« 日本オラクル、2013年5月、本決算、増収増益! | Main | 平和堂、2014年2月、第1四半期、大幅増益、株価急騰! »

July 07, 2013

ペプシコ、organicシフト、インドラ・ヌーイCEO女史!

PepsiCo Reports First Quarter 2013 Results
・http://www.pepsico.com/
・http://www.pepsico.com/Download/PepsiCo_Q1_2013_PR.pdf

P/L関連:
・売上高 12,581 百万ドル(1%)、営業利益 1,658百万ドル(△4%)、当期純利益 1,085 百万ドル(△4%)
・原価 46.37%(昨年47.38%):-1.01、売上総利益 53.63%(昨年52.62%):+1.01
・経費 40.26%(昨年38.55%):+1.71
・営業利益 13.37%(昨年 14.07%):-0.70

B/S関連:
・純資産比率 29.81%(昨年30.01%)
・現金及び預金 6,715百万ドル(総資産比8.91%)
・商品 3,920百万ドル(総資産比5.20%)
・買掛金 11,244百万ドル(総資産比14.92%)
・有利子負債 36,021百万ドル(総資産比 47.80%)

CF関連:
・営業活動によるキャッシュ・フロー:702百万ドル(昨年(690)百万ドル)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:(285)百万ドル(昨年(257)百万ドル)
  →Capital spending:△(303)百万ドル(昨年(316)百万ドル)
・財務活動によるキャッシュ・フロー:173百万ドル(昨年283 百万ドル)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):418百ドル(昨年(582)百万ドル)

PepsiCoのコメント:
・N.Y. – April 18, 2013 – PepsiCo, Inc. (NYSE: PEP) today reported core earnings per share of $0.77 for the first quarter, an increase of 12 percent on organic revenue growth of 4.4 percent.
・“We’re greatly encouraged by the strong start to 2013. We delivered solid organic revenue growth and double-digit core EPS growth in the first quarter, driven by our balanced food and beverage product and global geographic portfolio. Our investments in creating this portfolio are paying off and our brand and innovation strategies are driving sustainable top-line growth,” said Chairman and CEO Indra Nooyi.
・“We are driving increased marketplace execution and making higher investments in marketing and innovation to drive future growth. In the first quarter, our advertising and marketing expense increased by 11 percent, while our core operating margin increased 80 basis points.

PepsiCoの株価:
・http://www.google.com/finance?cid=27011
・ペプシコを変えた“サリーを着た女”:日経ビジネスONLINE6/28
・目の前のことをやり抜く以外に出世などあり得ない
・http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20130625/250204/?P=1
・米国で「成功した女性」と言われたとき、誰を想像するだろうか。ヒラリー・クリントン、コンドリーザ・ライスといった政治家から、最近では、マリッサ・メイヤーやシェリル・サンドバーグといった世界的なIT企業のトップまで、世界的に有名な女性は多い。だが、海を渡ってやってきた女性が、米国の企業でトップに就くのは米国といえどまだ珍しい。今回紹介するのは、そんな女性。インドからやってきたインドラ・ヌーイだ。
・卒業後は、ボストン・コンサルティング・グループやモトローラ、欧州の機械メーカーABBで経験を積み、1994年にペプシコへ。企業戦略を中心に積んできたキャリアを活かして、同社でも大鉈を振るった。ことに、不健康なスナック菓子やソーダに頼っていた事業を、もっと健康的な食品を中心とした事業へと舵を取っていった。今から振り返れば、大いに先見の明のある戦略だと言えるが、当時は主要な収入源を軽視するような動きともとられた。「女性ならば、健康的な食品の方がいいと考えるはずでしょう?」と、ヌーイはこの時の自然な考えを明らかにしている。
2006年にヌーイがペプシコのCEOとして指名された時、世間は驚いた。当時ヌーイはそれほど有名な人物ではなかった。何よりも女性だ。そればかりか海外生まれの外国人である上に、アジア系というマイノリティー。そんな人物が、アメリカという国を代表する企業であるペプシコのトップの座に君臨するとは、誰にとっても予想外だったのだ。
・成果は出た。ペプシコの株価は、ヌーイの就任前と比べて現在は23%以上上昇し、企業価値は1239億ドルになった。世界で第二の規模を誇る飲料食品会社としての地位は不動で、中国やインドなどにアグレッシブに進出している最中だ。
・「目の前の仕事をやり遂げよ」は、今の仕事をしっかりやること以外に、会社にインパクトを与えられる方法はないということ。自分が本当に集中できることを見つけて、それをマスターし、さらに一生学び続けよという信条は「自分の核心パワーを見つけよ」という言葉で彼女の心に刻み込まれている。いくら聡明でも、考えていることを口に出さなければそうでないのと同じだから「勇気を持て」。

PI研コメント:
・インドラ・ヌーイ女史、2006年からペプシコのCEOにつき、ペプシコの経営戦略をorganic 戦略に変え続けています。企業価値も、「ペプシコの株価は、ヌーイの就任前と比べて現在は23%以上上昇し、企業価値は1239億ドルになった。世界で第二の規模を誇る飲料食品会社としての地位は不動、・・」とのことで、10兆円を超えました。現在、インド戦略、中国戦略を本格化し、日本でもカルビーと2009年に業務提携を交わしており、今後、北米、日本で様々な事業が展開されるといえます。

New!まぐまぐプレミアム!(有料):データサイエンティスト養成講座、連載スタート!
  *iD-POS分析(BigData)=顧客を産み、育てること!
2012年度版、食品スーパー財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパーの過去3年間のMD力、出店余力、出店意欲がわかる!
  *ドラックストア、財務3表連環分析を追加しました!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設229人リクエスト
facebookに連載小説!「おむつとビールは誰にある? 」をスタート、85人
プライベートセミナー(i D-POS分析)in武術道場、スタート!

July 7, 2013 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ペプシコ、organicシフト、インドラ・ヌーイCEO女史!:

Comments

Post a comment