« わらべや日洋、2014年2月中間、増収減益、株価高値! | Main | イオン、2014年2月、中間決算、金融事業好調! »

October 10, 2013

プラネット、2013年7月、本決算、増収増益!

プラネット、2013年7月、本決算、増収増益、9/17!
・http://www.planet-van.co.jp/
・http://www.planet-van.co.jp/ir/pdf/h25jul_settlement.pdf

P/L関連:
・売上高 26.92億円(0.6%)、営業利益 6.95億円(3.7%)、経常利益7.29億円(6.2%)、当期純利益 4.40億円(14.2%)
・原価 43.58%(昨年 42.91%):+0.67、売上総利益 56.42%(昨年57.09%):-0.67
・経費 43.97%(昨年 45.58%):-1.61
・営業利益 12.45%(昨年 11.51%):-0.94
参考:
・EDI事業売上高22.81億円(構成比84.73%:原価34.63%、売上総利益65.37%)
・データベース事業売上高3.90億円(構成比14.48%:原価46.84%、売上総利益53.16%)

B/S関連:
・自己資本比率 80.0%(昨年 78.8%)
・現金及び預金 18.44億円(総資産比55.62%)
・ソフトウエア5.58億円(総資産比16.49%)
・投資有価証券2.19億円(総資産比6.49%)
・買掛金 1.52億円(総資産比4.50%)
・有利子負債 0.00億円(総資産比0.00%)

CF関連:
・営業活動によるキャッシュ・フロー:5.25億円(昨年5.86億円)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:△1.91億円(昨年△0.11億円)
   →ソフトウエアの取得による支出:△1.75億円(昨年△1.59億円)
・財務活動によるキャッシュ・フロー:△2.05億円(昨年△1.98億円)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):1.29億円 (昨年3.77億円)

プラネットのコメント:
・当社の中心的な対象市場である一般消費財流通業界は、依然として店頭での激しい販売競争が続いており、厳しい事業環境となりました。
・このような状況下ではありますが、従来に引き続き、当社は、日用品・化粧品及び一般用医薬品(OTC医薬品)、ペットフード・ペット用品などの各業界におけるメーカー・流通業間のさらなる取引業務効率化のため、EDI(電子データ交換)サービス利用企業の拡大、EDIデータ種類の利用拡大を推進してまいりました。また、業界のオンライン取引を一層推進するために、メーカー・流通業間で手軽に双方向データ通信を実現できるWeb受注-仕入通信サービス「MITEOS(ミテオス)」を平成25年2月に開始し、その普及活動に注力いたしました。
次期の見通し:
・このような事業環境において、日用品・化粧品、一般用医薬品、ペットフード・ペット用品に加え、隣接した各業界へ当社中核事業であるEDIの普及活動を続け、中長期的に安定した成長を目指してまいります。なお、平成24年10月の社長交代に伴う新たな経営体制のもと、将来へ向けた取組みとして、業界の膨大な取引データをビッグデータとして上手く活用することで実現し得る「見える化」サービスの事業機会の探索、検討を進めてまいります。
関連会社:
・カスタマー・コミュニケーションズ株式会社:
・カスタマー・コミュニケーションズ株式会社は、小売店の顧客ID付POSデータを収集・分析するマーケティング・サービス・プロバイダーであります。
・ITホールディングス株式会社:
・ITホールディングス株式会社は、TIS株式会社と株式会社インテックホールディングス(2009年に株式会社インテックにより吸収合併)が、株式移転によって設立した完全親会社であり、両社が保有する経営資源、顧客基盤、技術力を相互に活用することで、企業価値の向上を図り、システム開発、アウトソーシング、ネットワーク事業を中心に、より多くの付加価値を提供できるように努めております。

プラネットの株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=2391.T

PI研のコメント:
・プラネットが2013年7月期の本決算を9/17、公表しました。結果は増収増益、好決算です。プラネットはEDIの売上高が84.73%と、EDIを中核事業としている企業で、特に雑貨、化粧品、OTC医薬品等に強いIT企業です。つい最近、iD付POS分析のCCL社を傘下に収め、ここ最近ではビックデータ事業も視野に入れています。特に、2009年には親会社がITホールディングスとなり、日本の中でも有数のIT企業であることから、プラネットが今後どのような展開をしてゆくのか、その動向に注目です。それにしても、自己資本比率80.0%、無借金、現金が18.44億円(総資産比55.62%)と豊富な資金を有しており、このキャッシュが何に投資されるか、次の一手が気になるところです。

好評!2013年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社のP/L、CF、BSを連環分析!
まぐまぐプレミアム!(有料):データサイエンティスト養成講座、連載スタート!
  *iD-POS分析(BigData)=顧客を産み、育てること!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設255人リクエスト

October 10, 2013 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference プラネット、2013年7月、本決算、増収増益!:

Comments

Post a comment