« 財務3表連環分析2013、リリース! | Main | 日経ビジネスONLINEでグーグル、徳生さんを特集! »

July 18, 2013

ロキソンニンSのID-POS分析をDSNへ寄稿!

DRUG Store NEWS 2013年8月号へ寄稿(連載)!
・http://www.dfonline.jp/articles/-/8626
・http://www.dfonline.jp/common/users/saitou/pdf/dsn_1308.pdf
メディカルデータ for MD
・ロキソニンのMD考察!
・~医科・調剤レセプトとID-POSの分析からみる潜在ニーズの可能性~
前号よりスタートした本シリーズでは、日本医療データセンター(以下、JMDC)が、全国の主要健康保険組合などを通じて蓄積した医科レセプト・調剤レセプトデータに着目し、OTC(一般医薬品)との関連訴求をはじめとする店頭MDへの活用を提起していく。今回からは、さらに有力DgSチェーンのID-POSデータも併用して、特定のテーマ商品に関する購買動向、顧客ニーズの発掘、効果的プロモーションの可能性などを考察する。

小見出し:
・解熱鎮痛剤3強を早くも脅かす
・シーズントレンドを読んでクロスMDを
・購入頻度は7割が年1回
・男性客の需要喚起も

図表:
・表1:OTC「第Ⅰ類医薬品」のID-POS分析(ID客数(顧客数)順)
・図1:「ロキソニンS」対象傷病属性別構成比(男女)
・図2:傷病別構成比
・図3:腰痛シーズントレンド
・図4:頭痛シーズントレンド
・図5:月経痛シーズントレンド
・図6:「ロキソンニン錠60mg」患者あたり処方件数比率
・図7:ロキソンニン錠60mg」シーズントレンド
・表2:OTC薬「ロキソンS」の年間購入頻度
・表3:「ロキソニンS」の「Z顧客」の多い催事
・図8:「ロキソニン錠60mg」処方客傷病比率
・図9:「ロキソニン錠60mg」属性別処方構成比(全年齢男女)
・図10:「ロキソニン錠60mg」属性別処方構成比(0~59歳男女)
・図11「ロキソニン錠60mg」属性別構成比(性・年齢レンジ)
・表5:「ロキソニン錠60mg」併売率・リフト値
・表6:「ロキソニンS」の期間併売分析(対象:医薬品)

OTC医薬品:
・http://www.jsmi.jp/what/index.html
・医薬品の分類:
・OTC医薬品(一般用医薬品):
・薬局・ドラッグストアなどで販売されている医薬品、医療用医薬品: 主に医師が処方する医薬品
・その語源は?
・英語の「Over The Counter:オーバー・ザ・カウンター」の略で、カウンター越しにお薬を販売するかたちに由来しています。
・第1類医薬品:
・OTC医薬品としての使用経験が少ないものや副作用、相互作用などの項目で安全性上、特に注意を要するもの。
・第2類医薬品:
・副作用、相互作用などの項目で安全性上、注意を要するもの。またこの中で、特に注意を要するものを指定第2類医薬品とする。
・第3類医薬品:
・副作用、相互作用などの項目で安全性上、多少注意を要するもの。

PI研のコメント:
・DRUG Store NEWS 2013年8月号へ、ロキソンニンSのID-POS分析の記事を寄稿しました。今回は単独ではなく、日本医療データセンター(JMDC)とのコラボ記事です。JMDCがレセプトデータの分析、私がi D-POS分析を実施し、双方からロキソンニンSの実態を多角度から分析し、ロキソニンSのマーチャンダイジングを考察しようという意欲的な試みです。ロキソンニンSは第1類医薬品の中ではID客数、すなわち、顧客数No.1の医薬品です。ところが、その購入顧客の約70%は年間1.0回の購入頻度の顧客であり、年間平均1.6回という購入頻度の医薬品です。したがって、この70%の顧客を産みだす日がいつなのかを特定することは、ロキソニンSのマーチャンダイジング上、重要なポイントとなります。そこで、今回、年間365日を日別にロキソニンSの購入顧客を分析し、それぞれの日の購入顧客が過去1年間、どのような頻度でロキソニンSを購入しているかを分析し、はじめてその日に購入する顧客が多い日を特定しました。結果、母の日、父の日、敬老の日が年間催事の中ではベスト3となり、この催事の日がロキソニンSの新規顧客へアプローチすべき最適な催事という結果がえられました。ちなみに、S顧客、リピート最上位顧客は年間7.4回であり、2ケ月に1.0回強という頻度です。これ以外にも、レセプト分析から併薬、併病、ID-POS分析からは併買分析なども実施し、ロキソニンSの今後のマーチャンジング戦略を考察しました。次回ですが、編集会議では様々な医薬品が遡上にあがっており、現在、ロキソニンSの次のテーマを検討しています。それにしても、i D-POS分析にレセプトデータが融合する、まさにBigDataの時代、来ましたね!
http://www.dfonline.jp/articles/-/8626

New!2013年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社のP/L、CF、BSを連環分析!
まぐまぐプレミアム!(有料):データサイエンティスト養成講座、連載スタート!
  *iD-POS分析(BigData)=顧客を産み、育てること!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設235人リクエスト

July 18, 2013 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ロキソンニンSのID-POS分析をDSNへ寄稿!:

Comments

Post a comment