« ゼンショー、食品スーパー成長戦略、M&A! | Main | 異次元金融緩和、松井証券の業績を翻弄! »

October 25, 2013

マルエツ、中国へ参入、リンコス 無錫蘇寧プラザ店!

マルエツの 中国1号店、2013年9月30日(月)
・「リンコス 無錫蘇寧プラザ店」 オープンのお知らせ:
・http://www.maruetsu.co.jp/corporate/newsrelease/pdf/newsrelease130918.pdf
・株式会社マルエツの子会社である丸悦(無錫)商貿有限公司は、2013年9月30日(月) 江蘇省無錫市崇安区の「蘇寧プラザ」に、中国における第1号店「リンコス無錫蘇寧プラザ店」をオープン致しますので、その概要についてご案内します。「蘇寧プラザ」は、中国の小売最大級の蘇寧雲商集団股份有限公司が開発を進める複合商業施設です。
1.店舗名称:
・リンコス(礼閣仕)無錫蘇寧プラザ店(ムシャクリネイプラザ)
2.売場面積:
・2,016㎡
3.営業時間:
・9:30~22:00 (金、土は9:30~22:30)
4.取扱品目:
・青果・鮮魚・精肉・惣菜・日配食品・加工食品・日用雑貨

ストアコンセプト:
・日本ブランドによる「安全・安心」「高品質」「高サービス」「本物」をキーワードとし、日本の「おもてなしの心」による接客で、快適で新しいライフスタイルを提供する「高品質スーパーマーケット」を展開します。

サービスの特徴:
・リンコス ポイントカードの導入
・お客様の利便性を高めるために、ポイントカードを導入します。

商圏概要:
・江蘇省は広東省に次ぐ中国でも経済の発達した省で、全国GDPの10分の1以上を占めています。無錫市は江蘇省南部に位置し、上海からは128km、省都南京からは183kmの距離にあり、長江三角デルタを形成する重要な都市です。人口は468万人で、2012年のGDPが全国11位、一人当たりの平均GDPは、江蘇省第1位であり、華東経済圏においても最も繁栄している都市のひとつです。

合弁会社設立のお知らせ:2012/8/21
・当社は中国最大級の商業小売企業である蘇寧電器股份有限公司と合弁会社を設立することを決定いたしましたのでお知らせいたします。
・合弁会社設立の目的:
・当社と蘇寧電器股份有限公司は香港に合弁会社「丸悦(香港)有限公司」を設立し、「丸悦(香港)有限公司」が100%出資する中国現地法人を設立することで、中国国内における食品SM事業等を展開することについて、合意いたしました。 今回の合弁会社においてマルエツは、日本国内で蓄積してきた「食の専門店」としての各種経営ノウハウ(日本式のおもてなしの心を持った接客サービス、「安全・安心」「健康」「高品質」な商品、マルエツ・マルエツ プチ・リンコスという3フォーマットによる柔軟な店舗展開等)を提供いたします。 蘇寧電器股份有限公司は、中国におけるビジネスインフラを生かした物件情報や人材の提供、物流網等をサポートいたします。 この2社のノウハウを活用し、拡大する中国内需を取り込み、新たな事業拡大を図ってまいります。

マルエツ、食品スーパーで中国に進出 ラオックスの親会社、蘇寧と組む
・http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120821/biz12082118350018-n1.htm
・産経ニュース:2012.8.21 18:34
・マルエツは21日、中国の食品スーパーに参入すると発表した。中国の家電量販店大手である蘇寧電器(江蘇省)と香港に合弁会社を設立し、来夏に1号店を江蘇省内に出店する。今後5年間で100店舗に拡大する。

PI研のコメント:
・マルエツが9/30、「中国における第1号店「リンコス無錫蘇寧プラザ店」」をオープンしました。マルエツは食品スーパーとして、マルエツ・マルエツ プチ・リンコスという3フォーマットを有していますが、今回はSCの中ということで、「高品質スーパーマーケット」、リンコスでの出店です。「中国の家電量販店大手である蘇寧電器(江蘇省)と香港に合弁会社を設立」しての新規出店であり、今後、5年で100店舗を視野に入れているとのことです。蘇寧電器は日本の家電量販、ラオックスをM&Aしており、ラオックスとの連携もポイントといえます。それにしても、国内は首都圏にドミナントを絞り、首都圏以外ではなく、中国が第2ドミナントとなるわけですので、今後の日本の食品スーパーの成長戦略の新たな路線を打ち出したといえます。ところで、マルエツはTポイントカードを全店に導入していますが、中国ではさすがにTポイントではないようで、リンコス ポイントカードを導入するとのことです。したがって、中国独自のiD付POS分析となると思われ、今後、中国での食品スーパーにおける本格的なiD付POS分析がはじまるといえます。今後、食品スーパーにおけるiD付POS分析は日本国内だけでなく、中国を含め、いよいよ、世界規模での対応がせまられつつあるといえます。


好評!2013年度版、食品スーパー・ドラックストア財務3表連環分析、vol1、リリース!
  *食品スーパー・ドラックストア、全上場企業約100社のP/L、CF、BSを連環分析!
まぐまぐプレミアム!(有料):データサイエンティスト養成講座、連載スタート!
  *iD-POS分析(BigData)=顧客を産み、育てること!
週間!食品スーパーマーケット最新情報:まぐまぐ! 、資料集
facebookに「食品スーパーマーケット最新情報」のグループ創設265人リクエスト

« ゼンショー、食品スーパー成長戦略、M&A! | Main | 異次元金融緩和、松井証券の業績を翻弄! »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference マルエツ、中国へ参入、リンコス 無錫蘇寧プラザ店!:

« ゼンショー、食品スーパー成長戦略、M&A! | Main | 異次元金融緩和、松井証券の業績を翻弄! »