« ゲンキー、2013年6月本決算、ポイント廃止の影響? | Main | 松井証券、2,014年3月、第1四半期、営業利益596.6%! »

July 29, 2013

CPI(消費者物価指数)、2013年6月度、じわり上昇!

CPI(消費者物価指数):2013年6月度 :7/26公表
 (1) 総合指数は2010年(平成22年)を100として99.8、前月と同水準、前年同月比は0.2%の上昇
 (2) 生鮮食品を除く総合指数は100.0、前月と同水準、前年同月比は0.4%の上昇
 (3) 食料(酒類を除く)及びエネルギーを除く総合指数は98.3、前月比は0.1%の下落、前年同月比は0.2%の下落

総合0.2
・食料-0.9 (外食を含む)、住居 -0.5 、光熱・水道 5.7 、 家具・家事用品-2.4、 被服及び履物 0.2 、保健医療 -0.6 、交通・通信 1.8 、教育 0.5 、教養娯楽 -1.0 、 諸雑費 0.6
・プラス主要項目:電気代9.8%(寄与度0.34)、自動車等関係費3.4%(寄与度0.28)
・マイナス主要項目:生鮮野菜-5.8%(寄与度-0.09)、教養娯楽サービス-1.0%(寄与度-0.06)、家賃-0.4%(-0.08)

食料 -0.9 (外食を含む)のみ詳細:
穀類:-0.2 :米類、依然高値!
・米類 4.8 、パン-3.7 、 めん類-1.8 、他の穀類 -2.4
→うるち米5.1、 国産米A 3.0、国産米B 6.6
→ 食パン-2.2、あんパン-4.7、カレーパン-4.0
→ ゆでうどん-2.4、干しうどん-1.2、スパゲッティ-1.1、即席めん-0.5、生中華めん-3.7、*ゆで沖縄そば-0.7
→ 小麦粉-2.1、もち-2.5

魚介類 :-2.0:缶詰、高値!
・生鮮魚介-4.6 、塩干魚介 1.6 、魚肉練製品 -1.4 、他の魚介加工品4.1
→ まぐろ-3.7、あじ-3.8、いわし-17.0、かつお-19.1、かれい-10.8、さけ0.0、さば0.5、さんま-0.5、たい0.7、ぶり-2.9、いか-7.4、たこ-16.4、えび5.2、あさり0.4、ほたて貝2.0
→ 塩さけ-1.1、たらこ2.1、しらす干し-0.8、干しあじ1.1、煮干し2.7、ししゃも-0.8、いくら8.0
→ 揚げかまぼこ-1.2、ちくわ-4.5、かまぼこ0.4
→ かつお節10.9、魚介漬物0.1、魚介つくだ煮0.2、魚介缶詰9.3、塩辛0.7

肉類 :-0.4:加工肉、低値!
・生鮮肉 -0.1 、加工肉 -1.8
→牛肉A 0.4、牛肉B 2.5、豚肉A -0.3、豚肉B 0.8、鶏肉-2.1、レバー0.9
→ ハム-0.8、ソーセージ-2.8、ベーコン-1.2、*ポーク缶詰0.0

乳卵類 :-1.3 :
・牛乳・乳製品 -1.5 、卵 -0.5
→牛乳-1.0、牛乳(配達)0.2、牛乳(店頭売り)-1.0、乳製品-2.1、粉ミルク4.2、ヨーグルト-2.6、バター1.5、チーズ-3.6、チーズ (輸入品)-2.1
→ 鶏卵-0.5

野菜・海藻:-3.9:生鮮野菜、低値!
・生鮮野菜 -5.8 、乾物・加工品類-0.9
→ キャベツ-4.2、ほうれんそう4.3、はくさい-15.1、ねぎ-7.8、レタス-8.1、ブロッコリー4.9、もやし-3.0、アスパラガス-5.9、さつまいも-13.9、じゃがいも-7.3、さといも-4.7、だいこん-12.0、にんじん-5.3、ごぼう-12.8、たまねぎ-18.2、れんこん-23.6、ながいも-3.5、しょうが-3.4、えだまめ-6.8、さやいんげん-2.5、かぼちゃ-11.3、きゅうり14.4、なす-10.3、トマト-10.5、ピーマン-3.1、生しいたけ2.0、えのきだけ-3.0、しめじ-5.2、*にがうり15.3、*とうが-3.6
→あずき0.5、干ししいたけ-1.5、のり-0.9、わかめ0.3、こんぶ7.2、ひじき-1.9
→豆腐-2.0、油揚げ-2.0、納豆-2.7
→こんにゃく-2.4、梅干し1.0、だいこん漬-1.7、はくさい漬-1.9、キムチ-0.6、こんぶつくだ煮0.2、スイートコーン缶詰-4.8

