« わらべや日洋、2014年2月中間、増収減益、株価高値! | Main | イオン、2014年2月、中間決算、金融事業好調! »

October 10, 2013

プラネット、2013年7月、本決算、増収増益!

プラネット、2013年7月、本決算、増収増益、9/17!
・http://www.planet-van.co.jp/
・http://www.planet-van.co.jp/ir/pdf/h25jul_settlement.pdf

P/L関連:
・売上高 26.92億円(0.6%)、営業利益 6.95億円(3.7%)、経常利益7.29億円(6.2%)、当期純利益 4.40億円(14.2%)
・原価 43.58%(昨年 42.91%):+0.67、売上総利益 56.42%(昨年57.09%):-0.67
・経費 43.97%(昨年 45.58%):-1.61
・営業利益 12.45%(昨年 11.51%):-0.94
参考:
・EDI事業売上高22.81億円(構成比84.73%:原価34.63%、売上総利益65.37%)
・データベース事業売上高3.90億円(構成比14.48%:原価46.84%、売上総利益53.16%)

B/S関連:
・自己資本比率 80.0%(昨年 78.8%)
・現金及び預金 18.44億円(総資産比55.62%)
・ソフトウエア5.58億円(総資産比16.49%)
・投資有価証券2.19億円(総資産比6.49%)
・買掛金 1.52億円(総資産比4.50%)
・有利子負債 0.00億円(総資産比0.00%)

CF関連:
・営業活動によるキャッシュ・フロー:5.25億円(昨年5.86億円)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:△1.91億円(昨年△0.11億円)
   →ソフトウエアの取得による支出:△1.75億円(昨年△1.59億円)
・財務活動によるキャッシュ・フロー:△2.05億円(昨年△1.98億円)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):1.29億円 (昨年3.77億円)

プラネットのコメント:
・当社の中心的な対象市場である一般消費財流通業界は、依然として店頭での激しい販売競争が続いており、厳しい事業環境となりました。
・このような状況下ではありますが、従来に引き続き、当社は、日用品・化粧品及び一般用医薬品(OTC医薬品)、ペットフード・ペット用品などの各業界におけるメーカー・流通業間のさらなる取引業務効率化のため、EDI(電子データ交換)サービス利用企業の拡大、EDIデータ種類の利用拡大を推進してまいりました。また、業界のオンライン取引を一層推進するために、メーカー・流通業間で手軽に双方向データ通信を実現できるWeb受注-仕入通信サービス「MITEOS(ミテオス)」を平成25年2月に開始し、その普及活動に注力いたしました。
次期の見通し:
・このような事業環境において、日用品・化粧品、一般用医薬品、ペットフード・ペット用品に加え、隣接した各業界へ当社中核事業であるEDIの普及活動を続け、中長期的に安定した成長を目指してまいります。なお、平成24年10月の社長交代に伴う新たな経営体制のもと、将来へ向けた取組みとして、業界の膨大な取引データをビッグデータとして上手く活用することで実現し得る「見える化」サービスの事業機会の探索、検討を進めてまいります。
関連会社:
・カスタマー・コミュニケーションズ株式会社:
・カスタマー・コミュニケーションズ株式会社は、小売店の顧客ID付POSデータを収集・分析するマーケティング・サービス・プロバイダーであります。
・ITホールディングス株式会社:
・ITホールディングス株式会社は、TIS株式会社と株式会社インテックホールディングス(2009年に株式会社インテックにより吸収合併)が、株式移転によって設立した完全親会社であり、両社が保有する経営資源、顧客基盤、技術力を相互に活用することで、企業価値の向上を図り、システム開発、アウトソーシング、ネットワーク事業を中心に、より多くの付加価値を提供できるように努めております。

プラネットの株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=2391.T

PI研のコメント:
・プラネットが2013年7月期の本決算を9/17、公表しました。結果は増収増益、好決算です。プラネットはEDIの売上高が84.73%と、EDIを中核事業としている企業で、特に雑貨、化粧品、OTC医薬品等に強いIT企業です。つい最近、iD付POS分析のCCL社を傘下に収め、ここ最近ではビックデータ事業も視野に入れています。特に、2009年には親会社がITホールディングスとなり、日本の中でも有数のIT企業であることから、プラネットが今後どのような展開をしてゆくのか、その動向に注目です。それにしても、自己資本比率80.0%、無借金、現金が18.44億円(総資産比55.62%)と豊富な資金を有しており、このキャッシュが何に投資されるか、次の一手が気になるところです。

好評!2013年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社のP/L、CF、BSを連環分析!
まぐまぐプレミアム!(有料):データサイエンティスト養成講座、連載スタート!
  *iD-POS分析(BigData)=顧客を産み、育てること!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設255人リクエスト

« わらべや日洋、2014年2月中間、増収減益、株価高値! | Main | イオン、2014年2月、中間決算、金融事業好調! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference プラネット、2013年7月、本決算、増収増益!:

« わらべや日洋、2014年2月中間、増収減益、株価高値! | Main | イオン、2014年2月、中間決算、金融事業好調! »