« ファーストリテーリング、2013年8月、本決算、1兆円超え! | Main | 大黒天物産、2014年5月、第1四半期、増収増益! »

October 15, 2013

ライフコーポレーション、2014年2月中間、増収増益!

ライフコーポレーション、2014年2月、中間決算、増収増益、10/9!
・http://www.lifecorp.jp/
・http://www.lifecorp.jp/company/ir/pdf/131009kessan.pdf
・http://www.lifecorp.jp/company/ir/pdf/131009sankou.pdf

P/L関連:
・売上高 2,629.96億円(1.6%)、営業利益 35.06億円(12.0%)、経常利益 36.20億円(16.8 %)、当期純利益 19.58億円(18.2%)
・原価 72.94%(昨年 73.41%):-0.47、売上総利益 27.06%(昨年 26.59%):+0.47
・経費 28.57%(昨年 28.34%):+0.23
・マーチャンダイジング力-1.51%(昨年-1.75%):+0.24
・営業収入 2.88%(昨年3.01%):-0.13
・営業利益 1.37%(昨年 1.26%):+0.11

B/S関連:
・自己資本比率 29.0%(昨年 29.9%)
・現金及び預金 208.82億円(総資産比11.14%)
・商品及び製品 192.88億円(総資産比10.29%)
・買掛金 550.68億円(総資産比29.37%)
・有利子負債 365.93億円(総資産比19.52%)

CF関連:
・営業活動によるキャッシュ・フロー:414.12億円(昨年82.50億円)
・投資活動によるキャッシュ・フロー:△55.90億円(昨年△76.13億円)
  →固定資産の取得による支出億円:△45.80億円(昨年△70.49億円)
・財務活動によるキャッシュ・フロー:△224.43億円(昨年△32.01億円)
・現金及び現金同等物の増減額(△は減少):133.79 億円 (昨年△25.65億円)

ライフコーポレーションのコメント:
・当社グループは『お客様からも社会からも従業員からも「ライフっていいねぇ!」と言われる会社の実現』に向けて、平成24年度よりスタートした「第四次中期3ヵ年計画」において策定した「出店」、「商品」、「顧客満足向上」、「次世代対応」及び「コスト適正化」の『5つの戦略』と『働き方の改革』における各種の施策の実行にあたり、各組織の役割を再徹底するとともに、「スピード」と「連携」を標榜し、着実に遂行すべく取り組んでおります。特に「商品の戦略」については株式会社ヤオコーとの業務提携の具体化の中で、共同開発商品を本年5月以降順次発売するとともに、9月からはプライベートブランド「スターセレクト」を冠し販売するなど取り組みを加速しております。また、「顧客満足向上」については、首都圏、近畿圏にそれぞれ責任者を任命し、成果が長期に亘る「次世代対応」、及び複数部門に跨る「コスト適正化」については社長直轄で具現化に取り組んでおります。
・当第2四半期連結累計期間に新規店舗として、3月に相模大野駅前店(神奈川県)、5月に緑橋店(大阪
府)、6月に中原井田店(神奈川県)、7月に上池台店(東京都)の4店舗を出店いたしました。既存店舗につきましては、豊津店、新座店、学園前店、喜連瓜破店の4店舗を改装するとともに4店舗を閉鎖する等資産の優良化に努めております。
・自己株式取得に係る事項の決定に関するお知らせ:
・当社は、平成 25 年 10 月9日開催の取締役会において、会社法第 165 条第3項の規定により読み替えて適用される同法第 156 条の規定に基づき、自己株式取得に係る事項を決議いたしましたのでお知らせいたします。
・(1)取得対象株式の種類 当社普通株式、(2)取得し得る株式の総数 200 万株(上限)(発行済株式総数(自己株式を除く)に対する割合 3.82%)、(3)株式の取得価額の総額 30 億円(上限)、(4)取得期間 平成 25 年 10 月 21 日~平成 26 年2月 21 日

ライフコーポレーションの株価:
・http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=8194.T

PI研のコメント:
・ライフコーポレーションが10/9、2014年2月期の中間決算を公表しました。結果は増収、大幅増益、好決算となりました。また、同日公表した「自己株式取得に係る事項の決定に関するお知らせ」において、自社株買いを公表した結果、株価は急騰、投資家が殺到しています。一般に自社株買いは株価の価値を引き上げるため、株価上昇につながりますが、今回は好決算が拍車をかけたといえそうです。大幅増益の中身ですが、経費は上昇しましたが、それを上回る原価の改善が寄与し、利益を押し上げたといえます。今後、ヤオコーとの業務提携も本格化し、PBから取り組むとのことで、さらに原価改善につながるのではないかと思われます。ただ、気になるのは自己資本比率 29.0%と、財務の改善が進んでいないことです。今後、成長戦略を推し進めてゆくためにも、もう一段と財務の安定をはかりたいところかと思いますが、しばらく、時間がかかりそうです。ライフコーポレーション、今後、財務改善と成長戦略、どのようにバランスをとってゆくのか、そのゆくえに注目です。

好評!2013年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社のP/L、CF、BSを連環分析!
まぐまぐプレミアム!(有料):データサイエンティスト養成講座、連載スタート!
  *iD-POS分析(BigData)=顧客を産み、育てること!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設255人リクエスト

October 15, 2013 |

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ライフコーポレーション、2014年2月中間、増収増益!:

Comments

Post a comment