円(総資産比25.32%)
・有利子負債 98.11億円(総資産比36.07%)
・ポイント引当金0.67億円(昨年11.61億円)

CF関連:
・営業活動によるキャッシュ・フロー:5.42億円(昨年12.04億円)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:△38.15億円(昨年△23.43億円)
  →有形固定資産の取得による支出:△31.87億円(昨年△21.47億円)
・財務活動によるキャッシュ・フロー:32.18億円(昨年11.54億円)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):10.90億円 (昨年11.47億円)

ゲンキーのコメント:
・当社グループは、「近所で生活費を節約できるお店」をコンセプトに、主力業態である売場面積300~900坪の「メガドラッグストア」の店舗展開を強化し、地域シェアを高めるためドミナントエリア構築に邁進いたしました。また、今後加速するであろう異業種を交えた本格的な価格破壊競争への準備として、EDLC(エブリディローコスト)及びEDLP(エブリディロープライス)の追求に尽力いたしました。
・新規出店につきましては、福井県に5店舗、岐阜県に6店舗、愛知県に1店舗出店いたしました。既存店につきましては、ドラッグストア1店舗を閉店いたしました。これにより、当連結会計年度末における店舗数は、メガドラッグストア78店舗、ドラッグストア15店舗の合計93店舗となりました。
次期の見通し:
・当社グループは、引き続きチラシによる日替り販売や低価格のプライベートブランド商品の拡充により、客数の増加を図り顧客の囲い込みを行ってまいります。そして徹底したローコストオペレーションによるボトムプライスの更なる切り下げやエブリデーロープライスの訴求等によって、お買い求めやすい価格を追求してまいります。
売上高590.00億円(7.9%)、営業利益14.50億円(61.7%)、経常利益15.00億円(44.2%)、当期純利益9.00億円(44.4%)

ゲンキーの株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=2772.T

福井新聞:
・ゲンキー決算、初の減収減益  ポイント制廃止が影響
・http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/economics/44417.html

Kabutan:
・ゲンキー、今期経常は44%増益へ
・http://kabutan.jp/news/marketnews/?b=k201307250016

PI研のコメント:
・ゲンキーが7/25、2013年6月期、本決算を公表しました。結果は減収大幅減益です。福井新聞によれば、「ゲンキーが25日発表した6月期・連結決算は、昨年8月に、いったんポイントカード制度を廃止した影響で客数と売り上げが落ち込み、1990年の株式会社化以来初の減収減益となった。」とのことで、ポイントカード廃止の影響が大きく、特に、「ポイントの有効期限が切れた1月以降、本県や石川県の店舗で来店客数が減り、中でも粗利益率の高い化粧品や医薬品の売り上げが減少。」とのことで、化粧品、医薬品への影響が大きかったとのことです。ただ、株価は反転、上昇しており、投資家は次期予想がV字回復するとみて、買いと判断しているようです。実際、キャッシュフローをみても、この状況であえて借り入れを増やし、積極的な投資、新店開発、すなわち、成長戦略にシフトしており、強気の攻めの姿勢を強く打ち出しています。予想どおり、ゲンキーの業績が回復するか、次の中間決算に注目です。


好評!2013年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社のP/L、CF、BSを連環分析!
まぐまぐプレミアム!(有料):データサイエンティスト養成講座、連載スタート!
  *iD-POS分析(BigData)=顧客を産み、育てること!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設235人リクエスト

July 28, 2013 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ゲンキー、2013年6月本決算、ポイント廃止の影響?:

Comments

Post a comment