果物:-1.1:
・生鮮果物-1.1 、果物加工品-1.2
→ りんごB -18.9、グレープフルーツ5.6、オレンジ4.2、レモン1.9、ぶどうA -2.1、すいか-2.0、メロン0.9、バナナ2.2、キウイフルーツ1.6、さくらんぼ-0.5
→果物缶詰-1.2

油脂・調味料: -0.7:
・油脂 0.4 、調味料 -0.9
→ 食用油1.5 マーガリン-3.4
→ 食塩-0.2、しょう油-0.7、みそ-1.9、砂糖-0.1、酢-2.8、ソース-1.0、ケチャップ-1.2、マヨネーズ-2.5、ドレッシング-0.5、ジャム-3.0、カレールウ-0.7、即席スープ4.9、風味調味料-0.6、ふりかけ-1.1、液体調味料-2.7、中華合わせ調味料-1.5、パスタソース0.0

菓子類 :0.5:
→ ようかん0.6、まんじゅう0.9、だいふく餅-0.3、カステラ1.1、ケーキ2.6、ゼリー0.3、プリン-3.7、シュークリーム0.4、せんべい-0.3、ビスケット-0.7、ポテトチップス-1.0、あめ-1.2、チョコレート4.2、アイスクリーム-1.5、落花生0.9、チューインガム-0.3

調理食品 :-0.7:
・主食的調理食品-1.7 、他の調理食品-0.1
→ すし(弁当)-2.4、弁当-1.8、おにぎり-1.1、調理パン0.1、冷凍調理ピラフ-1.1、調理パスタ-0.4
→ うなぎかば焼き4.1、サラダ-1.5、コロッケ-1.6、豚カツ-0.5、からあげ-0.1、ぎょうざ-1.8、やきとり0.8、冷凍調理コロッケ1.2、冷凍調理ハンバーグ-0.6、調理カレー-1.5、混ぜごはんのもと-2.0、煮豆-0.5、焼き魚-0.6、きんぴら-1.5

飲料 :-2.0:
・茶類-2.0、コーヒー・ココア-0.7、他の飲料 -2.4
→緑茶-0.2、紅茶-5.2、茶飲料-3.0
→インスタントコーヒー0.1、コーヒー豆-7.2、コーヒー飲料2.6
→果実ジュース-4.3、果汁入り飲料-2.3、野菜ジュース-1.2、炭酸飲料-1.9、乳酸菌飲料A -1.4、乳酸菌飲料B 0.0、ミネラルウォーター-8.3、スポーツドリンク-1.3

酒類 :-0.9:
→清酒-1.4、焼ちゅう-0.8、ビール-0.5、発泡酒-0.5、ウイスキー-1.4、ワイン-0.8、ワイン(輸入品)-0.7、チューハイ-2.0、ビール風アルコール飲料-1.9

参考:外食 0.3: 牛どん、ハンバーグ、高値
・一般外食 0.3 、学校給食 0.3
→ うどん-0.1、中華そば0.0、*沖縄そば0.0、スパゲッティ(外食)-0.2、すしA -0.2、すしB-0.3、親子どんぶり0.1、天どん-0.1、カレーライス0.1、牛どん-9.8、フライ0.9、フライドチキン0.0、ぎょうざ(外食)-0.1、ハンバーグ0.5、焼肉-0.7、お子様ランチ-0.3、ハンバーガー14.3、サンドイッチ-0.1、ピザパイ-0.3、ドーナツ0.2、コーヒー0.0、ビール(外食)0.1
→ 学校給食(小学校低)0.4 学校給食(小学校高)0.4 学校給食(中学校)0.3

PI研のコメント:
・CPI(消費者物価指数)が総務省統計局から7/26、公表されました。CPIは3つの総合指数があり、その結果ですが、総合指数、生鮮食品を除く総合指数は上昇しましたが、食料(酒類を除く)及びエネルギーを除く総合指数は依然として、マイナスという結果です。要はエネルギー関連が全体のCPIを押し上げているといえます。実際、大分類では、光熱・水道 5.7、小分類でも電気代9.8%(寄与度0.34)という結果であり、電気代がCPIに大きな影響を与えているのが鮮明です。このような状況の中で、食品ですが、依然としてマイナス傾向が続いており、特に、生鮮3品はいずれも下落、デフレ傾向が鮮明です。プラスとなったのは、唯一、米類、菓子類であり、これ以外はすべてマイナスという状況です。食品スーパー業界、まだまだ、アベノミックス効果は、先の話といえそうです。

好評!2013年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社のP/L、CF、BSを連環分析!
まぐまぐプレミアム!(有料):データサイエンティスト養成講座、連載スタート!
  *iD-POS分析(BigData)=顧客を産み、育てること!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設235人リクエスト

July 29, 2013 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference CPI(消費者物価指数)、2013年6月度、じわり上昇!:

Comments

Post a comment